こんにちは!

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ人材コンサルタントの横山秋子です。

「過去の自分の責任は、

未来の自分にとってもらいます」

笑顔でそう話す麻里さん(仮名・29歳)の

第一印象は「常に前向きで明るい人」

周りが元気をもらえるような女性です。

弥生カレッジCMCに入校した当時は

通信制大学の3年生。

ところが、麻里さんの経歴は

第一印象とはかなり違っていました。

不登校から3回の退学を経験。

忍耐力の無さや飽き性なところ、

我慢や努力といった地道なことが苦手で、

それが自身の欠陥とさえ思っていました。

そんな麻里さんが、

目標を見つけ変わることが出来た。

学ぶことによって、

自分自身をつくりあげ、

どのようにその視野を広げてきたのか、

麻里さんのキャリアの変遷を

ご紹介いたします。

(麻里さん、ご快諾いただきありがとうございます)

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇小児鬱と受験と挫折◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━

前向きで明るい印象の麻里さんですが

不登校になった小学5年生のときに

小児鬱と診断され入院した経験があります。

ほとんど学校に行かなかったのですが、

友人に刺激され、

6年の夏休みに中学受験を決意。

進学塾に通いだしました。

その中学に憧れたのは

全国でもトップレベルの

スポーツチームがあったからです。

ですが、合格し憧れのチームに入部したものの、

練習についていくことができませんでした。

実はスポーツが大の苦手で、

最初からかなり無謀な挑戦だったのです。

とうとう限界を感じ2年で退部。

結局、学校も退学し地元の中学へ編入しました。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「正しさ」よりも「やりたいこと」◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━

麻里さんの価値基準は

幼少期から明確でした。

両親や先生から異分子と言われても、

「正しさ」より「やりたいこと」を優先。

ですが、中学を編入したころから

非行に走りました。

「勉強が向いてないなら、

コミュニケーション力を磨こう!」

せっかく入った高校も1年で中退し、

実家を出て年齢を偽りアルバイトに

明け暮れたのです。

そして、大きな転機は18歳で就いた

保険のカスタマーサービスのアルバイト。

本来の基準なら不採用だったところ、

面接の質疑応答がユニークだったと、

課長が見出してくれたのです。

通常3か月必要な研修も

異例の1か月半でデビュー。

電話対応コンクールでは関西代表となり、

社内で表彰されるほどになりました。

結果を出すことが、自分を見出してくれた

課長の評価に繋がることを知り、

さらにモチベーションが上がったのです。

そして、オフィスで働く社員の女性たちが

とてもカッコよくて憧れました。

「私も大学に行くとあんな風になれるかな。

そのためには、まず高校を卒業しなくちゃ!」

成長の糧をたくさんいただきながら、

一念発起して入学した通信制の高校も

20歳で卒業できました。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇次のステージへ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━

その後、通信制大学の経営学部に入学。

転職先でも人間関係に恵まれ、

新しい仕組みやシステムに

いち早く順応する力を磨きました。

そして、

「将来の目標は経理人材として活躍すること」

と、明確になったころ次のステージへ向かう

チャンスがやってきました。

ハローワークで職業訓練制度を

利用できると知ったのです。

実務で役立ち、実践で生かせるような

知識や技能を学びたいと、

弥生カレッジCMCへの入校を決意しました。

そして5か月間、

ひたすらこの目標に向かって行動した結果、

希望の税理士法人への

就職を叶えることができたのです。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 長期ビジョン ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━

入社後研修では、

企業実習で身に着けたスキルが役立ち、

すぐに担当を持つことになりました。

不安はいっぱいですが、

「やるしかない」と自身を鼓舞しながら、

「最初に大変な思いをしたほうが力になる」

と、とても前向きです。

麻里さんの生き方に潔ささえ感じるのは

「やりたいこと」を優先するということは、

「未来の自分」への責任が伴うことを

知っているからです。

正直でたくましさとバランス感覚に

すぐれた麻里さんの長期ビジョンは

「生涯を通して学び成長し、

得たものを人に伝え、還元していくこと」

きっと、与えることによって輝きを増す

太陽のような存在になっていかれることでしょう。

ご活躍を心から応援しています。

◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント

「誰かが見ている」という意識を

いつも忘れなければ、

おのずと何事にも全力で取り組むようになり、

毎日を無為に過ごすことはなくなる

野球評論家 野村克也

それでは、
今日も豊かな1日を!

◇個人ブログもぜひご訪問ください。

「人生リニューアルのヒント」~ 働く幸せ・生きる歓び~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/

現在、(有)ケースメソッドにてマネージャ/キャリアコンサルタントとして従事。
http://www.kaikei-soft.net/kunren/support.html
「働く幸せ」「生きる歓び」に目覚める人が増え、繋がりを大切にできる相互支援社会の実現を目指しています。年齢性別に関係なく能力開発が自信回復への近道であると実感し、夢の実現を全力でサポートしています。

記事一覧

2022年11月23日

人生をやり直せるなら~宿命と運命~ from横山秋子

2022年9月24日

心理的境界線とファミリーヒストリーfrom横山秋子

2022年8月24日

最後の遺品整理 from横山秋子

2022年7月24日

愛情を受けとめる器 from横山秋子

2022年6月23日

誰も見捨てない優しさに人は救われるfrom横山秋子

◆投稿一覧はこちらから

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
おのころ心平とセルフケアに関わる各分野の専門家が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。