月をテーマにミトコンドリアをひも解く!?Fromさく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇月よみ師(R)たちのwebマガジン!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。

ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくです。

今日は、
「月をテーマにミトコンドリアを紐解く」
というお話します。

とその前にお知らせを♪

自然治癒力学校から
月をテーマにした
Webマガジンサイトがオープンしました。
『月よみ -inner independence-』

http://tsukiyomi-magazine.com/

月よみ師(R)たちが独自の視点で
執筆します。

とても素敵なwebマガジンですよ。
私も大ファンです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 月を読み、カラダとココロを読む!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、あなたは
もっとも身近な宇宙=月の視点からも
ココロとカラダのつながりは
よむことができるこを
知っていましたか?

++++++++++++++++++++++++

そんな世界を知りたくなったら・・
月を読み、カラダとココロを読む、
「月よみ師」養成講座
残席超わずか

http://naturalhealing-school.com/books/tsukiyomishi/

++++++++++++++++++++++++

私のテーマ
「ミトコンドリア」の世界から見ても
月とカラダの世界は
密接につながっています。

しかも
そのつながりを紐解く鍵が
私のテーマ細胞の「ミトコンドリア」
の中に隠されています。

なぜかというと
「細胞」や「ミトコンドリア」は
月の満ち欠けによって
状態が変化するからです。

それは
月の満ち欠けによって
カラダの水分量も変化するということです。

カラダの60~70%は水分です。

月の引力によって
潮の満ち引きが起きると同時に
カラダの状態も変わっていきます。

信じられない人は
自分が「細胞」の一つになったと
想像してみてください。

ミトコンドリアからみる
カラダの世界は大海原
「ミトコンドリア」は
どこまでも続く海の中に
浮かぶ一枚の葉っぱのような
ものです。

当然、海水量が多い時は
不安定になります。

だから満潮になりやすい
満月や新月の日は
イライラしたり
気分が沈みがちになるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ミトコンドリアで月を紐解く!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ミトコンドリア」のことがわかってくると
月とカラダの関係
ココロとカラダもひも解くことが
できるようになってきます。

なぜかというと
カラダのメカニズムからみると
カラダを動かしているのは筋肉の細胞
ココロを動かしているのは脳の細胞
だからです。

ともに
ミトコンドリアが最も多くいる細胞です。

さらにその両者は
「ミトコンドリア」がつくる
エネルギーによって情報交換しています。

その名を「ATP」といいます。
(エーティーピー)

私はわかりやすいので
「電気」に例えています。

エネルギー・・・

目には見えないけれど
感じることができる存在です。

実は、細胞は隙間だらけ

この巨大な空間をつないでいるのは
ミトコンドリアがつくるエネルギーです。

たとえば
細胞は、
細かく見ていくと
原子(げんし)と
呼ばれるものになりますが
原子は真ん中に原子核
その周りを電子と呼ばれる
電気を帯びた小さな粒が回っています。

この間の距離・・
原子核の大きさをリンゴの木1本とすると
電子はその5km先を回っている
ことになります。

5km先ですよ~

こんなに細胞は隙間だらけ

それだけ
情報交換するには
ミトコンドリアのつくる
エネルギーの存在が必要なのです。

エネルギーは
目に見ることはできません。

しかし、
感じることはできます。

だから、あなたも感じてみせんか?
カラダが作り出すエネルギーの世界を

月がいろんなことを教えてくれます。

日常の中にこそセラピーがある。
毎日を自然療法に変える
『 日常セラピー 』
最後まで読んでくれてありがとうございます。

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る