おはようございます。

松田まりです。

本日は、私ごとから失礼いたします。

在籍しております、京都にある藝術大学院修士課程にて

近い将来にやってくると想定されている、
「多くの方が100歳以上を生きる社会」を
「いかに幸せに機能させるか」

そして
「そのための社会デザインを
どのように設定するべきか」を

私たちの研究チームで調査しております。

現在、
今までに退職をご経験されたことのある
50代以上の方に向けて
このようなアンケートを行なっておりまして

もしよろしければ
ご回答のお時間をいただけますと幸いです。

【退職をご経験されたことのある50代以上の方へ。
「多くの方が100歳以上を生きる社会デザイン」アンケート】

このアンケートでは、皆様が実際に過ごされている退職後の暮らしやお気持ちに関する質問をいたします。どうぞ、ご無理のない範囲でお気軽にお答えください。

ご回答時間は3分ほどです。

皆様から、さらに多くの方々へのシェアや拡散、大歓迎です!

どうぞ宜しくお願い致します

人生100年時代の定年後、早期退職後の生き方についてのアンケート

アンケートにご協力いただきまして誠に有り難うございます。 私たちは大学院において、近い将来にやってくると想定されている、「多くの方が100歳以上を生きる社会」を「…


100年時代を見据える。

確固たるものを手に入れるには
一体私たちは
何に重きをおき、
何を準備をしていくのか。

新しい当たり前を
自分ごととしていくこと。

お金と経済について
自分の中で抽象化していくこと。

今日は、
ちょっとふわっと
そんなイメージのお話を一緒に
思考して参りましょう。
━━━━━━━━━━━
◆◇長い気、太い気、短い気◇◆
━━━━━━━━━━━
先日、ある商品サイトで
真冬のworkout用に
ベンチコートをオーダーしました。

10月25日に発送しました、
とメールで連絡が来たものの

待てども暮らせども
商品は到着せず。

かなり気の長いわたしですが、

さすがに、遅すぎやしませぬか?

と、11月3日にオーダ先に問い合わせたところ
発送した宅配便業者の情報を教えてくださいました。

まぁ、
発送しているのなら、そのうち届くでしょう、

と、
またまた
そのまま
ノンリアクションでいたところ

待てども暮らせども
商品は到着せず。

さすがに、これは遅すぎる。。。
━━━━━━━━
◆◇コートは
どこへ消えた?◇◆
━━━━━━━━━━
宅配の方が商品を
宅配BOXに入れたものの、
不在票をポストに入れ忘れた、
などのミスかなぁと

ここではじめて
宅配便業者に
問い合わせをしてみました。

すると、
10月27日に、
我が家に配達済みであると、

しかも、
こちらがインターフォンで対応して
玄関先に置いておいてくださいとお伝えし、
そのように対応したとの記録がある
との回答でした。

ですが、
その日、
玄関先でピックアップした荷物の中には
お目当てのものはなく。。。
━━━━━━━━━━━
◆◇リアル魔女の宅急便◇◆
━━━━━━━━━━━
はてさて、
困りました。

私の指示で
玄関先に置き配していただいた時点で、
荷受人である私に所有権は移る。。。

そう思いつつも、
なにか救済システムなどあったりするかも
と、念のため、宅配業者に状況の連絡をしてみました。

まぁ、当然、
救済システムはなく。

それでも、なんとか、
さらなる調査をしてくれようと
あれこれ働きかけてくださる
宅配業者のお客様センターのご対応に
私はすっかりと感心し
心打たれてしまいました。
━━━━━━━━
◆◇
一見、悪いこと
二見、よいこと ◇◆
━━━━━━━━━━━
宅配くださった方は、
責任を感じられたのか
一目散に
我が家まで説明しに来てくださいました。

その説明の内容に
「あぁ、この方は
こんな風な気持ちと共に

各家庭へ
荷物を届けているんだなぁ」と。

たくさんの誠意と真心を持って、
とても真摯に対応してくださる
その姿勢で、私には、もう十分でした。

マンション内で
どこかに雲隠れしてしまった
私のベンチコート。

決して安くはないものではありましたが、
私の中では、
もっとvaluable な何かを手に入れた、
そんな一連の出来事。

ハートウォーミング効果。

ベンチコートなしでも
この冬はポカポカに過ごすことができそうな
そんな予感がしております。


◎松田眞理公認会計士事務所WEBサイト
(経営はアートである)
http://matsudamari.com/

◎Facebookアカウント
https://www.facebook.com/mari.matsuda.94
(友達申請にはメッセージをお願いします)


【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?