『あなたを緩める方程式。【触れる×意識】』From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】について

発信しています。

理学療法士の高野です。

コロナ自粛後の

カラダの変化に関する

12000人を対象とした調査があります。

それによると

「自粛後にカラダに痛みがでましたか?」

という質問に

30%の人が

カラダに痛みを感じたと

回答しました。

さらにその中で

【首と腰の痛み】が55.2%と最多でした。

ちなみに

「体力がなくなった」と回答した人は

38.5%だったそうです。

(JOCAコロナ自粛後の身体変化に関するアンケート調査より)

マスクをずっとしているとね。

目周囲の筋肉がこわばってしまって

なんとなく緊張した状態になりやすいです。

知らずしらずに。

自宅で過ごす時間が増えることで

遠くをぼんやりと見る時間が減っちゃって

目の周囲が緊張した状態になりやすいです。

思わぬうちに。

これ、最終的に

首や背中などの部分を

疲れさせてしまうことにつながります。

こんなときに

頼りになるのは

【触れること】×【意識の仕方】。

本日はそんなお話です。

  ━━━━━━━━━━━
◆◇ 目⇒首⇒背中 ◇◆

━━━━━━━━━━━

眼球の奥の筋肉は

首のつけねの

深いところの筋肉につながって

さらに背骨へとつながっています。

そのようなわけで

目が緊張しちゃうと

首や背中がおなじように緊張して

なんだか疲れる、

なんだかすっきりしない、

首や腰がイタイ、

このような症状を引き起こすのです。

━━━━━━━━━━━
◆◇ 目を緩める ◇◆
━━━━━━━━━━━

わたしたちの目玉は

眼窩(がんか)という

窪みにおさまっています。

目が緊張している状態とは

この窪みの一か所に

目玉がギュッと

留まっている状態なのです。

(膝を抱えて・・・)

*目を緩める【触れる×意識】ワーク*

【触れる】

目を閉じて

指の先で優しく

目の周りの窪みを

なぞってください。

結構大きな窪みを

感じることができると思います。

【意識する】

そしたら

目を閉じたまま少し上を向いて

(寝てやってもいいですね)

その窪みの中で、

目玉があっちいったりこっちいったりしながら

コロコロと動いている様子を意識します。

お椀のなかで、

スーパーボールがコロコロ。

プールのなかで

目玉のおやじがプカプカ。

こんな感じで意識します。

【アフター】

しばらくして

そっと目をあけます。

目が軽くなったり

あたたかい感じがしたらオッケー。

何度か繰り返していると

あら、不思議。

首や背中もすっきりしてきます。

簡単で効果的なワーク。

ぜひお試しを。

あなたの今日に、明日に

少しでも役立てたら、幸いです。

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る