karadaのすべてFromさく

こんにちは
ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくちゃんです。

今日2月21日は
あのジャンヌ・ダルクの
異端審問が始まった日

彼女はいいました。

一度だけの人生
それが私の持つすべて!!

フランス国民のために
軍人として勇敢にすすんだ彼女!

それは、ミトコンドリアからみると
自らの命を絶つことで
新しい細胞をつくりだそうとする
ミトコンドリアの生き方そっくりです。

そんな今日は
ミトコンドリアからみた
「カラダのすべて!?」
についてお届けします。

とその前に
自然治癒力学校が贈る♪♪
こころとからだの
ナチュラルセルフケア講座

4-6月期、
自然治癒力学校の強力ラインナップが熱いです!

申込みはこちら。こちらも満席必至です
http://naturalhealing-school.org/?page_id=8269#self1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇カラダのキーパーツ!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたは
カラダのキーパーツって何!?
と聞かれたら何と答えますか?

呼吸を司る「肺」ですか?

それとも
血液を送り出す「心臓」ですか?

それとも
「はじまりは腸」というように
消化を司る「腸」ですか?

医療トップジャーナリスト
リン・マクタガートさんは
おもしろいことをいっています

>>
私たちの究極の姿は
化学反応ではなく、
エネルギーを持つ電荷です。
>>

これは
私達の究極の姿は
化学反応を行っている
腸などのカラダの器官ではなく
「エネルギーを持つ電気」
ととらえることもできます。

となると
「カラダのキーパーツは電気!」

そういわれても、???
ですよね~

しかし、カラダのメカニズムから見ると
私たちの細胞の中で
その「電荷」をつくっている
器官があります。

それが私の研究テーマ
「ミトコンドリア」なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ カラダに電気をつくるメカニズム!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ミトコンドリアとは
細胞の中にある
小さな、小さな器官

独自のDNAをもっていて
呼吸で得た酸素と
食事で得た栄養素から
電気と熱をつくる
あなたの偉大なる応援団です。

その発電量は
な、なんと
20万ボルト!!

屋内配線の家庭用の発電量は
約200ボルトといわれていますから
その1000倍の電気を
作っているのです。

驚きですよね。
その量は
あの「カミナリ」に匹敵します。

カラダの状態を
「電気」という視点で見ると
新たなことがわかっています。

たとえば
東洋医学で言われる「気」や
アーユルヴェーダでいわれる「プラーナ」
シュタイナー教育でいっている
「エーテル体」

これらはすべて
ミトコンドリアが作る「電気」です。

電気ですから
目には見えません。
しかし、
エネルギーとしては
実際、甚大な力を発揮できるのです。

このように
ミトコンドリアからみると
目に見えないエネルギーのことも
すべてカラダのメカニズムに沿ったもの
といえるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇笑いは神(雷)をつくる!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、実際に
カラダを元気にしたり
細胞からキレイになるためには
どうすればよいのでしょう

答えは実にシンプルです!

それは
「カラダに電気を流せばいいのです」

そうきいて、
コンセントに手を近づけて
カラダに電気を流そうとしたあなた!

私はあなたのような
素直な方が
大好きです。

しかし、残念ながら
コンセントに近づいてみても
カラダに電気は流せません。

カラダに電気を流すためには
カラダに
一瞬の強い刺激が必要です。

カラダの中で
一番電気を流している器官は
「肺」と「小腸」です。

この2つを同時に刺激し
ミトコンドリアを活性化する
実に簡単な方法があります。

それは・・・笑うこと

できれば
「ハハハハ」と
大きな声を出すのが良いです。

お腹から笑うことで
腸をはじめ、内臓器官を刺激し
大きな呼吸によって
肺が刺激されるからです。

最後に一言♪

一瞬の強い刺激は
カラダに電気を流し
本来のあなたを取り戻す・。・。

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る