おはようございます^^

痛みの背景を徹底聴取!!
痛みのミカタ・痛みの弁護人
カイロプラクターのほだっちです。

慢性痛や原因不明の心身のトラブルで
お困りの方は、お気軽にご相談ください。
東京ドームの目の前
文京区本郷(水道橋)で痛みの声を聴いています♪
(@ナチュケアケア水道橋外来センター)
https://www.naturalcare-suidobashi.com/

朝倉穂高個人公式ページはこちらhttps://www.asakurahodaka.net/

2021年は「痛みの背景」をテーマに
筋肉や体から、痛みの声なき声を
物語にしてお届けしようと思います。
著書「腰痛が人生を好転させる」にも
腰痛、慢性痛から脱却するための
エッセンスが詰まっています。


常識を見直し、自反尽己することで
あなたの人生は大きく変わります!!
出版社: パンダ・パブリッシング
ご購入はAmazonから紙書籍と電子書籍が可能です。https://goo.gl/xdj7pb

朝倉穂高監修著書「心のブレー菌」
~どうしていいかわからない悩みを抱えたあなたへ贈る~
児童小説ファンタジー。
読むだけで自然に心のブレーキが外れちゃいます♪
ご購入はAmazonから紙書籍と電子書籍が可能です。
(kindle版) https://qr.paps.jp/Is3Ue
(ペーパーバック版) https://qr.paps.jp/ShivJ


読書療法のすすめ♪を新設いたしました。
あわせてご覧ください。
https://qr.paps.jp/1MGKN

さて、いつもの二十四節気。
4日後の8月7日が「※立秋」です。
立秋 (りっしゅう) 8/8頃
七月節 八節
太陽視黄経 135 度
初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
この日から立冬の前日までが秋。
一年で一番暑い頃であるが
一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり。
暑中見舞いはこの前日までこの日以降は残暑見舞い。
引用元:暦のページより
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2021/rekiyou212.html


昨日より、東京都以外にも
埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県
に緊急事態宣言が発令されましたね。
いい加減、慣れも生じてしまい
私自身もこの発令事態には
何も感じなくなってしまいましたが、
だからといって感染対策を怠って
いいわけではありませんので、
これまで同様、しっかりと感染対策を
一人一人が行っていくしかありませんね。

気分がモヤモヤ・痛みでお悩みの方は
オンラインカウンセリングでも
リアル治療院でもご相談、ご紹介
よろしくお願いいたします<m(__)m>
★オンラインカウンセリング
https://peraichi.com/landing_pages/view/asakurahodaka

★治療院「ナチュラルケア水道橋外来センター」https://airrsv.net/naturalcare/calendar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇mRNA開発者秘話◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつもなら、痛民事訴訟のお話ですが、
今日は夏休み版として、
最近、感染状況も拡大しているなか
ワクチン接種についての朝倉自身の意見を
お話しようかなと思います。

お申込み人数が、なんと
6000名を超えたMMA
「未来患者学・ザ・ファイナル」
に先駆けて、パネリストの先生方も
様々なお考えのもと情報を発信して
くださっております。

ワクチン接種に関して
賛否ある中で、
自分の意見をしっかりと持ち
自分で決断する。


これは、何も今回のワクチンに
関わらず、日常生活における
日々の選択でも同じことが言えます。

私は、病気の本質の一つに
「自分で自分の意見を決定できないこと」
が原因であると思っています。

それはどういうことかと言いますと
自分の意見が自分に決定権が
ないとしたらどうでしょうか?


いつも、自分以外の何かによって
自分の行動を決められてしまう訳です。
そなの嫌ですよね?

子供がいつも親の意見に押し付けられて
いるようなものです。
そうすると、当然反発したくなります。
こうしてぶつかり合い衝突した結果、
親子関係が崩れていきます。

では、私たちの日常はどうでしょうか?
「はい、なかなか自分で自分の意見に
対して決めることができません。」
って方もいれば、

「いやいや、そんなの自分のことは
自分でいつも決めているに決まってる
じゃないですか!! !」
という方もいるでしょう。

でも、後者の自分で決めている
と思っている人でさえ、案外知らず知らずの
うちに外部からの影響を受けていることが
多々あります。

例えば、自分が信頼している人からの意見
やテレビやインターネットにあふれる情報、
そして、メディアによる広告戦略なとです。



この話をしだすと、今日のメルマガのテーマから
逸脱しますので、ここまでにしますが、
自分は自分の考えによって意見を
決めているようにみえて、
案外、知らず知らずに外部情報によって
自分であたかも決定したかのような
錯覚によって、決定行動をとっているかも
しれません。

それが、続けば潜在意識化では
抑圧された感情がストレスとなり
病気として表現されることがあると
私は考えています。

では、ワクチンに関する私の決定打を
参考までにお話したいと思います。

結論から言いますと私は接種します。

今月中に予約も取れましたので
社会的接種の意味が大きいですが
受けてこようと思います。

最初は、私もワクチンを接種する
予定はありませんでした。

様々な情報を自分なりに精査して
現時点で打つことに対して
デメリットはなく、打ってもよいのですが、
現時点までの成果ではなく
5~10年後の未来予測に関しては
残念ながら誰にも答えがないからです。

ですから、しばらくは様子見でいようと
思っていました。

しかし、今年の2月にある記事を目にしたとき
私は、ワクチンを接種できる機会が訪れたら
打とうと心に決めました。

それは、
「史上最速のワクチン実⽤化
⽣みの親が語るmRNA技術の未来」
という記事に登場する
新型コロナウイルスワクチン開発の⽴役者である
2⼈の研究者、カタリン・カリコ准教授
とドリュー・ワイズマン教授の話を知ったからです。

この二人は、すでに20年以上前から
このmRNAの研究に従事されています。

たった数か月で誕生した疑惑の
ワクチンというイメージがありますが
既に多くの困難を乗り越えて
研究され続けてきた長い歴史があります。

この記事には、そうし歴史や経緯
について語られており、現在ネット上で
いろいろ批判されている問題も
その一部の抜粋にすぎないことがわかりました。

そして、この記事の中でワイズマン教授が
下記のように語られておりました。
==一部引用==
I later asked Weissman,
who has been a physician and
working scientist since1987,
what he was thinking in that moment.
“I always wanted to develop something
that helpspeople,” he told me.
“When they stuck that needle in my arm,
I said, ‘I think I’ve finally doneit.’”
(原文)
1987年から医師および現役の科学者として
活躍してきたワイズマン教授は次のように答えた。
「私は常に、⼈の助けになるものを開発したいと
思っていました。腕に注射針が刺さった時、
私は『⻑年の夢がついに叶ったようです』と⾔いました」。
(翻訳)==引用ここまで==


この一文に研究者としての
すべての真実と情熱があると
私は感じ取ることができました。

これが、私が接種を決めた一番の理由です。

以前、自然治癒力学校の
担当講座の中でも下記のようなことを
お伝えしたことがあります。

『自然療法をよしとする人の多くは
薬は絶対NGという人が多いのですが、
薬もメリットとデメリットを考え
メリットが上回るときは迷わず
薬に頼ることも必要です』と。

『そして、薬を使用すると決めたのなら
その薬に感謝して服用することが
一番の効力を発揮するでしょう』と。

『嫌々薬を飲み、
副作用だの、体に毒だと言いながら
飲んだのでは、その通りなってしまいます。』

それよりも、ワイズマン教授のように
どんな薬でも人の役に立ちたい
ある病気で苦しんでいる人を救いたい
という想いで、日々開発をされてきた
最初の研究者が必ずいるということ
思い出してください。

彼らの想いを感じながら服用した
薬は、科学を超えて良き反応を
示すと私は思います。

今回のワクチンにも
さまざま噂や陰謀論とか
ありますが、それはその薬を
利用する人や組織の問題であって
本来の開発者の想いを私は
大事にしたいと常々思っております。


今回の参照記事のリンク
(ただし、有料記事です。全文を読みたい方は登録してください)
英語サイト原文
https://www.technologyreview.com/2021/02/05/1017366/messenger-rna-vaccines-covid-hiv/
日本語翻訳サイト
https://www.technologyreview.jp/s/239784/the-next-act-for-messenger-rna-could-be-bigger-than-covid-vaccines/

以上、何かの参考にしていただけたら幸いです。

+++   付 録   +++
■慢性痛・ギックリ腰・腰痛でお困りの方へ
直接、ご相談されたい場合は
オンラインカウンセリングからお申込みください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/asakurahodaka

または治療院「ナチュラルケア水道橋外来センター」
までご予約ください。
https://airrsv.net/naturalcare/calendar
+++  +++  +++

━━━━━━━━━━━━━━
From ほだっち(朝倉穂高)

WHO国際基準カイロプラクター。
臨床では、どこへ行ってもよくならない痛みを解決するのが得意です。 慢性痛に潜む背景を丁寧に紐解きます。痛みは、あなたが本当に大切にしている価値観に気づくためのメッセンジャーです。「背骨から運命を創りだす」をコンセプトに、あなたのお悩みに寄り添います。

記事一覧

2022年8月2日

あなたは体の声を聴いていますか?(朝倉穂高)New!!

2022年7月5日

1秒も休むこともなく、死ぬまで働きますか!?(朝倉穂高)

2022年6月7日

病気をつくる3つの原因(朝倉穂高)

2022年5月3日

自然の中の「病気」の捉え方(朝倉穂高)

2022年4月5日

セルフケアでいい状態を長持ちさせる方法って?(朝倉穂高)

2022年3月8日

ウキウキの春は痛みを和らげる?(朝倉穂高)

2022年2月8日

大失恋と痛みの関係性(朝倉穂高)

2022年1月4日

初詣が心身の健康と成功のガキ!(朝倉穂高)

2021年12月7日

夢の裏側にある感情 from ほだっち(朝倉穂高)

2021年11月2日

あなたはもう十分に頑張っていますよ from ほだっち(朝倉穂高)

◆投稿一覧はこちらから

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
1、15日はおのころ心平が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。