おはようございます。

松田まりです。

先日、弊所にて
こちらの映画のお手伝いをさせていただきました。
https://bitters.co.jp/POTG/


園子温監督ハリウッドデビュー作
『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』
主演:ニコラス・ケイジ  ソフィア・ブテラ
サンダンス映画祭Premieres部門作品


とにかく美しい映像展開の連続。

ファンタジックな色彩と

なんといっても
園子温監督の
ポエティックで
夢うつつな
独特の世界観。

アクション映画と思いきや
余韻が
私たちの中で育っていく。

海外映画祭でも
超絶に
大絶賛だったようです。
https://www.youtube.com/watch?v=1I6p1yxZ_LE

9月17日
アメリカでの公開を皮切りに

日本でのロードショーは
10月8日に全国公開です。


『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』
映画ポスターやチラシを
ジーッと見ていただくと
弊所の名前がこっそりと。
https://bitters.co.jp/POTG/

「ウォーリーを探せ」のように、
弊所の名前を探索する。

もし宜しければ、
そのような楽しみ方も、
ぜひに堪能されてみてくださいね。


お金の世界も
ポエティックに彩り深く。

何を美しいとするのか
そこにあるものは
言わずもがな。

今日はそんなことを
一緒に思考して参りましょう。
━━━━━━━━━━━━
◆◇付き合ってくれるお金◇◆
━━━━━━━━━━━━
現代社会において、
お金は
日常のハードウェアの1部。

お金とのつきあい方は、
色々な意味で
私たちの人生が
「どう見えるか」を決定します。

それにもかかわらず
私たちの多くは
もっとお金が欲しいと願う一方で
なぜか
お金が少し
困ってしまうような
つきあい方をしている。
━━━━━━━━━━━━
◆◇もし。いかに。◇◆
━━━━━━━━━━━━
もし、
お金が人格を持っていて、
あなたの前に現れたなら

あなたは彼らと
どのように向き合い
どのように会話をし
どのように触れ合い
どのように喜怒哀楽を共にするのか。

彼らと、
いかにつきあい
その美しさを存分に引き出すのか。

あなたと彼らの
人生の物語を辿ってみると

そこには実しやか。

あなたの人生の縮図が
こっそりと隠されている。
━━━━━━━━━━━━
◆◇賢者。贈ること。◇◆
━━━━━━━━━━━━
彼らとの関係を考えるときに
私がいつも思い出す物語があります。

O・ヘンリーの『賢者の贈り物』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(以下、物語抜粋)

アメリカにヤングという
若い夫婦がいました。

夫の名はジム、妻の名はデラ。

ジムは貧しいサラリーマンでした。

今年は特別に景気が悪く、
2人はいつもより
厳しいクリスマスを
迎えなければなりませんでした。

それでもデラは、クリスマスイブを
なんとか楽しく過ごしたいと

愛する夫のために
何かすばらしいプレゼントを
買いたいと考えました。

手元にあるのは1ドル87セント。

これでは何も買えません。
デラの目から涙がこぼれました。

しかし、
鏡の前でお化粧を直していたとき、
デラはすばらしいことを思いつきました。

彼女には膝の下までとどく
美しい髪の毛があったのです。

すぐにその長い髪の毛は
ある品物にかわっていました。

それは、ジムが大切にしている
金の懐中時計に付ける
「プラチナの鎖」でした。

一方、
ジムも愛する妻・デラのために
何かすばらしいプレゼントをしようと
考えていました。

でもお金がありません。

ジムは、祖父と父から受け継いだ
大切な金の懐中時計を質に入れ、

デラが欲しがっていた
「鼈甲の櫛」を買いました。

クリスマスイブの夜
デラは、ジムにプレゼントする
「プラチナの時計鎖」を用意し、
ジムの帰りを待っていました。

ジムはいつもの時間に
アパートに帰ってきました。

しかし、扉を開いたジムは、
デラの姿を見て立ち尽くします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジムが金時計を売って、
デラの髪に飾ろうとした「鼈甲の櫛」。

デラが自分の髪を売って買った
「プラチナの鎖」。

どちらも必要がなくなってしまいました。

しかし、彼らは
お互いの心を受け取りました。

愛する者を喜ばせようとした、
その「思いやりの心」を
互いに受け取ったのです。

彼らはその二つのプレゼントを
机の引き出しにそっとしまいました。
━━━━━━━━━━━━
◆◇TOUKA交換◇◆
━━━━━━━━━━━━
本来のお金の役割は
等価交換をすることにあります。

経済的均衡のひとつの側面
「受け取る」ことと
もうひとつの側面
「与える」こと。

経済的に考えると、

この
「受け取る」と「与える」が均衡する
等価交換の状態が望ましい。

デラの髪の毛と同じ価値のもの
ジムの懐中時計と同じ価値のもの

デラが手に入れたプラチナの鎖
ジムが手に入れた鼈甲の櫛

互いの心

数字では計れないその価値を
お金で表現するとなると

そこではお金の美しさが
より一層必要になってくる。

お金を
いかに美しく扱うのか。

そして、
お金に
いかに美しく振舞ってもらうのか。

人生って
もしかすると
その
連続。


【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?
━━━━━━━━━━━━━
◎松田眞理公認会計士事務所WEBサイト
(経営はアートである)
http://matsudamari.com/

◎Facebookアカウント
https://www.facebook.com/mari.matsuda.94
(友達申請にはメッセージをお願いします)

松田眞理公認会計士事務所代表
https://matsudamari.com/

これまでの間、公認会計士として、多くの経営者と様々な経営スタイルに出会ってきました。

人生を輝かせるには、まずは自分を知ること、信じること。真の成功者は、「人」の人生を輝かせる、その術を知っています。本来の自信の魅力や才能、本心を知り、そして、自身独自のリソースをアート思考で識別することで、目指すスタイルや新しい光景を手にする経営者たちに伴走してきました。

アメブロ:http://ameblo.jp/mmshan223

記事一覧

2021年9月20日

KOWAIお金〜美しいお金の物語〜 From 松田まりNew!!

2021年9月6日

みえる、お金〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2021年8月23日

お金感情〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2021年8月16日

湧き出る時〜美しいお金の物語〜from 松田まり

2021年8月9日

お金の夏〜美しいお金の物語〜from 松田まり

◆投稿一覧はこちらから