おはようございます。

松田まりです。

先日、
京絞り染めの大家の方に
日本の草木染めを根拠とする
日本の伝統色について
インタビューする機会を頂戴いたしました。
https://www.facebook.com/100002262314967/posts/4521963651222334/?d=n

多くの繊細な工程を経て、
微細に色を重ねていく
草木染めの技法は
日本独特の
丹念の技巧。

色を
丁寧に
少しずつ
少しずつ、と
重ねていく過程で

突如として
「え?」
と色が想像を超えて
豹変する瞬間があるのだそう。

いい塩梅の手加減を
追い求めていくことは
それ自体が
心を新たとする
修行の工程であり
日本ならではの美徳に通ずるものなのだそう。

「国土豊かな自然により育まれた
  日本人の微細な色彩感覚」

四季折々に
自然と融合してきた日本だからこその
色彩感覚。

私たちの日常の暮らしの中に
その叡智を
ぜひとも
取り入れていきたいものです。


色の感覚を
日常の暮らしで意識する。

今日は、
彩深く、

お金の色のお話を一緒に
思考して参りましょう。
━━━━━━━━━━━━━
◆◇わたしにとって、お金◇◆
━━━━━━━━━━━━━
5年ほど前のこと。

断捨離の生みの親である
やましたひでこさんが

初の
お金の断捨離セミナーを開催するとのことで
勇み足で参加をさせていただいた時のこと。

(ひでこさんに面が割れている私。。。
お金の専門家がいらしたわ〜と
フレンドリーに
お声がけいただく場面も。。。)

セミナーの中に
こんなワークがありました。

「あなたにとってのお金とは」

お金について
思いつくものをできるだけたくさん
書き出してください、というもの。

ワーク時間は3分ほどだったと思います。

まわりの参加者はすぐにペンが止まってしまっている方が多くいらっしゃる中、

私は、
待ってました、とばかりの勢いで
時間いっぱいに、
こんなことを書き出しました。

【お金とは】
・友達
・金色
・軽やか
・かわいい
・さみしがりや
・やさしい
・時々家出する
・貯まることもある
・働きもの
・流れる
・やさしい場所が好き
・いやされる人が好き
・心強い
・公平に扱ってくれる
・力をつけてくれる
・人生のテーマ
・気付きを与えてくれる
・ビジネスのテーマ
・人生を楽に軽くしてくれる
・交換を簡単にしてくれる
・一度会ったら覚えてくれる存在
・自分の成果をわかりやすく表現してくれる
・社会に還元する目標になる
・時々けんかをしてしまう
・ありがとうの違う表現
・自分からはあまり主張しない

(このワーク、ぜひとも
みなさんトライしてみてくださいね)

中には
「時々けんかをしてしまう」
など
少しネガティブに思えるものもありますが、

概ね私にとって
お金とは
いいことづくしの関係であることが
このワークを通して見えてきました。
━━━━━━━━━━━━
◆◇毎日異なるお金の色◇◆
━━━━━━━━━━━━
私なりに
このワーク結果を分析していくと

「視覚情報を使ってお金をする傾向」
が見えてきました。

視覚で情報を手に入れることが
優先されるので

お金の細かなデザインを眺めるのも
私にとっては日常的によくあることです。

お金の美しいデザインは
私にとっての「お金のいいこと」
に分類されます。

そして
お金の色を感じるのも
私にとっての「お金のいいこと」

朝起きてすぐ、
その日のお金の色をパッと思い浮かべる。

占いのように
今日のお金の色をイメージして
色の情報を上手に活用しています。

【お金さんと色の関係】
黄色:入ってくるものも出ていくものも多い。
黒色:無駄遣いを減らして堅実にお金を守る。
茶色:計画的にお金を使える力がつく。貯金向き。
金色:幸せなお金が集まる。スムーズなお金の使い方ができる。
緑色:出ていったお金が社会を循環して戻ってくる。
赤色:素敵な交友関係が広がる。出費が多くなる。
青色:節約できる。出費の気持ちが抑えられる。
桃色:幸せの人間関係をつくり、夢や目標を実現するお金が育つ。
紫色:ステージが上がっていく。無駄遣いを抑える。
白色:クリアなお金を育てる力がつく。
ベージュ:お金を平和に貯めて護ってくれる。

こうして
お金とのいい関係を
色に込めてみる。

皆さんの
「お金のいいこと」
はどんなことでしょう。

色々な角度から
様々な入り口から

「お金のいいこと」を
見つける楽しみを感じてみてくださいね。


◎松田眞理公認会計士事務所WEBサイト
(経営はアートである)
http://matsudamari.com/

◎Facebookアカウント
https://www.facebook.com/mari.matsuda.94
(友達申請にはメッセージをお願いします)


【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

松田眞理公認会計士事務所代表
https://matsudamari.com/

これまでの間、公認会計士として、多くの経営者と様々な経営スタイルに出会ってきました。

人生を輝かせるには、まずは自分を知ること、信じること。真の成功者は、「人」の人生を輝かせる、その術を知っています。本来の自信の魅力や才能、本心を知り、そして、自身独自のリソースをアート思考で識別することで、目指すスタイルや新しい光景を手にする経営者たちに伴走してきました。

記事一覧

2021年12月6日

FUANのお金〜美しいお金の物語〜from 松田まりNew!!

2021年11月29日

集まる、お金〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2021年11月15日

真摯とお金〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2021年11月8日

未来のお金〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2021年10月25日

「よい」お金〜美しいお金の物語〜from 松田まり

◆投稿一覧はこちらから