【マヤの暦のちから】 FROM もりこ

マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。
暮らしに「マヤの260日の暦」を取り入れることで、
自然のエネルギーの流れに乗り、
感謝あふれる日々を送る方法を
お伝えしています。
宇宙の周期律をあらわしているツォルキン表
ツォルキンカレンダー(マヤの260日の暦)を
日常に取り入れることで
宇宙のリズムを体感し、
本来の私たちを取り戻していきましょう。
今日もよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 赤白青黄 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マヤの260日の暦を表した「ツォルキン表」
「太陽の紋章」に注目すると
赤・白・青・黄と色が順番に出てきます。
「色」は「赤=東」「白=北」「青=西」「黄=南」と
方位と関連付けられています。
「赤=創始」
「白=洗練」
「青=変容」
「黄=熟成」
の意味を持ち、
「赤白青黄」で「起承転結」
4日ごとのリズムを表します。
マヤ暦は難しいと感じられる方は、
私たちに馴染みやすい「色」に注目し
マヤ暦を感じてみるのもよいですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 色の関係 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マヤ暦を少し聞いたことがある方や、
私のブログを読んでいただいたことがあれば、
紋章の関係性というのを聞かれたことがあるかと思います。
人との関係性に注目もしますが、
もともとは「日」「日」の間にある関係で、
自分とその日の関係も見ることができます。
自分と
「同じ紋章」は自分の紋章の能力を発揮しやすい日
「類似キン」は助け合う関係、過ごしやすい日
「神秘キン」は予期しない気づきや不思議体験が起こりやすい日
「反対キン」挑戦意欲が引き立てられる、学びの日
これを「色」だけでみると
・類似「赤と白」「青と黄」
・反対「赤と青」「白と黄」
・神秘「赤と黄」「白と青」
自分の紋章の色とその日の紋章の色の
関係性を感じ取ってみることもできます。
その日の紋章の色の洋服を着てみる
というのもあり!
自分がどう感じるかが大事です。
眠っていた感覚が目覚めるかもしれませんね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ くらしにマヤ暦 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宇宙の暦「マヤ暦」で今日はどんな日?
知っているのと知らないのとでは、
気づきが違ってきます。
「マヤ暦」を学ぶほどに
日々シンクロの連続なんだと気づいてきます。
「マヤ暦」を通して、今日という日を味わうことで
「本当の私」に導かれていきます。
あなたの魂を磨く「マヤの叡智」
まずは入門講座で「マヤ暦」って何?
あなたも学んでみませんか?
とってもキリがよく、 次回の260日サイクルは
9月1日から始まります。
この機会にマヤ暦ダイアリーを使ってみませんか?
マヤ暦の面白さをダイアリーをつけることで
体感していく。
次期マヤミラクルダイアリー(2021.9.1~2022.5.18)の
販売を開始しました。
毎回KIN1の始まる前に売り切れとなっています。
あなたのマヤの誕生日(マヤバースデー)や特別な日の
資料付きのZoomで「はじめてのマヤ暦」
ダイアリー活用(無料)・入門講座(有料)をしています。
詳しい情報・お申込みはブログにも書いています。
ウェイブスペルの13日毎に開催のZoomお話会(無料)
6/27(日)20:00~21:30
7/10(土)20:00~21:30
7/23(金) 20:00~21:30
マヤダイアリーの私の活用術のお話もします。
気になっている方のご参加お待ちしています。
こちらはLINE公式アカウントからご連絡ください。
※ご登録いただきますと
ツォルキン表に西暦の日付を入れた
「ツォルキン表カレンダー (現在のサイクル) 」を
プレゼントしています。
マヤ暦の今日はどんな日?
詳しい情報はブログで毎日更新中!
日常セラピーのメルマガ過去記事はコチラから
https://naturalhealing-school.org/archives/category/mailmagazin/moriko
「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!
最後までお読みいただきありがとうございました。

もりこ(森裕子)
mori.mama.yuko@gmail.com

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る