おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。

東京、表参道の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と和のカラダの使い方のセッションをしております。

「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です。

そして和のカラダの使い方をその人に合ったセルフケアとしてお伝えしています。

このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 昔の人たちの所作 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昔から伝わる腱引きという療法に
携わっている私は

療法だけでなく
カラダの使い方も
日本人の昔ながらの使い方に
とても惹かれます。

昔の人たちの
着物と下駄の生活だからこその
筋肉の使い方とか。

そこから生まれる礼儀作法とか。
知れば知るほど深い世界なのです。

***

人の所作一つで
その場の空気が変わります。

スッと引き締まったり
澄んだ空気感になったり。

お茶席を体験なされたことのある方は
その静謐な空間の中で自然と

居住まいを正す自分を
感じたことがあると思います。

***

一枚の布から作られる
着物をいかに乱さずに生活をするか

という観点からも
カラダの使い方が見えてきます。

カラダを捻ったり
ひねりを加えたり
大きく腕を動かしたりすると
どうしても着物は乱れます。

礼法では

上体はほぼ動かさず
立ち座りをするやり方を習います。

神社の神職さんを見てみると
そんなカラダの使い方をしています。

ただし、これはとても足腰と
体幹のバランスが良くないと
できない動きなのです。

昔の人は着物を乱さない動きをすることで

日常的に
よりしっかり筋肉を使う
生活をしていたのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 腰に優しい立ちあがりかた ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昔の人のカラダの使い方で
今の生活で役立ちそうなことを
一つお伝えします。

上体を大きく揺らさずに
床から立つやり方です。

どんな状態からでも
まずは正座の姿勢になります。

寝ていたら
まず横向きになります。

そこから四つ這いの姿勢になり
そのままお尻を落として正座になります。

あぐらなどでしたら
そこからまずは正座になります。

そして、立膝になります。
どちらかお好きな方の足を
前に出してください。

少し前の方に出した方が立ちやすいです。
出せたら膝の角度が90度くらい。

そして立つ。

そうすると上半身を前に屈めたり
しなくても立ち上がれます。

***

腰に負担がなく立てるので

腱引きでは
ぎっくり腰の人に立ち上がってもらう時に
この立ち方をお伝えしています。

何度も繰り返しやることで
何気ない動作の時にも
この動きが癖になっていると

カラダに余計な力が入らないので
痛めにくいですよ。

普段の動きこそ
楽に
優しく
常に余力のある動きを
身につけていくと

より軽やかに動けるカラダに
なっていきます。

立ち方、ぜひぜひやってみてください。

***

そんな筋肉やカラダがより快適になるヒントをメルマガでお伝えしています。
↓↓↓

《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
https://17auto.biz/ichireian/registp.php?pid=2

さらにあなたのカラダの調和が整い、
よりいっそう美しいリズムを刻んでいきますように。

***

【ブログ】
https://ichireian.com/blog/category/howtouse/

【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
https://17auto.biz/ichireian/registp.php?pid=2

【矢古宇一江・プロフィール】
https://ichireian.com/profile/

【HP】
http://ichireian.com/

【予約・お問い合わせ】
https://reserva.be/ichireian

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/kazueyako/

【Facebook】
https://www.facebook.com/kazue.yakou

【Instagram】
https://www.instagram.com/kazueyakou

【腱引き・全国の道場一覧】
https://kenbiki.jp/dojolist/

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
1、15日はおのころ心平が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。