こんにちは。
花気学鑑定師の希依です。

日々の生活の中で花とハーブと香りが
関わる癒しについて
お話させていただいています。

花とハーブと香りを通して
あ、それ懐かしい
それ、知ってる
コレやってみようかな
と思っていただけたら嬉しいです。

3月3日の啓蟄を迎えてから
ぐんと暖かくなりましたね。

近所の桜も早々に葉と蕾が大きくなり、
早咲きの玉縄桜の原木は
開花し始めているそう。
玉縄桜のお話はこちらから。
https://naturalhealing-school.org/archives/15750

あっという間に変わっていきますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ため込んでいた思いを発散させる時
   『うー』という音は良くありません! ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
そうはいっても
いろいろなことが重なって
閉塞感があるのも事実。
  
実際なかなか人にも会うことができず、
  
つい先日も直接お会いする講座が
講師の先生が濃厚接触者になられたとかで、
急遽zoomでの開催になったりと、
残念なことが重なります。
   
   
ちょっとしたことなのだけれど、
こんなことはありませんか?
   
   
眉間にシワが寄っていたり、
イラッとしてしまったり、
そんなつもりじゃ無かったのに、
お友達や家族と喧嘩してしまったり。
   
   
暖かくなると外に出たがるのは
虫や動物などの私たちだけではなく、
感情も外に発散させたくなります。
   
   
冬の間にため込んでいた思いも
イライラした気持ちとともに
人にぶつけてしまうのですね。
   
   
五十音の『う』の音は
あなたの目の前真っ直ぐに
広がっていく音です。
   
生み出す、熟れる、受けるなどの
意味を持ち、
   
   
受け入れて、
熟成させて、
生み出す
   
   
という順序で言葉を生み出します。
   
この順序⁠で
言葉を紡いでいければ良いのですが、
   
   
ため込んだ想いがうまく出せずに、
「う〜」と唸ったり、
呻いたりするうちに
   
  
熟成しきれなかった感情を
あなたの目の前にいる人に
ぶつけてしまうのかもしれません。
   
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ため込んだ思いを発散させる音は? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
  
そんなイライラを他人に
ぶつけてしまったあなたに
お勧めしたいのは
外に出かけることです。
   
   
近所の公園や緑地などで、
体を伸ばしてみましょう。
特に右側の体側を伸ばすのが
お勧めです。
   
   
人が側にいなければ
マスクも外して
   
   
『あー』とか『おー』とかの
声を出してみてください。
   
   
『あ』は上に広がる音で、
希望や新しい展開を意味する音。
   
希望で始めることを教えていると
言われています。
   
   
『お』は斜め上に広がっていく音で、
実現や次のステップにつながる音です。
   
  
日本語で終わることを
『上がり』と言いますね。
   
ひとつのことを終わらせて
次のステップに上がっていく
終わりの始まりの音なのです。
   
   
音の意味を利用して
うまく気持ちを発散していきましょう。
   
   
   
花氣学鑑定師 希依
和花旅(なごみ はなたび)
http://kie-aroma.com

【花気学】あなたの「特性・才能・運命」を読み解く無料メール鑑定
https://shiryushiki.jp/p/r/JQNPOCi3
無料メルマガ*匂ひ袋のお話
https://kie-aroma.jp/p/r/R4kQNlKz

フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。

記事一覧

2022年6月12日

2つの名前が教えてくれたこと From 希依

2022年5月12日

あなたはご自身のお名前が好きですか? From 希依

2022年4月13日

睡眠の質を上げて短時間睡眠? From 希依

2022年2月10日

私たちの安全を守るものだった〜香りのお守り From 希依

2022年1月12日

「頑張ります」と「大丈夫」は心の奥のSOS From 希依

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
1、15日はおのころ心平が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。