おはようございます。

松田まりです。

突然ですが、
今日は日常セラピーの読者の皆さんへお願いことがございます。

常勤監査役を務めております日本テーマパーク開発株式会社にて、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭を中心に、ウクライナ避難民の受け入れと支援をすることとなりました
(以下、プレスリリース)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000338.000005736.html

「共に日本で長く暮らす」ことを前提に、受け入れ、衣食住の提供にとどまらず、
就労機会および教育の提供により、自立支援をして参りますのでぜひとも皆様のお力添え、また、必要な方への情報提供、シェア拡散をどうぞお願い致します。


以下、募集内容(ウクライナ語/日本語)


[Прийняття та підтримка українських біженців]

Ми Nippon Themepark Co. Компанія, яка керує двома парками розваг і 1500 віллами в місті Насу, префектура Точігі, Японія.

https://nippon-themepark.co.jp

Приймемо 50 сімей українських біженців з маленькими дітьми.

~ Що ми пропонуємо звідси ~
① Де жити (місто Насу, префектура Точігі)
② Харчування
③ Предмети, необхідні для повсякденного життя (одяг / предмети першої необхідності)
④ Робота
⑤ Освіта для дітей
⑥ Японська підтримка
⑦ Витрати на дорогу до Японії ・ Необхідні речі для подорожі
⑧ Зустріч в японському аеропорту
⑨ Для вступу потрібна підтримка

Ми підтримуємо біженців, щоб вони могли спокійно жити в Японії.


【ウクライナ避難民の受け入れ、支援をします】
私達は日本テーマパーク開発株式会社です。日本の栃木県那須町に2つの遊園地と1500の別荘を管理する会社です。

https://nippon-themepark.co.jp

小さな子供のいるウクライナ避難民の方を50家族受け入れをします。

〜こちらから提供するもの〜
①住む場所(栃木県那須町)
②食事
③生活に必要なもの(衣類・生活必需品)
④仕事の機会
⑤子供の教育
⑥日本語のサポート
⑦日本への渡航費・渡航に必要なもの
⑧日本の空港への迎え
⑨入国に必要なサポート

避難民の皆さんが、安心して日本で暮らせるように、私たちはサポートします。

【この件に関してのお問い合わせ】

日本テーマパーク開発株式会社

mari_matsuda@nippon-themepark.co.jp


私たちが普段、
当たり前に手にしていると思っているもの・こと。

私たちが普段、
大切だと思っているもの・こと。

もしかしたら、
それは、多面的にクルッと回してみてみると
違う顔を見せてくれるのかもしれません。

今日は、そんなお話を一緒に思考して参りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━
◆◇大切なもの。わたしの財産◇◆
━━━━━━━━━━━━━━
大切なものや財産を蓄えるということは、半ば人の本能です。

大切なものが100円のものなのか、100万円のものなのか、

ささやかな家なのか、大豪邸なのか。

金額や大きさでは計れない、友人、恋人、家族が大切だという人もいるでしょうし、

社会での役割やポジションが大切、という人もいるでしょう。

人によって、その内容に違いはありますが、すべての人に大切なものや財産はあります。

そして、大切なものが、かけがえのないものであればあるほど、これを失ったらどうしようと、不安にとりつかれることもあるでしょう。

そんなときはこんな風に考えてみてください。

「大切なものは、すべてが私のものではなく、私が一時的に預かっているものや役割にすぎない」と。
━━━━━━━━
◆◇失ってみる◇◆
━━━━━━━━
おもちゃを独り占めしたくなる子供がいます。

どのおもちゃも全部自分で抱え込み、どれ1つとして友達に渡したくない。

友達がどんなに頼んでも、すべて自分のものだから、と。

そうして、お友達が諦めて帰ってしまったあと、ようやく気付くのです。

おもちゃがいくらたくさんあっても、1人で遊んでもちっとも楽しくないことに。

大切なものであればあるほど、みんなと分かち合う喜びがたくさん生まれます。

もしも、あなたが大金持ちであるならば、

それは、あなたは社会のために、より有効に活用してくれる、と信用されて一時的に沢山のお金を預けられているということだと考えてみましょう。

もしもあなたに社会的地位があるのなら、

それは、あなたは社会のために、より責任をもって活動してくれる、と信用されて一時的にその地位を任されていると考えてみましょう。

持っているものが、預かりものだとわかっていれば、とられる不安や失う心配、お別れしなくてはならない寂しさを感じずにすみます。

持っているものを、みんなと分かち合う喜びをばかりを感じることができれば、それに越したことはありません。

おもちゃは、みんなと一緒に遊んでこそ、楽しいものだと子供が気付くように。
━━━━━━━━━
◆◇持たないお金◇◆
━━━━━━━━━
働いたり、何かを提供したことで得たお金を、
「社会からいっとき預かっているもの」と考えてみると、それを自分の利益や欲のためだけに使うことはなくなってきます。

自分のためにそのお金を使う場合であっても、自分の見識や健康を高めて学びの自己投資をする。

そして、学びを身に着けたあなたが、元気に働き、仕事を通じて社会にもっと還元することができれば、それは預かったお金の幸せな使い方といえるでしょう。

預かったお金の2倍ぶんくらいを社会に還元する。

こう心がけていれば、自然と、預かったお金を有効活用し、みんなと喜びを分かち合う知恵が身についてきます。

所有という概念を、少しだけ視点を変えてみることで「財産や大切なものを失う不安や寂しさ」から解放される。

持たない豊かさの、その先には、もっと豊かな世界がまっているはずです。


◎松田眞理公認会計士事務所WEBサイト
(経営はアートである)
http://matsudamari.com/

◎Facebookアカウント
https://www.facebook.com/mari.matsuda.94
(友達申請にはメッセージをお願いします)


【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

松田眞理公認会計士事務所代表
https://matsudamari.com/

これまでの間、公認会計士として、多くの経営者と様々な経営スタイルに出会ってきました。

人生を輝かせるには、まずは自分を知ること、信じること。真の成功者は、「人」の人生を輝かせる、その術を知っています。本来の自信の魅力や才能、本心を知り、そして、自身独自のリソースをアート思考で識別することで、目指すスタイルや新しい光景を手にする経営者たちに伴走してきました。

記事一覧

2022年12月5日

お金感情〜美しいお金の物語〜from 松田まりNew!!

2022年11月28日

ど真ん中の、お金 〜美しいお金の物語〜from松田まり

2022年11月14日

のぞむ、お金 〜美しいお金の物語〜 from 松田まり

2022年11月7日

お金現実〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2022年10月24日

お財布遍歴〜美しいお金の物語〜from 松田まり

◆投稿一覧はこちらから

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
おのころ心平とセルフケアに関わる各分野の専門家が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。