「人を許すことは、自分を癒すこと」 from ゆっこ

胸をひらいて、ココロをひらく、
「女神のデコルテ」柏崎ゆきこです。
今日は、ご了解いただいたので、
Aさんのお話しをシェアいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ お母さんが大嫌い! ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Aさんは50代の女性です。
Aさんの人生は、とてもドラマティックです。
話し出すと長いので
ポイントだけお話ししますね。
お母さんはフルタイムの仕事をしていて、
家事は嫌い。
いつも家の中が乱雑だったそうです。
そして、絶えず浮気をしていたそうです。
Aさんは、そんなお母さんが大嫌いでした。
そして、お父さんは
妻の浮気を知っていながら
知らないふりをしていたそうで、
Aさんは子供ながらに
「頼りないなぁ」と思っていたそうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 嫌っている人とソックリになる ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そんな環境で育ったので
彼女は、平凡で幸せな奥さんになりたいと
強く願うような女性に成長しました。
お家の中を可愛く飾り
清潔に整え、
和気あいあいとした家庭を築き、
穏やかに、幸せに生きたい。
しかし、彼女の歩んだ道は真逆の人生でした。
結婚した相手がDV夫で
暴力をふるわれる。
離婚後に再婚しても、
さらなるDV夫で、
肝炎まで感染させられました。
そのせいで、
今でも病院通いを続けています。
さらに離婚し、
その後にお付き合いする男性は、
頼りがいのない男性ばかりだったそうで、
満足できず、
複数の男性とお付き合いすることもあったそうです。
Aさんは気づいていませんでしたが、
大嫌いなお母さんと同じような
生活にはまり込んでいました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 人を許すことは、自分を癒すこと ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
彼女から肝炎の相談を受けるようになって、
ココロとカラダのつながりをお伝えしたり、
怒りを解放するワークに
取り組んでもらったところ、
肝臓機能を示す数値が
ドンドンと低下してきました。
インターフェロンが効かず、
治療法はもう瀉血
(血液を抜き取り捨てる療法)
しか無いと言われ、
月に2度行っていたものが、
1回へと減り、
昨年10月には、ほぼ正常値にまで下がったとの
歓びの報告がありました。
***
そして昨日、
彼女と一緒にトリニティーの
「ココロの傷を癒すには、
相手を癒す」ワークを行いました。
ワークを始めようとすると彼女は、
「なんで自分を傷つけた相手まで、
癒さなくっちゃいけないの?
 傷つけられたのは、私なのに! 」
とご不満な様子でしたので、
次のようにご説明しました。
ココロが傷ついている状態とは、
自分のエネルギーが、
「傷を与えた、特定の相手」
と結びついたまま「痛みパターン」として
ブロックされている状態のこと。
そして、
結ばれたままの「痛みパターン」から、
自分のエネルギーがたえず
相手へと流れ出しているせいで、
慢性的なエネルギー不足におちいり、
「自分ではどうしようもない」
というような、
無気力な状態になってしまうこと。
***
この「痛みパターン」のブロックを
解放するということは、
自分と相手のココロの結びつきを解き
エネルギーのだだ漏れ止め、
本来の自分のすべてのエネルギーを
全部、自分のために使えるようになる、
ということです。
そんな話しをしても、
半分納得しけども、半分は納得できない。
という感じでしたが、
取りあえず一緒にワークをすることにしました。
***
「ココロの傷を癒すには」ワークをしていたら
ふと、彼女が
「人を許すことは、 自分を癒すこと・・・ 」
とつぶやきました。
「人を許すから、自分も癒される・・・
考えて分かったんじゃないの。
ふと、ココロに浮かんだの。
胸が軽くなって、
カラダがあたたかくなった! 」
そうお話しする彼女のお顔を観ましたら、
今まで観たことのないような
優しいお顔になっていました。
無邪気で幼い子供のようにも観えます。
肌もふんわり柔らかくなっているようです。
「許すことは、癒されること」
そう、確かに!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 今日の日常セラピーは、許すこと ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日ご紹介した
「ココロの傷を癒すには
相手を癒す」ワークは、
長いのでここではご紹介できません。
本編はブログの方にご紹介しておきますので、
よろしかったらやってみて下さい。
http://ameblo.jp/kannonn14/entry-12126979279.html
ということで、
今日の日常セラピーは、
目のコリをほぐすこと。
自分の見方にこだわっていると、
目も凝って、視界も狭まってしまいます。
目のコリを解して
視界を広げてゆきましょう。
まずは両手を
気持ちよくさすります。
両手が気持ちよくなってきたら、
その手のひらを
両眼に当てて下さい。
気持ちよさがジワーっと伝わってきますね。
そしたら手のひらは両目に当てたまま
余っている親指をコメカミに当てて、
軽くクルクルまわしてください。
そして、反対にもクルクル。
気持ちよくなったら、
おわり。
手を離して
ゆっくり目を開けて下さい。
ほら、世の中が
明るく、
クリアーに見えているでしょ!
人生は、愛に満ちています。
 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る