おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。

東京、表参道の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と和のカラダの使い方のセッションをしております。

「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です。

そして和のカラダの使い方をその人に合ったセルフケアとしてお伝えしています。

このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 骨組みの柔らかさ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この間開脚セッションに来られたお客様が
「昔から固いのです」
とおっしゃっておられました。

確かに最初にしていただいた
立位の前屈は手が床には
つかなかったのですが

使い方のコツをお伝えしていくと
15分ほどで指先が床につきました。

ものすごく喜んでいただけたのですが

アレコレ体を見ていくと
どうやら「関節がもともとゆるめな方」
だとわかり、それをお伝えしました。

そうすると
「昔、出産の時に助産師さんに股関節が柔らかいと言われたことがあるのです。
その時は、こんなに体が硬いのに何を言っているんだろう?と思ってました」

と話してくれました。

関節がもともと柔らかい人は

・腕が猿手になりやすい
・手の指先で体を支えようとすると指の関節がペコッと伸びてしまう
・手首も肩もありえない方向に曲がりやすい
・子供の頃は柔らかかったのに今は硬い

などの特徴があります。

普通の方はそこまで動かないけど、、、
という範囲まで動けてしまいます。

結果、関節技を自らかけながら
動かしているようなものなので
筋肉には負担がかかってしまうのです。

***

ゆるい関節をそのままで使い続けると

家でいえば
土台と柱がぐらぐらしている
状態なので

周りをきっちりとコンクリートの壁とかを作って支えなくては
お家が倒れてしまいます。

結果、
筋肉はコンクリートの役目を担い

股関節は開きにくくなり
骨盤も立てにくくなり

「前屈は苦手、カラダが硬い」
となりがちなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 先端を意識する ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関節がゆるめの方は
関節を締めていく方向を
キッチリと習慣にすると

上手に身体を使いやすくなります。

・歩く時に手の指先をフワッと揃えて歩く
・歩く時も座る時も足先を真っ直ぐ前に向けておくことを意識してみる

これだけでも身体はぐらつきにくくなります。

骨格がしっかりと締まり方向に向くと
筋肉が安心して柔らかくいられるようになるのです。

***

そんな筋肉やカラダがより快適になるヒントをメルマガでお伝えしています。
↓↓↓

《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
https://17auto.biz/ichireian/registp.php?pid=2

さらにあなたのカラダの調和が整い、
よりいっそう美しいリズムを刻んでいきますように。

***

【ブログ】
https://ichireian.com/blog/category/howtouse/

【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
https://17auto.biz/ichireian/registp.php?pid=2

【矢古宇一江・プロフィール】
https://ichireian.com/profile/

【HP】
http://ichireian.com/

【予約・お問い合わせ】
https://reserva.be/ichireian

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/kazueyako/

【Facebook】
https://www.facebook.com/kazue.yakou

【Instagram】
https://www.instagram.com/kazueyakou

【腱引き・全国の道場一覧】
https://kenbiki.jp/dojolist/

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
1、15日はおのころ心平が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。