足先で地球を感じる歩き方 from やこうかずえ

おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。

東京、表参道の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と和のカラダの使い方のセッションをしております。

「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です。

そして和のカラダの使い方をその人に合ったセルフケアとしてお伝えしています。

このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  歩く目的  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

膝の痛み。
経験した方もいらっしゃるかも
しれません。

曲げられない
階段がつらい
立ち上がりがつらい

症状はいろいろな
パターンがありますが

「歩く」という
人間にとって
とても大切な動きに
関わっている関節です。

***

先日、膝の痛みが
だいぶ良くなったお客様から

「また痛くならないために
歩く時の注意点はありますか?」

と質問を受けました。

「歩く」って
なかなか奥が深いものでもあります。

裸足が1番良いですが
いつも裸足ではいられません。

履くものによっても
変わります。

スニーカーとハイヒールでは
足の形がまるで変わるので
カラダの使い方も変わります。

そして、
目的によっても変わります。

楽に長く歩くことをしたいのか

短時間で筋肉を使って
カロリーを燃焼していきたいのか

これもカラダの使い方が変わります。

***

私がお勧めするのは

長く
楽に
疲れず

動くことのできるカラダの使い方です。

筋肉を使わない
ということではなく

全体が調和して
しっかりと使えるやり方が
良いなと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   音を意識してみる   ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

膝を痛めにくい歩き方。
全部ひっくるめて一言で言うなら

「足音を立てないで歩く」

を意識してみることをお勧めします。

家の中で移動する時
外を歩く時
階段や坂道

まずは歩いてみて
あなたの足音を聞いてみましょう。

大きな音がするようでしたら
限りなく無音に近づけていくのです。

最初のうち
難しかったら

踵を5ミリ浮かして
歩いてみてください。

そっと足をつく感覚が
つかみやすいかもしれません。

***

音を立てずに歩くと

地面に着ける瞬間まで
神経を使いながら
動くことになります。

地面にバタバタと
自分の足をぶつけるのではなく

繊細に最後まで
自分の足をコントロールして
触れていくことになります。

抜き足差し足。
猫のように歩く。
バレエダンサーのように。
そんなイメージです。

しなやかな動きほど
かなり細部まで
筋肉を使っています。

その時の筋肉たちは
一部分だけ頑張るのではなく
全体が協調しあっているのです。

一部分だけの頑張りは
結果その部分が
疲れてきてしまいます。

全体がそれぞれの力を
出し合うことで

長く歩いても
疲れにくく
楽に歩けるのです。

***

いつでも
どこでも

地球にフワッと
優しく触れていくと

地球からの優しいパワーが
あなたのカラダに返ってきます。

自分のカラダの中の調和が
地球との調和に繋がるのです。

沢山恩恵を受けとって
周りに循環させていきましょう。

***

そんな筋肉やカラダがより快適になるヒントをメルマガでお伝えしています。
↓↓↓

《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
https://17auto.biz/ichireian/registp.php?pid=2

さらにあなたのカラダの調和が整い、
よりいっそう美しいリズムを刻んでいきますように。

矢古宇 一江(やこう かずえ) 腱引き師
腱を調律して体の音色を響かせる腱引き師。
未来へのギフトになるような小さな習慣自分の体の慈しみかたをクリエイトします。
一人一人に合ったセルフケアをセッションや講座を通じて最大限にカラダの可能性を引き出すサポートをしています。
【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
【ブログ】
《自分のカラダの慈しみ方・腱引き師のブログ》
http://ichireian.com/?page_id=8
【HP】
http://ichireian.com/
【Facebook】(フォロー大歓迎です)
https://www.facebook.com/kazue.yakou
【腱引き・全国の道場一覧】
http://kenbiki.jp/kenbiki-ukeru/uketai/all/List.html
◆やこうかずえ先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る