FROM 高野義隆 

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】について

発信しています。

理学療法士の高野です。

もうすぐ新年度ですね。

この時期には、人に

いろいろな事を伝える機会も多くなります。

だけど、なかなかすんなりと

受け止めてもらえないこともありますよね。

今回はそんなお話。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 忘れられないエピソード ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━

子どもたちが通っていた小学校では

外部講師を呼んだ教育講演がありました。

最近の学校では、総合学習の時間として

そういった機会があるようです。

ある時、歯科医の方が『食』について

話してくれる機会がありました。

親子講演会として、

子どもと保護者が一緒に聞ける講演会です。

長女と妻が参加したのですが、

帰ってきた2人に

「どうだった?」

と聞いてみますと

『あれも食べるな、これはだめだ、ばっかり』

『だったら、何にも食べられないよね~』

『もう、腹立って、帰りにマック寄って

食べてきてやったわ』

・・・・・。

2人とも同じ感想でした。

この出来事は

長女が17歳になった今でも

伝えることの難しさを思い出させるエピソードとして

僕は忘れられないのです。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 反発を招く伝え方 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━

私は、高齢者の運動教室や

肩こり・腰痛予防教室などで

話をする機会があります。

そこに集まる方は、

健康のためにしたほうが良いことを

大抵知っています。

『え?座りすぎって良くないの?』

『適度に運動するって大事なの?』

そんな反応をする人や

『栄養分は酒だけで良いだろ』

『毎日の歩数は200歩で充分よ』

なんて、ポップな人には

めったにお会いしません。

皆さん知っているのです。

何が正しい知識かを。

むしろ、知りすぎてスルーする習慣が

身についているのです。

そんな人たちに

『運動のメリットを示す

こんな科学的な根拠がありますよ』

『座りすぎの人は死亡率が高いことが

明らかになっていますよ』

と言っても、

『へ~。』で終わるわけです。

ましてや。

『だから週3回、汗をかくような運動をしましょう』

と言ったものなら、

『そんな時間あるわけないでしょ』

という反発を招く事態となるのです。

スキンシップについても同じ様子です。

『スキンシップが大切ですよ』

『信頼感や安心感が生まれます』

これ。

今は、ほとんどの方が知識として知っています。

だから、ここでも

『へ~。』で終わるパターンとなってしまいます。

『そりゃ、そうよね。』です。

そして、

『だからお子さんとの

スキンシップの時間をつくりましょうね』

そう、言ったとしても

『そんな余裕ないんですけど』

という反発を招く事態となるわけなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 正しさについて ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━

【正しさ】について。

僧侶の小池龍之介さんは著書の中で

こんなことを述べています。

***

たとえば。

「その洗剤は環境によくないから使わないほうがいいよ」

てふ一言は、

潜在的に、

「環境に配慮するのが正しいことなのに、

あなたは環境に配慮しないという

間違ったことをしている。

変わりなさい」

てふメッセージになり候ふ。

言う側にその気がなくても

言われた側は責められた気分に

なるものであります。

小池龍之介 著

『「自分」から自由になる沈黙入門』より引用

***

自分が感じる正しさを

伝えよう、伝えようとすることは、

相手のやっていることが

自分が感じている正しさと

ズレているよ、と

指摘していることになるんですね。

だから反発を招いてしまう。

『うまく相手に伝わっていないな』

そう感じた時には

このような事態になっていることがよくあります。

僕は今まで何度も何度も

これで、失敗してきています。

もしも、あなたが

『なんだか相手が受け取ってくれないなぁ』

そう思ったならば

このことについて

考えてみても良いかもしれません。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの今日に、明日に

少しでも役立てたら、幸いです。

。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。*。・゜

高野義隆 ブログ

【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】

病院で様々な患者さんとリハビリを行う中で。
『触れること』の凄さを何度も経験しました。
身体に『触れること』は,身体への気づきを生み出すだけではなく,他者への信頼や安心感を生み出すオキシトシンを分泌させます。
『触れる』を通じて,身体と心のケアサポートを行っています。

記事一覧

2022年9月11日

『さあ、整えましょう。セプテンバー。』From高野義隆

2022年8月10日

『あなたの手が、安心感を生む秘訣。』From高野義隆

2022年7月10日

『ぽっちゃりお腹と背骨の話。』From高野義隆

2022年6月9日

『梅雨入りした時に必要な姿勢ケア。』FROM 高野義隆 

2022年5月11日

『魂が仕事をはじめる時。』From高野義隆

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
1、15日はおのころ心平が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。