マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。

宇宙のリズムと言われる「マヤの260日の暦」

暮らしに「マヤの260日の暦」を取り入れることで、
自然のエネルギーの流れに乗り、
感謝あふれる日々を送る方法を
お伝えしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 7月25日は「時間をはずした日」 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は「時間をはずした日」でした。

おのころ先生も毎年ブログに書かれていますので、
日常セラピーの読者さんは、知っておられる方も多いかと思います。

マヤ暦と混同されておられる方もあるようですが、
古代からマヤ文明に伝わる260日の暦をもとに
宇宙の周期律を表した「ツォルキン表」と共に
ホゼ・アグエイアス博士がつくられた新しい暦で、
ひと月を28日とした「13か月のカレンダー」の特別な日です。

28日×13ヵ月=364日になり、
365日目にあたる昨日は、

特定の月や日付、曜日の対応をしない特別な一日。

それまでの13か月の枠組みから解き放たれる。
時間からの解放を体験する日とされています。

時間をはずした日(The day out of time)
緑の日、プラスワンの日、銀河の自由な日、などとも呼ばれます。

人工的なリズムから離れ、
時計をできるだけ見ないとか、
情報断捨離された方もあるでしょうか?

私がマヤ暦を学び、所属している研究会では、
13か月のカレンダーをダイアリーとして取り入れていないのですが、
ホゼ博士の著書の翻訳本なども参考にさせていただきながら、
13か月のカレンダーについて、
私の思うことをまとめてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 天のリズム(1年)と地のリズム(1日) ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現代の私たちが使っているグレゴリオ暦、
それ以前に使われていたのがユリウス暦。
ルーツをたどると、シュメールやエジプトに行き着くそうです。

1年365日の太陽暦、
12か月の暦が使われてきたのは、
約5000〜4000年前からなんですね。

さらに時の支配者によって暦はゆがめられています。
※ユリウスが7月生まれで自分の生まれ月を31日とし、
アウグストゥスもそれにならい生まれ月の8月を31日にし、
その分が最終月だった2月から減らされた。

ひと月が31日ない月は、
” 西向く士(にしむくさむらい)”
って子どもの頃に覚えましたね。
今使っている西暦は、ひと月の日にちがバラバラなんですよね。

空間(円)を12分割することは、
12時間×2周の時計時間にも当てはめられて、

私たちは「時間の空間化」がされた
「偽りの時間」の中に生きてる。

ホゼ博士は、
スイスのジュネーブにある時間博物館を見学し、
そこに展示された機械時計の歴史から、
”機械化された時間”に疑問を持ったのだそうです。

私たちの生活や社会は、
時計やカレンダーによって
時を測ることから成り立っています。

12:60という計時周波数により発展してきたけれど、
13:20が自然の周波数であることに改めて気づかされたのだそうです。

1日の周期「地」のリズムと
1年の周期「天」のリズムを結びつけるのが
月のサイクル。

13か月のカレンダーは、
ひと月を月のリズムの28日とすることで
1年は13か月となり、364日とプラス1日という形になっています。

ひと月は7日×4週間、1年で52週間となり、
同じリズムでとてもスッキリしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 7月26日は始まりの日 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は「13の月の暦」の1の月の一日目になります。

なぜ13か月のカレンダーは7月26日始まりなのか?

この日から8月12日までは、
太陽と地球とシリウス星が一直線上に並ぶとされ、
宇宙から高次元のエネルギーが地球に注がれ、
8月8日にピークを迎えると言われています。

7月26日は、ライオンズゲートの開き始める日、
ということです。

昨日、13の月の暦の入門書を読み返していたら、
次の内容を見つけました。

7月26日を1年365日の起点とする根拠の一端は、
太陽の南中時刻の変化にもあるようです。

”7月26日を起点とすることで、
太陽と地球の関係がより明確になる”ようです。

そうは言っても、
社会生活をするうえでグレゴリオ暦はやはり外せません。

頭で難しく考えず、
まずは新しい暦の日付を確認することから
始めてみませんか?

今日は「1の月・1日」と
西暦のカレンダーに書き込んでみましょう。
「1の月・28日」までいったら、
次の日は「2の月・1日」
「2の月・28日」までいったら
「3の月・1日」に入ります。

この表で確認してください。
1の月(7/26~8/22)
2の月(8/23~9/19)
3の月(9/20~10/17)
4の月(10/18~11/14)
5の月(11/15~12/12)
6の月(12/13~1/9)
7の月(1/10~2/6)
8の月(2/7~3/6)
9の月(3/7~4/3)
10の月(4/4~5/1)
11の月(5/2~5/29)
12の月(5/30~6/26)
13の月(6/27~7/24)
※7/25は時間をはずした日

毎日、一日ずつ書き込むことで、
28日間をカラダで感じてみる。

数か月でカラダのリズムとシンクロしてきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 毎日の日付をチェックすることから ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「13か月のカレンダー」が「体のリズムを調える暦」なら、
「260日のツォルキン暦」は「心のリズムを調える暦」です。

今日から、時間を心と体で感じてみましょう。

西暦の日付を入れたオリジナルの
「ツォルキン表カレンダー」のプレゼントはこちらから
https://www.mshonin.com/form/?id=738373513
7日間でツォルキン表カレンダーの見方をお伝えしています。

自分のKINナンバーを先に知りたい方は、
「あなたの魂の刻印記憶を知る」メルマガの無料レッスン!
https://www.mshonin.com/form/?id=738373746
5日間であなたのKINナンバーを確認していきましょう。

マヤ暦に興味を持ってくださった方はぜひご登録ください。

あなたの豊かな時間となりますように、
ご案内させていただきます。

これから始まるワクワクな毎日、
どうぞよろしくお願いいたします。

「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。

「マヤ暦 こよみよみ もりこのワクワクな毎日」
マヤ暦の今日はどんな日?
ブログで毎日更新中!
http://ameblo.jp/aisuke-shine

もりこ(森裕子)
mori.mama.yuko@gmail.com

マヤ暦アドバイザー、新・姓名学 のぼかん講師、ibマッピングカウンセラー。 生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。

記事一覧

2022年11月24日

【マヤの暦のすばらしさ】FROMもりこ

2022年10月26日

【マヤの暦 銀河の音】FROMもりこ

2022年9月25日

【マヤ暦の折り返しの日】FROMもりこ

2022年8月25日

【マヤ暦でいま・ここにある幸せに気づく】 FROMもりこ

2022年6月25日

【あなたのマヤの刻印記憶】 FROMもりこ

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
おのころ心平とセルフケアに関わる各分野の専門家が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。