おはようございます。

松田まりです。

今から24年前、
25歳の時。
会計士の勉強を始めた頃。

色々なことが重なり、
目と顔がお化けのように腫れ、
眼帯とマスクで専門学校に通学するも、
片目では電卓が打てず、
通信学習スタイルに変更して勉強を続ける、
ということがありました。

体が
なんとか
修復しようとしてくれたのでしょう。

顔からの浸透液の痒みで、
寝ている間に引っ掻いてしまうので、
手に靴下をはめ、
家族の監視のもと昼間に眠って、
夜中勉強という日々が半年間。

すごい顔をしているので、
病院に行く時以外 家から一歩もでず。

今思い出しても、
あんな状況の中、
会計士受験を挫けずによく頑張ったなぁと。

無事になんとか元の顔くらいには戻り、
専門学校に戻った時、

「待ってたよー」と
迎え入れてくれた友人達の存在が、
なんと有り難かったことか。。。

あれから24年。

その後も、なぜか、
ことあるごとに私の体の症状は、
主に顔に出る。

しかも、面白いことに、
症状はいつも右目の上から始まり、

徐々に下に降りてきて、
全体に広がり、

最後に首まできて、
納得して、昇華していく。

ここまでの経過は、おおよそ2ヶ月くらい。

急遽のデトックスなのだなぁと、
この歳になって、
ようやくどっしりと構えていられるようになりました。

超繁忙の影響か、
久々に顔の腫れる症状に悩まされた先月。

仕事の落ち着き感と共に
症状も少しずつ首まで降りてきてくれました。

ひとかわ。
ふたかわ。
みかわ。
よかわ。

いい感じでデトックス、です。


起こっている現象は
私たちに何を示唆してくれるのでしょう。

それが一見、
ネガティヴなことのように見えることであっても
後で振り返ってみると

あの時のことがあったから
今こうして、ここにいる。

お金にはより一層
如実に現れる現象。。。

本日はそんなお話を
一緒に思考してまいりましょう

━━━━━━━
◆◇怖いお金◇◆
━━━━━━━
「お金がなくなることが怖いのです」

とおっしゃる人がいる。

「お金がなくならないようにすれば怖くないのですか」

とお聞きすると、

「お金がなくならないように生きることは
他のものを失っていると思います」

とおっしゃる。

あなたにとって
何が一番怖いことなのか。

それはきっと
「お金がなくなること」ではなく
もっと大切な、なにかを失うこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「怖い」はタカラの宝庫◇◆  
━━━━━━━━━━━━━━━━
「怖い」や「不安」
という感情にじっくりと対峙してみる。

向き合うことで
あなたのお金の世界観が
イマジネーションとともに
広がっていくことを体験してみましょう。

例えば
お金の「怖い」をこんな風に
分解してみる。

◎(what)
何が怖いのか

◎(how)
どんな風に怖いのか

◎(where)
どんなシチュエーションで怖くなるのか

◎(why)
なぜそう感じるのか

最初は
・まとまったお金を使うときに恐怖心がある
・入ってくるお金が入ってこなくなると不安になる

など、
多くの方が感じることを
パッと思い浮かべることでしょう。

ですが、
この分解を繰り返していると
だんだんと、

「あれ?なんだかおかしいぞ」
となる。

分解して、程なく、
本当の犯人はお金ではなく、
他の要因にあることに気づくことでしょう。

私たちが普段感じている不安や恐怖心は
実は他のところに本拠地がある。

その本拠地への道を辿ることができれば
「怖い」や「不安」が
不思議と変容して形を変えていくのです。

━━━━━━━━━━━━
◆◇その先に広がる景色◇◆  
━━━━━━━━━━━━
無一文になっても
またスタートからコツコツと始めればいい。

「自分はいつでも始めることができる」

と思っている人は
言動の力に満ち溢れています。

真の自分を信じる自信と、
真の自分を悟る覚悟と。

ネガティヴな現象がおきたとしても
どうぞ自分に
たくさんの期待をしてあげてください。

「私はこれを始めることができる」

そうして熱い想いを続けていくことで
いつしか
真の本拠地を味方に付けている
自分を手にすることでしょう。


◎松田眞理公認会計士事務所WEBサイト
(経営はアートである)
http://matsudamari.com/

◎Facebookアカウント
https://www.facebook.com/mari.matsuda.94
(友達申請にはメッセージをお願いします)


【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

松田眞理公認会計士事務所代表
https://matsudamari.com/

これまでの間、公認会計士として、多くの経営者と様々な経営スタイルに出会ってきました。

人生を輝かせるには、まずは自分を知ること、信じること。真の成功者は、「人」の人生を輝かせる、その術を知っています。本来の自信の魅力や才能、本心を知り、そして、自身独自のリソースをアート思考で識別することで、目指すスタイルや新しい光景を手にする経営者たちに伴走してきました。

記事一覧

2022年12月5日

お金感情〜美しいお金の物語〜from 松田まりNew!!

2022年11月28日

ど真ん中の、お金 〜美しいお金の物語〜from松田まり

2022年11月14日

のぞむ、お金 〜美しいお金の物語〜 from 松田まり

2022年11月7日

お金現実〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2022年10月24日

お財布遍歴〜美しいお金の物語〜from 松田まり

◆投稿一覧はこちらから

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
おのころ心平とセルフケアに関わる各分野の専門家が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。