おはようございます。

やわらぎゆきこです。

「若返る」と決めた私。

やってみなくちゃ分からない。

なら、やってみよう!

私のココロの羅針盤が指し示す

「若返り」への挑戦の物語。

さて今日は、

肋骨の「若さ」と「老化」

そして、「若返り」のお話です。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 肋骨は肺を動かしている ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

コロナ禍が始まった2020年5月に、

私は肋骨を5本骨折してしまいました。

肋骨は、非常に柔軟な骨です。

肋骨には

内肋間筋、中肋間筋、外肋間筋の

3層の筋肉がついています。

(その他にも多くの筋肉が付着していますが

胸郭そのものを動かす筋肉として)

この3層の筋肉が肋骨を

縮めたり膨らませたりすることで、

横隔膜と協力しあって

肺を萎ませたり膨らませたりして

私たちは呼吸しています。

肋骨の動きが悪くなる、ということは、

肺の働きが悪くなるというコト。

それは、体内への酸素供給を

低下させてしまう、というコト。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 高齢者は小刻み呼吸 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

私はこれまで高齢者施設で、

カラダをゆるめる体操を

指導してきましたが、

そこで気づいたことは、

高齢者の皆さんの、肋骨の動きが

非常に悪いことでした。

肋骨周囲が固まって、

鉄板で出来た箱のように

なっている方がほとんどでした。

ですから私は、教室の最初の回に

「肋骨は何本あるか知っていますか?」

と、クイズを出すようにしています。

答えは、左右合わせて24本。

それによって、胸郭が一つの箱

ではなく、24本もの肋骨が、

胸椎や胸骨と関節していて、

膨らんだり縮まったりすることで、

横隔膜と協力し合って

肺が呼吸するのを助けているのだと

お知らせしています。

高齢者の方々のほとんどは、

肋骨の動きが悪くなっていますので、

肺の動きも悪くなり、体内への

酸素供給量も減ってしまいます。

それを補填するために、みなさん

浅く小刻みな呼吸になったり、

酸素を節約するような

カラダの動し方になっちゃうのかなぁ。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ それは、絶対にイヤ! ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

さて、肋骨を骨折した私ですが、

胴体にコルセットを巻き、

3か月間安静にしていました。

その間、起きていても寝ていても、

肋骨が痛まぬよう、骨がズレないよう、

出来るだけ動かないように心がけ、

呼吸も浅く小刻みにしていたようです。

「骨がくっつたので

少しづつ動かしてもイイですよ。」

とのお医者さんからの言葉で、

さっそく動かし始めましたが…

ズー―と動かさずに来たために

私の肋骨は動かなくなっていました。

骨折まわりの癒着もあったでしょう。

動かしてはイケナイ!

という強い思いも重なって、

すっかり固着してしまったようです。

私も、立派な高齢者呼吸。

あーーーー!

こんな呼吸で生き続けるのはイヤだ。

それは、絶対にイヤ!(; ・`д・´)

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇呼吸はイノチの基本◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

生きるための基本は呼吸です。

健やかに生きてゆくために、

なんとしても、気持ちよい

深い呼吸を取り戻さなくては!

そのためには、まず

肋骨の柔軟性を取り戻そう!

ナニか運動をしよう…

楽しくカラダを動かしたい。

そうだ!

10年間お休みしていた

バレエのレッスンを再開しよう。

そう思って、さっそく

ヨガの自習を再開しました。

ヨガを始めて愕然としました!

肋骨周囲の癒着・固着は思った以上で、

左右差が大きくなり、

カラダ全体が引きツレています。

骨折は、カラダの動き全体を制限し、

固め、歪めていたのでした。

肋骨の引きツレは動かすと痛いし、

その痛みは、恐れを誘発しました。

しか~し、そこは年の功で、

慌てず、騒がずゆっくりと

カラダと相談しながら

ゆるめてきました。

そのせいで、引きツレが治るまでに

1年もかかってしましました。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 呼吸が若返る ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

高齢者施設で、ゆる指導してると、

80代の方でも肋骨はゆるんでゆきます。

最初は「鉄板の箱」のような方でも、

時間はかかりますが、徐々にですが

確実にゆるんでゆきます。

肋骨まわりががゆるんでくると、

呼吸が楽そうになってゆきます。

表情も明るくなってゆきますし、

お肌もワントーン明るくなって

若々しくなってゆきます。

動ける肋骨になったというコトは

肋骨が若返ったということ。

肋骨が若返ると、呼吸も若返って、

お顔も若返ってゆく。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 若返りの呼吸法 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━

このところ、

友人の雪下魁里さんに誘われて

「ゼロブレス」という

呼吸法クラスに参加しています。

その教室で教わっている呼吸法は、

古来から伝承されてきた呼吸法を、

雪下さんのご自身の体験を通して

ブラッシュアップしたモノです。

その呼吸法で、私の肋骨が

さらに柔らかくなってきました。

この肋骨の柔らかは、

(あくまでも私の主観ですが)

私の小学生だった頃の柔らかさに

匹敵していると感じています。

背骨の動きはまだ回復していないので、

全体的には「まだまだ」ですが、

肋骨の柔らかさだけに限って観ると、

50年分は若返っているようなのよ。

肋骨の柔軟性は「若返り」にとって

大切なことであり、必要なこと。

自由が丘教室や銀座教室の

皆さんにもシェアして

皆で若返ってゆこう (^^♪。

**

今日も、私の物語を読んでくださって、

ありがとうございます。

私のブログ「目覚めのとき」にも

遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14

【セッションのご案内】・・・

▲セッションの詳細・お問い合わせは

コチラ↓をご覧ください

個人セッション・メニュー | 目覚めのとき (ameblo.jp)

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12097237798.html

▼新しい動画が出来ました

幸せのことほぎ - YouTube

モダンバレエをきっかけにカラダに目覚める。「女神のデコルテワーク」を考案し、2021年に「女神のデコルテ 5つのタイプ」を出版。現在は肉体・エネルギー体・チャクラのお掃除をすることで「ありのままの自分」で生きられることを伝えている。

記事一覧

2022年6月19日やわらぎゆきこ

「孤独感のない夢をみた」  From やわらぎ ゆきこ

2022年6月5日やわらぎゆきこ

「肋骨、50年分若返る」  From やわらぎ ゆきこ

2022年5月22日やわらぎゆきこ

「もっと、もっと…」  From やわらぎ ゆきこ

2022年5月8日やわらぎゆきこ

「Kちゃん カンオケに入る」  From やわらぎ ゆきこ

◆投稿一覧はこちらから

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
1、15日はおのころ心平が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。