おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】について

発信しています。

理学療法士の高野です。

若い人の視点って、

たまにハッとすることが多いですよね。

僕は5年位前から

所属している医療法人の

採用面接や作文の採点を

担当していますが、

今年の作文テーマは

『新型コロナ禍による変化の中で

あなたが気づいたこと/考えたことは何ですか?』

でした。

受験者は20歳代前半の視点で

様々書いてくれました。

「人と会って話すことって大切だと気づいた」

「言語外のコミュニケーションの重要性に気づいた」

などなどです。

その中の一人の文章が良かった。

僕はそれを読んで、

「この子の視点いいなぁ」

と、偉そうに思ったのです。

そこには。

コロナ禍の変化の中で、

『人の生活に対する

自分自身の視野が広がったと感じます』

と書いてあったのです。

多くの人が自粛で、

制約が増えて、

不便で、

大変で、

そう考えるのに。

その子の文章は、

制約の中でもそれに対応して生きる

人々の生活のしなやかさに

目を向けているのです。

制約をどんなふうに捉えるか。

今回はそんなお話。

━━━━━━━━━━━

◆◇重力と歩行◇◆

━━━━━━━━━━━

『何かをしたい!』

あなたがそう思い立ったとき。

それを阻むものがありますよね。

お金

時間

距離

環境

恐怖感

コロナ

・・・・・・。

【制約】

なんつって呼ばれます。

『人の動き』を学んでいると、

地球に暮らす私たちの

一番の制約は

何と言っても

重力であると気がつきます。

重力とは:

地球上の物体を地球に引きつけようとする力のこと

この重力があるおかげで

どんなに高く飛ぼうとも

必ず地面に落ちますし、

重いものを持ったら

すごく重く感じます。

これは地球で暮らしている誰にでもある

平等な制約となります。

時間と同じですね。

誰でもおんなじ。

逃れられない。

日常ではほとんど

気が付かない

この重力という制約。

邪魔だからっていって

もしなくなったらどうなるか?

自由になるのけ?

やりたいようにやれるのけ?

実際にはそんなことはないようです。

人は歩く時

重力を上手に活かして

省エネルギーで移動する術を身につけました。

むしろ、重力がないと私たちの直立2足歩行は

成り立たないのです。

イメージしてください、

月面歩行の映像を。

(マイケルのムーンウォークではないですよ)

ぴょんぴょんと跳ねるように歩いてますよね。

あれは

『わ~い。月だ、月だぁ!!』って

ルンルン・ウキウキで歩いている訳ではなく、

月面では重力が地球の1/6なので

うまく重力を活用できなくて

あのような歩き方しかできなくなっているのですね。

重力があればこそ、

私たちの歩行は成り立っているのです。

 ━━━━━━━━━━━
◆◇ 制約があればこそ ◇◆
━━━━━━━━━━━

このような視点に立つと

今ある制約って

【それがあればこそ成り立っている】

っていう考え方もできます。

年配の患者さんと話をすると

よく出てくる話題は

『子どもが小さい頃、手間がかかって

早く大人になれって思っていたけれど、

今になってみると、とても良い時だったなあ』

こんなお話しです。

昔は、自分の時間を奪われる。

まさしく制約に思えた子どもたちも、

彼ら、彼女らが巣立っていった後に

子どもたちのおかげで

親としての人生を生きることができた。

そう、気が付くことがあるということです。

こんな視点で見てみると

あなたが今抱える制約に対して

新しい発見があるかもしれません。

あなたの今日に、明日に

少しでも役立てたら、幸いです。

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜

高野義隆 ブログ

【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】

http://ameblo.jp/koharu5088

病院で様々な患者さんとリハビリを行う中で。
『触れること』の凄さを何度も経験しました。
身体に『触れること』は,身体への気づきを生み出すだけではなく,他者への信頼や安心感を生み出すオキシトシンを分泌させます。
『触れる』を通じて,身体と心のケアサポートを行っています。

記事一覧

2021年10月9日

『感覚をひらくマッサージ。』From 高野義隆

2021年9月9日

『こんな時だから新しいチャレンジを。~風船の法則~』From高野義隆

2021年8月11日

『私、ヘルニアだから。』From高野義隆

2021年7月7日

『あなたを緩める方程式。【触れる×意識】』From高野義隆

2021年6月10日

『あなたの肘に触れると、わかること。』From高野義隆