「骨盤の開閉を意識した健やかライフスタイル」fromいちい葉子

女を上げる整体指導士

『からだデザイン研究所』代表

いちい葉子です

 

今回のテーマは

骨盤の開閉を意識して

ライフスタイル(生活リズム)を変えてみる

 

さて・・・・

骨盤の開閉を意識した生活リズムをつくると

どんないいこと、起こるのでしょう~???

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ スムーズに動くのが当たり前 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そもそも『骨盤』と呼ばれる部分は

5つの骨から構成されていて

動きやすいように設計されています

 

女性は特に、出産するために

開閉運動がさまざまな状況下において

ホルモンの働きで変化しやすくなっています

 

ちなみに

男性の骨盤は女性より開閉は小さく

上下運動のほうが得意

もちろん、子孫繁栄の行為のためですね

 

ホント、神様ってすご~い!!

と思わざる得ませんよね

 

 

 

大きく分けて骨盤が動くのは3パターン

 

①   一日の中での動き

②   一か月での動き(生理周期)

③   出産サイクルでの動き

 

 

②と③に関しては女性のみの特典なので・・・

 

一日での骨盤の動きを意識した

ライフスタイルの整え方を

考えていくことにしましょう

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 脳や内臓とも関係する骨盤のうごき◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

骨盤の開閉と脳の働きには密接な関係があり、

大人も子供も、男性も女性も

この自然のリズムに即して生活することが

 

効率的に物事を運ぶコツ。

 

と言えます

 

 

時系列で骨盤の動きにそって

内臓や脳の働きを説明すると

つぎのようになります

 

 

l  22:00~翌2:00

骨盤が全開状態で熟睡

栄養で筋肉や骨を成長させ、

ゆがんだ骨格を整体する時間

 

l  翌2:00~6:00

骨盤は少しづつ閉じ始める

脳が覚睡を始め、体内老廃物が大腸に集まってくる時間

蓄積した脂肪から糖分を取り出して、

血液中に流すことで起きてからの活動に備える時間

 

l  6:00~10:00

さらに骨盤が閉じ、脳は記憶を排出しはじめる時間

大腸に集められた老廃物を肛門から排泄する時間

 

l  10:00~15:00

完全に骨盤が閉じ、集中モードに

内臓・筋活動ともに最高となる時間。

 

l  15:00~日の入り

骨盤が開きはじめ、脳のパフォーマンス低下。

血糖値が下がるので、食欲がわき食事に適した時間。

 

l  18:00(日の入り)~22:00(入眠)

さらに骨盤が開き始め、脳の吸収力アップ。

 

 

でも・・・・

残念ながら、

 

昼夜逆転などで

あまりに生活リズムが乱れている人

 

寝る前にスマホなどで目・頭を酷使している人

 

などは、

寝る前に骨盤がきゅっとしまった状態になって

眠ってはいるけど

熟睡できていない

 

そんな現代人が多いようです

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 骨盤の動きに沿うことは自然の時間に沿うこと◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

私はこの骨盤の開閉の動きと

内臓や脳の働きの関係を知ったとき

 

なるほどね~!!

 

と、いたく感動したものでした

 

これまで漠然と健康情報誌などで得ていたことが

「知識」となった瞬間とでももうしましょうか

 

 

だから、お肌のゴールデンタイムっていうんだ!

だから、朝うんちが出るといいって言われるんだ!

だから、夕方になると甘いものが食べたくなってたんだ!

子供の塾は夜通い、朝確認テストをさせる、コレ効率よいのね!

 

 

と、こんな感じで、納得感が増し

 

「どうしても仕事が終わらない

時間がとれないなら

23時から3時までだけ寝る」

 

「一日一食にして

16時以降にたっぷりゆっくり食べる」

 

など実践してみていますが

なかなかいい感じです!

 

 

ぜひ一度、ご自分の骨盤の開閉力を図ってみてください

 

図る場所は、右の前腸骨から左の前腸骨の間

図るタイミングは、夜寝る直前と起きたとき

 

寝る前のほうが少しでも開いれば良し!!

 

 

もし、逆転していたり

全く変わらなかった、という方は

 

 

自然のリズムに合わせた

早寝早起き生活をすると

骨盤のリズムも自然に戻り

 

脳も

内臓も

筋肉も

最高のパフォーマンスを奏でてくれる

 

そんな健やかで効率的な日々を

すごす手助けがができるはずです

 

[template id=”819″]

関連記事

ページ上部へ戻る