「コロナをめぐって 」  From やわらぎ ゆきこ

おはようございます。

やわらぎゆきこ です

みなさんと一緒に 氣づきを深め、

すこやかに生きてゆきたいと願い、

毎月2回、日曜日に、

私の体験したこと、氣づいたこと、感じたことを

シェアさせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ お客さん ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が結婚してすぐのころのお話しから始めます。

今から30年以上も前のコト。

私が舅姑と一緒に暮らし始めた頃のことです。

同じ家の中に居るのが息苦しくて、

用事を作り出しては

毎日のように出歩いていました。

その「用事」の一つに

手話サークル活動がありました。

入会して1年経ったころに、

手話サークルの会長を引き受けてしまうことになりました。

その手話サークルは川崎の中でも歴史が深く、

熱意ある創立メンバーも在籍していて、

ろうあ者の役に立つことを目指して活動を続ける

真面目な会でした。

会長の任期は2年。

私は入ったばかりで会の歴史などもほとんど知らないし、

手話もよく分からなかったのに、

会長の引き受け手が居なくて、

強力にお願いされて、えぃ!!ってな感じで

引き受けてしまいました。

右も左も分からないままサークルの活動をし始めて

見えてきたモノは、

サークル内での活動を

「自分事」と考えて参加している人と、

「他人事」と考えて参加している人がが居る、

ということでした。

手話サークルは、基本的に

自分が入りたくて入るものですし、

役員も会員も代わり順番に担当しゆくモノですから、

本来の立場は皆同じハズですが、

サークル活動を「他人事」ととらえて、

自分は「お客さん」。

そのように存在している方が

いらっしゃることを知り驚きました。

そして会の運営について文句を言ってくる人は、

例外なく「お客さん」として参加している人たちでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ お客さんが動かしてくれた ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その時の私は、

「お客さん」で居ることは、つまらなくないのかなぁ?

と考えていました。

お客さんの世界は、

「やってもらう」世界。

やってもらって、それが氣に入らなかったら

文句を言って、さらに「やってもらう」生き方。

そう思っていた私は、

お客さんに良い印象を持っていませんでした。

でも今こうして、当時のことを思い出してみると、

文句を言われたのも、けっこう楽しいことだったなぁ~

と氣がつきました。

私は自分で「やる」のが好き。

自由に考えながら行動してゆくのが好き。

お客さんに文句を言われたときには

一瞬、ムカッとして

「じゃあ、自分でやったら?」と思ったけど、

私は提示されたテーマを

皆と一緒に解決してゆくことが好きで、

けっこう楽しんでいたことを思い出しました。

あの当時の私は、

「文句ばかりを言うお客さん」…

と不満に思っていましたが、

いま、思い返してみると、

彼女の文句(提示してくれたテーマ)によって

皆で話し合う機会が設けられ、

解決策が見出され、行動し、

現状が改善されていったのですから

彼女の一言は貴重な起爆剤だったのですね。

無責任なお客さんたちの文句が

私たち役員を動かしてくれたからこそ、

私たちはより良い形態に進化してゆけた。

自分で動きたい人たちと、

自分では動きたくないお客さんが

うまくバランスし機能していたのだなぁ~、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ コロナ渦において、お客さんだった ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜコンナことを書いたかと言うと、

コロナ渦において、

自分が「お客さん」だったことに氣がついたから。

***

私は15年くらい前に一度、

インフルエンザのワクチンを接種をしたことがあります。

「ゆる体操指導者」として

高齢化の進む地方自治体に派遣されて、

多くの高齢者に接していた頃のことでした。

自分がインフルエンザに罹ってはいけない。

高齢者の方々に感染させてはいけない。

そう思って、インフルエンザワクチンの接種をしたのでした。

でもそのワクチンは私には合わなかったようで、

接種した直後に、めまいや吐き気に見舞われました。

それでそれ以降、私は

インフルエンザワクチンの接種をしないと決めました。

インフルエンザワクチンを打たなくても、

旦那がインフルエンザに罹った時でも、

私は罹らなかったし、

他の人にもうつすこともなくやって来られました。

だから、私の免疫は大丈夫!

コロナも大丈夫だろう。

コロナワクチンの接種はしない。

そう決めていたのです。

もしコロナに感染しても、

それは私に必要だったということだろうから、

潔く引き受けよう。

もし私がコロナに罹っても、

まわりの皆さんはワクチンを接種しているので、

大丈夫だろう。

こんな風に都合よく考えていたのです。

言ってしまえば、気楽なお客さん、ですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 私たちは、踊らされてない? ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でも先日、私の決心が変化しました。

ワクチンをね、接種しようと決めたのです。

その変化の大きな要因となったのは、

友人たちからのメッセージでした。

それは、

「人類全体で一つになってコロナ渦を

乗り越えて進化してゆく」

というメッセージ。

そのメッセージを聞いて、

いま、この世界がどんな世界になっているのかを、

いま一度見つめ直してみました。

すると、世界は二つに割れていました。

「ワクチンを打たないと、死ぬカモ?」派と、

「ワクチンを打つと死ぬカモ?」派の

二つです。

この二つがお互いに「恐怖」を発信し合い、

せめぎ合っている世界になっていたのでした。

ワクチンを打たないと早々に決めていた私は、

コロナへの恐怖を持っていませんでしたし、

ワクチンへの恐怖も他人事でした。、

恐怖の流行に完全に乗り遅れてました、

ワ タ シ (; ・`д・´)

私の人生のテーマは「ワンネスで生きる」こと。

自分自身とワンネスになること。

地球の集合意識体として生きること。

ひとつの宇宙として生きること。

そんなことを色々と考えて、

ワクチンを打つことに決めました。

そうやって決心したら急に

ネット上の「ワクチン危ない説」が

氣にかかってきました。

一目で分かるガセネタがあり、

理路整然と説かれている陰謀論あり、

お医者さんたちの真摯なアドバイスもあります。

ネット上での色々な情報は以前から知っていましたし、

自分の免疫を信じてワクチンを打たないことへの

根拠にもなっていましたが、

ワクチン打つと決めたら、ソレは

恐怖情報へと変身してしまいました。

コロナワクチン、

きゃーーーー、コワーい !(≧∇≦)!

コロナへの恐怖を抱いている人は、

ワクチンを打たなければ、死ぬカモ…

という恐怖を与えられ、

ワクチン接種をしようとする人には、

ワクチンの副反応の恐怖にさらされる。

どっち側に居ても、

どちらからも恐怖をあおる情報に脅される。

コレって、ナンなの?

あなたは、コロナ怖い派?

それとも、ワクチン怖い派?

またしても私たちは、

恐怖に踊らされては居ませんか?

踊らされて、恐怖に駆られていないでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 打ってもイイし、打たなくてもイイ ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、人生の師匠のガユーナ・セアロ師の

オンライン講話会がありました。

その中でも参加者の質問は

コロナへの不安が多くありました。

ワクチンへ不安が多く寄せられていました。

そんな質問に答えてセアロ師は、

「ワクチンは

打ってもイイし、打たなくてもイイの。

 どっちもそんなに変わらない。」

とおっしゃっていました。

アハハハ、さすがセアロ師です。

打っても打たなくても、どちらでもイイ。

白でも黒でも、どちらでもイイ。

右でも左でも、どちらでもイイ。

善でも悪でも、どちらでもイイ。

その時々の

自分にとって正しいと思う モノやコトを選ぶ。

見える世界が変わってきたら、

選択を変えてもイイ。

ただ、それだけ。

整体師をやっている友人が、

こんなブログを紹介してくれました。

コロナ、ワクチン等々 現実化させない方法 | 黄金の金玉を知らないか? (golden-tamatama.com)

アハハハ~。

イイ感じ~(*´▽`*)。

コロナも貴重な「お客さん」カモ知れませんね。

これ以上、身動きが取れなくなってしまった

地球の人間社会へ投げ込まれた起爆剤。

お客さんから提示されたテーマを

人類が、どのような選択をしてゆくか?

コロナというお客さんが通り過ぎた後に、

コロナのおかげで、コンナ風になれたね~。

と、笑って言い合える

私たちになりたいですね。

お客さんも、迎える側も、

同じ地球の子供たち。

そんな風に、考えてゆきませんか?

***

今日も、私の物語を読んでくださって

ありがとうございます。

私のブログ「目覚めのとき」にも遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14

「女神のデコルテ 5つのタイプ」は

アマゾンからお申込みいただけます↓

・・・【セッションのご案内】・・・・・

【「新しいチャクラ」 オンライン&対面 個人セッション】

新しい時代に、新しいチャクラにしてゆくセッション。

小清水小百合さんと共に、カラダの奥深くに働きかけ、整えてから

ワンネスなチャクラにしてゆきます。

【「新しいチャクラ」ミニ体験会】

7月8日(木)13時~16時 下北沢「シャーハウス」にて

参加費 3,000円(満席)

【「チャクラのお掃除呼吸」 オンライン&対面 個人セッション】

自分で出来るお掃除呼吸法をお伝えし、

チャクラのお掃除をサポートいたします。

【「女神の5つのデコルテタイプ」 オンライン&対面個人セッション】

自分のデコルテタイプを知って、本来の自分に戻る

▲お申込み、お問い合わせはこちらへどうぞ↓

  https://ws.formzu.net/sfgen/S21095388/

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る