おはようございます。

松田まりです。

先日、
ひょんなことから
ひょんなことが重なり

とある映画監督の方を
とあるフレンチシェフに
お引き合わせをさせていただきました。

単なるご紹介、
という簡単なものではなく

シェフは過去に
ある映画作品に命を救われ、
その作品を作られた、
まさに、その映画監督との
ご縁をおつなぎするという

なんともかんとも、
重大な大役でございました。

映画に出会えたから
シェフの今があり、
彼の創る魂心のフレンチに
今や多くの著名人にファンを持つ。

命を削るほどの渾身の料理を作られるので
1日に1組、週に3〜4組しか
シェフの元を訪れることができないという。

そんな至極に繊細なシェフの
心を射抜いた映画監督は
世界的にもその奇才で著名な方。

だけれども
とってもフランクで、
「それはそれは
映画を作った甲斐があるというものです。
ぜひともお会いしないとなりませんね」

と、二つ返事で
シェフとのご対面に
OKをしてくださいました。

シェフの魂心の料理をいただきながら
語らいあう3時間半。

人生って
なんだか妙味だらけなのだなぁと
しみじみ感じながら
お二人をご対面の光景を
まるで映画を観るように
目を細めながら
見守っておりました。
https://www.facebook.com/100002262314967/posts/4583432881742077


人生の妙味。

当たり前のことなんて
本当はひとつもなく。

人生谷あり山あり。

谷と山ばっかりだよ、
と思っていたら

突然、
幸運の矢に
心を射抜かれることがある。

今日は
そんなお話を
一緒に思考して参りましょう。
━━━━━━━━━
◆◇不安のお金◇◆
━━━━━━━━━
お金のこと

健康のこと

人間関係のこと

私たちの人生で
「3大幸せ要素」と言われる一方で
「3大不安要素」とも言われる
これらの3つのこと。

弊所には
多くの方が
これらの不安のいずれかを
抱えてご相談にいらっしゃいます。

不安を払拭するために
経済的に自立した
より安定した暮らしを
手に入れたい。

と、主に
「経済的基盤」を整えるべく
その手段として
起業や人生のお金を整える
お話をさせていただくことが多くある中、
私が必ずご相談者にお聞きすることがあります。

それは

今の不安な気持ちは
経済的基盤が手に入ったら
どうなりますか?

ということ。

お金さえあれば、
老後は安心でしょうか

お金さえあれば
有事があっても大丈夫でしょうか

お金さえあれば
自由になれるのでしょうか

それぞれ皆さん答えは違えど、
これらの質問に言葉を詰まらせて
自問自答される方がほとんどなのは
言うまでもありません。

もちろん、
お金で解決しようとする
その気持ちもよくわかります。
━━━━━━━━━
◆◇準備のお金◇◆
━━━━━━━━━
私たち人間は
不確実なものに対して
不安を感じる脳の癖を持っています。

どんなに準備をしたって
将来が不確実な以上
心底の安心は手に入らない。

もちろん、
だから準備をしなくていい

というのではなくて

不必要に
心配の種を追求することはせずに
ここまでの準備はする、

けれども
その先は対処しようとしてもしょうがない、
と決めて、

あとの時間は
自身の幸せの時間を
追求する。

だって、
どんなに準備をしたって
将来が不確実な以上
心底の絶対安心は手に入らない
のですし

もしかしたら、
幸運の矢に
突如として
心を射抜かれるかもしれないのですから。

ですから、
弊所のご相談者とは
「準備はここまで」と明確にすることから
まずは始めていきます。
━━━━━━━━━
◆◇FUAN
ゴーストバスターズ◇◆
━━━━━━━━━
どこまで準備するのがいいかわからない

という方は
まずは
ご自身の「不安」を
書き出すことから始めてみましょう。

お金の不安に限ってみてもいいですし
人生の不安を全て書き出してもOKです。

数もいくつでも構いません。

10個でも100個でも、
ありったけの不安をアウトプットする。

これをするだけで
自分の不安の癖や
偽物の不安などが
浮き彫りになってくる。

「よくよく考えるとこれって不安ではないな」
というものは「不安おばけ」と命名して
不安リストから除いていきましょう。

そうして
最後に残ったもの達をじっくりと眺めてみる。

「本物の不安」が見えてくることで

自然と
「どこまで準備するか」
の光景も見えてくること請け合いです。


◎松田眞理公認会計士事務所WEBサイト
(経営はアートである)
http://matsudamari.com/

◎Facebookアカウント
https://www.facebook.com/mari.matsuda.94
(友達申請にはメッセージをお願いします)


【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

松田眞理公認会計士事務所代表
https://matsudamari.com/

これまでの間、公認会計士として、多くの経営者と様々な経営スタイルに出会ってきました。

人生を輝かせるには、まずは自分を知ること、信じること。真の成功者は、「人」の人生を輝かせる、その術を知っています。本来の自信の魅力や才能、本心を知り、そして、自身独自のリソースをアート思考で識別することで、目指すスタイルや新しい光景を手にする経営者たちに伴走してきました。

記事一覧

2022年1月24日

書き換える、お金〜美しいお金の物語〜 from 松田まりNew!!

2022年1月23日

美を創る発達。発達すると美しくなる from梅田幸子New!!

2022年1月17日

そだてる、お金。〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2022年1月10日

観る音、観る人、観るお金〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2022年1月3日

安定のお金 2022〜美しいお金の物語〜from 松田まり

◆投稿一覧はこちらから