おはようございます。

やわらぎゆきこ です。

私の今年のテーマは、

自分に生まれたことを嬉び、

自分を最高に尊重して生きること。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ぐるぐる言霊 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

先日、このはなさくや千さんの

「渦巻(ぐるぐる)言霊」を知り、

素敵そうだったのでさっそく

お願いしてみました。

「ぐるぐる言霊」とは、

このはなさくや千さんを通して

いただくメッセージのこと。

独自のイメージ画と、

その周りを取り巻くように書かれる

言霊で出来ているメッセージです。

描いていただいたモノを、

ブログでご紹介していますので

ぜひ見にいらしてくださいね。

※下記ブログURLからどうぞ

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇自分の美しさを受け入れる◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

ぐるぐる言霊には解説書もついています。

ぐるぐる言霊を作る過程で

千さんが受け取ったメッセージなども

丁寧に書いてくださっています。

「もっともっと美しく

遠慮なさらず 変容しましょう。

私らしく思いっきり

生きるチャンスが今であり

今こそ咲き誇れ 」

この言葉はその解説書にありました。

***

この日常セラピーでも

何回か書いてきましたが、

私は長いこと「美しくなりたい」と

思って生きてきました。

18才でモダンバレエを始めた時、

レオタードとタイツを着て

鏡の前でレッスンをし始めた時、

私は、自分が猫背で、O脚で大根足で、

太っていて体が固くて

動きにくいカラダをしている、

ということに初めて気がつきました。

そんな私を、私は

「みっともない」と感じました。

北海道の丸太ん棒が、

子供の頃からバレエをやっている

綺麗な人の中に混じって踊る

悪目立ち。

洗練された流れの中に 一人だけ、

バタバタと溺れるように動く私。

白鳥の群れの中に、一羽だけ

紛れ込んでしまった醜いガチョウ。

そんな風に自分を感じていました。

それは、強烈に

「美しくなりたい」

「綺麗に踊りたい」

という欲求を生み出しました。

なのでバレエをしていた

35年間の私の半生は、

美しくなるためだけに

努力を重ねていた月日だった

と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇さらに増大してゆく◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

綺麗になりたい一心で

バレエに励んできたので、

いかに頑固な私のカラダでも

少しづつ動けるようになり、

踊れるようになっていきました。

でもコンプレックスまみれの私は、

いつまでたっても自分のことを

「醜い」と思いこんでいました。

いつの時代にも、

子供たちは美しく育ってゆき、

それぞれの美しさを輝やかせていく

ものですから、

私のコンプレックスはさらに

増大してゆきました。

コンプレックスは

人と比較することで生まれるもの。

バレエをしていた時間、

私は たえず人と自分を見比べて

「自分は醜い」という呪いを

自分にかけ続けていったのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 綺麗になっていた ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

一心にバレエに励んでいた私ですが、

今から12年前に、ある事情で

バレエを卒業することになりました。

「死ぬまで踊り続ける」と思って

励んでいた私にとって、

バレエから離れることは

とても辛いことでした。

その辛さを断ち切るために

私は持っていたバレエ用品を

すべて捨て去りました。

発表会写真もビデオも、

目についたモノすべてを捨てました。

けれど、何かにまぎれて

残っていたモノがあるのを知ったのは、

それから数年後のことでした。

時間を経たことで、

少し平静になっていた私は

見つけたビデオを

観てみることにしました。

懐かしい摩利先生の踊りの数々を

観ているうちに、

私のソロの踊りが始まりました。

観て ビックリ!

踊っている私は美しかったのです。

たおやかで、細やかで、

綺麗だったのです。

あれほど「なりたい」と憧れていた

「綺麗な自分」に、

私はなっていたのでした。

あまりの意外さに、

私は茫然としてしまいました。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇人と見比べていた自分◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

断捨離から逃れたDVDを

観ていて気づいたこと。

それは、私は「綺麗」だった

ということ。

残っていたDVDの年代はバラバラで、

若い頃の私の姿も観られました。

あんなにも気にしていた

O脚や大根足

猫背であることや

カラダが固いというコト、

太っていた私でしたが、

そんな私でも、

若さに輝いて美しかったのです。

バレエの美の基準から見ると、

少し外れていましたが、

若い私は、ただそれだけで綺麗でした。

そう感じた時、

私は35年間のバレエ人生を

見直すことが出来ました。

私は自分の綺麗さを認められずに、

苦しんでいたのね。

もちろん幸せなときもあったけど、

その根底にはいつも

コンプレックスが隠れていた。

スリムじゃないとか、

カラダが固いとか、

色々な理由を見つけては、

自分をさげすんで、

自己憐憫に浸っていたマゾ女、

それが私、だったのね。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ この生き方で間違いない ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

だからね、ぐるぐる言霊で

「もっともっと美しく

遠慮なさらず 変容しましょう」

の言葉に出会った時、瞬時に

「自分の綺麗さ」を認めずにきた

長い年月のことを思い出しました。

自分の美しさ、綺麗さを

もっともっと受け入れてゆこう

って素直に思えました。

若返るぞーーー!って騒いでいる、

この、年老いた今の自分の綺麗さを

まずは丸ごと受け入れよう。

って思いました。

でね、

そんな自分の綺麗さを磨いていく

って決心しました。

これまでは、

「自分を綺麗にしたい」

という思いを、

エゴなんじゃない?

アサハカなんじゃない?

虚飾に走ってるんじゃない?

と疑心暗鬼のところもあったけど、、

千さんからのメッセージで、

そっかぁ~、これでイイんだ!

この生き方で間違いないんだぁ!

って分かって 嬉しくなりました。

綺麗になるコト、

自分を輝かせていくことが、

私の本当にしたかったことだった。

そして私だけじゃなく、

そういう人はけっこう多いんじゃない

かしらね?

だから私は、このまま進んで行く。
カラダのブラッシュアップワークも

考案できたし、

そして「綺麗になった私」を楽しむ

企画も立ててある。

ある意味、

とてもバカバカしいことだけど、

バカバカしくってナニが悪い( `―´)ノ

これから

ココロの底からワクワクして

楽しんでゆける

「若返りラボ」を立ち上げるよ~。

商標も登録もしたんだ。

死ぬまで元気で、

楽しんで生きるんだ。

これからワタシ、ラボります

皆さん、

一緒にラボりません?

***

今日も、私の物語を読んでくださって

ありがとうございます。

私のブログ「目覚めのとき」にも

遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14 https://ameblo.jp/kannonn14

▲ヒーリングセッションへの

お申込み・お問い合わせはこちら

yuki14.hangetu★au.com

※星印を@に変えてメールしてね。

モダンバレエをきっかけにカラダに目覚める。「女神のデコルテワーク」を考案し、2021年に「女神のデコルテ 5つのタイプ」を出版。現在は肉体・エネルギー体・チャクラのお掃除をすることで「ありのままの自分」で生きられることを伝えている。

記事一覧

2023年6月4日やわらぎゆきこ

「若返りに必要なコト」 From やわらぎ ゆきこNew!!

2023年5月21日やわらぎゆきこ

「自分の美しさを受け入れる」 From やわらぎ ゆきこ

2023年5月7日やわらぎゆきこ

「キレイのチカラ」 From やわらぎ ゆきこ

2023年4月16日やわらぎゆきこ

「奇跡は起きた 」 From やわらぎ ゆきこ

◆投稿一覧はこちらから

lineお友達登録お待ちしてます!

定期的におのころ心平からのメッセージが届きます。ぜひお友達になってください。