ミトコンドリアからみたいい夫婦!? By さく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ミトコンドリアからみたいい夫婦とは!? ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは。

ミトコンドリアの力で

あなたを元気にするプロ

さくです。

 

11月22日は

「いい夫婦の日」

 

コミニュケーションが

苦手といわれる日本人が

お互いに感謝の

気持ちを形にする

きっかけを作る日だそうです。

 

そこで、今日は

ミトコンドリアからみた

「良い夫婦」

についてお話をします。

 

いい夫婦・・・

 

カラダでたとえると

「細胞」と「ミトコンドリア」

の関係に似ています。

 

なぜかというと

「ミトコンドリア」と「細胞」は

カラダの中で

お互いに感謝の気持ちを

形にしているからです。

 

「細胞くん」は

つねに「ミトコンドリアちゃん」に

エネルギーを作ってもらっています

 

その分、

「酸素」や「炭水化物」「脂肪」などの

「ミトコンドリアちゃん」の栄養は

すべて「細胞くん」が

運んでいます。

 

「ミトコンドリア」は

自分では栄養をとってこないので

「寄生(パラサイト)」

と呼ぶ人もいますが

「細胞」は「ミトコンドリア」

がいないと生きていけないのです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇カマキリのオスはメスに食べられる!? ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

一方、オトコとオンナは

別の生き物といいます。

 

だから

良いパートナーシップを築くことは

並大抵のことではありません。

 

しかし、

「細胞くん」と「ミトコンドリアちゃん」

の視点で見ていくと

カンタンにその解決方法が見えてきます。

 

 

生命の基本仕様はメスです。

 

メスは誰の力も借りずに

メスを生むことができました。

 

生命の歴史を遡ると

女性だけで生きていた時代すらあります。

 

現在でも

ギンブナやショモクザメ

アブラムシやミジンコ

ミツバチなどは

メスの力だけで繁殖できます。

 

オスはメスのためにいる存在で

たとえば

カマキリは受精すると

オスはメスに食べられてしまいます。

 

こうした関係性から見てみると

男性は、女性のために働く

これが「生命の基本」です。

 

命あるものは、そもそも

女性の意思に従うように

できているのですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇「ミトコンドリア」に左右される!? ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

しかし、

実際はそうならない

ケースが多いのではないでしょうか。

 

これは

女性が、

自らの意思を男性に

伝えるための

カラダの動かし方を

知らないからです。

 

 

たとえば

女性の首をかしげる動作は

男性にとって、魅力的にうつります。

 

その理由は

ミトコンドリア的にみると

男性のエネルギーを動かす

カラダの動かし方だからです。

 

ミトコンドリアがつくる

エネルギーでみてみると

男性は直線的

女性は曲線的になります。

 

 

直線的な男性を

受け止め動かすためには

ぐるぐると円を描く

曲線的な動きが必要なのです

 

たとえば

「へぇーそうなんだ」

といって

ちょっと首を傾ける・・

 

こんな動作が有効なのです。

 

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る