おはようございます!

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ人材コンサルタントの横山秋子です。

今日は1年最後の祝日、

勤労感謝の日ですね。

「勤労を尊び、生産を祝い、

国民がたがいに感謝しあう日」とされていますが、

もともと新嘗祭(にいなめさい)という

五穀豊穣を感謝するお祝いが、

この祝日の由来といわれています。

新嘗祭は古くから天皇家に伝わる

伝統行事なのだそうですが、

戦後、GHQの考えにより祝日として取り扱わなくなり

廃止となったそうです。

「勤労感謝の日」は「新嘗祭」が廃止になった代わりに、

設けられることになった祝日。

いつも頑張っている自分や身近なかた、

そして直接知り合いではなくても

私たちは誰かの働きに支えられていることに感謝する日、

いつもより「ありがとう」を伝える日にしたいと思います。

今日もキャリアコンサルタントの視点で
ココロとカラダを整えながら
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇リセット◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━

人生をやり直したい40代の同級生3人が
頭の中はそのままに、女子高生時代にタイムスリップ!?

垣谷美雨の小説「リセット」を読みました。

『ぼんやりした不安と不満を抱え、

それでも平凡に暮らしていた三人の女性が、

突然、高校時代にタイムスリップさせられてしまう』

奇抜なシチュエーションですが、、

「もし、人生やり直せるなら いつから?」と

主人公たちに自分を重ねて読み進みました。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇友人の場合◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━

38年間の教員生活を終えた友人と、

久しぶりに神戸元町を散策しました。

本好きの友人とは

いつも最近読んだ本をシェアしあいます。

「もし、人生をやり直せるならいつが良い?」

「う~ん、海外で働いてみたかったかな~」と、

意外な返事でした。

語学を生かしたいと、

就職は商社の総合職と英語教員で迷い

結局、英語教員を選択。

もし、商社の総合職で就職していたら、

どんな人生が広がっていたのか…

38年間の教員生活は仕事もプライベートでも

いろいろなことがありました。

40代に夫が病に倒れ、

約3年間仕事と介護を両立。

ですが、2人の娘を残し帰らぬ人となりました。

当時、後輩が体調不良で休職し、

教育現場でも人手不足が続いたようです。

責任ある立場で思うように休みが取れず、

1日3回の訪問介護を利用しながら

睡眠不足と闘う日々。

弱音を吐かないのは、

おそらく「自分がやるしかない」という

覚悟からだったでしょう。

医療小説やドラマは辛い当時を

思い出すので見ないとのこと。

ほとんど話題にすることはありません。

定年後は気分の向くままバックパッカーで、

欧州一人旅を計画していましたが

コロナの影響で延期することとなり、

たっぷりできた時間は

読書三昧とカルチャーセンターで

歴史を学び好奇心を満たしているそうです。

娘たちも家庭を持ち肩の荷が下りたようで

安堵感が伝わってきます。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇私の場合◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━

海が見えるレストランでのんびりランチを食べながら、

「ところで、アキコさんは?」と

逆に質問されました。

やり直せるなら、いつから?・・・と、

読みながら何度も考えました。

20歳の頃、私も海外で働いてみたくて、

青年海外協力隊の説明会に

参加したことがあります。

かなり本気で日本語教師の資格が

生かせないかな~と思っていました。

ですが、応募資料を揃えかけたころに

母が交通事故に遭い、頸椎損傷。

医師からは、最悪寝たきりになるかもしれない

と言われ、目の前が真っ暗になりました。

母と兄と私の3人での生活ですから、

海外への夢も断念。

兄は公務員でアルバイトができず、

私が会社員と土日のアルバイトで

家計を助けることとなりました。

その後、母は驚異の回復力で

日常生活が送れるようになり、

最悪の事態は免れましたが。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇宿命と運命◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━

中国占星術の算命学では

「宿命+環境+生きざま=運命」

と、定義しています。

人間が生まれながらにして

授かったエネルギーが宿命

この宿命が

個人の性格、才能、適性、

行動パターン、人間関係、

さらに、その時々のテーマなど

人間の様々な要素を構成する

もととなります。

そして、誰もが

宿命的に授かったエネルギーを

どう使うかは自由で、

どんな環境で、

どんな生きかたをしたいのか

自分の意思で

選ぶことができるのです。

だからこそ運命は変えることが出来るのです。

+++

友人が商社の総合職として

キャリアをスタートしていたら

今頃どんな生活を送っていたのか、

また、私自身も、

青年海外協力隊に行っていたら、

どんな人生だったのか、

それは誰にも分かりません。

「リセット」の高校生に戻った

40代の同級生3人、

”未来の想い出”がリプレイされる毎日が

彼女たちの意識を少しずつ変えていきます。

そして、悩み多い元の生活に戻ることを選び、

3人は自分の思いを大切にする

未来へと舵をきっていきます。

宿命的に授かったエネルギーは以前と同じでも、

「今、どう生きるか」で、

選び取る環境や生きざまは変化します。

その結果、運命は大きく変わり、

再び新しい人生へ! 

「人生は変えられるかもしれない」から、

「人生は自分の心のもちかたで変えられる」と

勇気づけられる、お勧めの一冊です。

◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント

人生は結果ではないのです。
勝ち負けよりも
人に勇気を与えるものは
「生き様」なのです。

つまり、不幸だろうが
困難があろうが
借金があろうが関係ない。

いま、どう生きるか、
そこが勝負。

by ひすい こたろう

それでは、
今日も豊かな1日を!

◇個人ブログもぜひご訪問ください。

「人生リニューアルのヒント」~ 働く幸せ・生きる歓び~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/

現在、(有)ケースメソッドにてマネージャ/キャリアコンサルタントとして従事。
http://www.kaikei-soft.net/kunren/support.html
「働く幸せ」「生きる歓び」に目覚める人が増え、繋がりを大切にできる相互支援社会の実現を目指しています。年齢性別に関係なく能力開発が自信回復への近道であると実感し、夢の実現を全力でサポートしています。

記事一覧

2022年10月25日

過去の自分の責任は、未来の自分がとる from横山秋子

2022年9月24日

心理的境界線とファミリーヒストリーfrom横山秋子

2022年8月24日

最後の遺品整理 from横山秋子

2022年7月24日

愛情を受けとめる器 from横山秋子

2022年6月23日

誰も見捨てない優しさに人は救われるfrom横山秋子

◆投稿一覧はこちらから

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
おのころ心平とセルフケアに関わる各分野の専門家が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。