おはようございます。

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

 

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ人材コンサルタントの横山秋子です。

 

たくさんの喜びや癒しを与えてくれる

ペットとの暮らしですが、

 

ぺットの長寿化と、

飼い主の高齢化という

ふたつの問題が

 

子犬を迎えるにあたって

自分ごとになりました。

 

 

+++

 

 

生後4か月のチワワを

新しい家族に迎えて、

あっというまに2週間が過ぎました。

 

 

「レピ」と名付けた子犬(男の子)と、

シニア犬のパピ(16歳・パピヨン)と

私たち高齢夫婦の生活は

 

想像していたよりも

てんてこ舞いの毎日です。

 

 

データーによると、

チワワの平均寿命が12~16歳

私たち夫婦の健康寿命が

おおよそ20年

 

 

安易に、「さみしいから」

「一目惚れした」という

一時の感情に流され、

気軽に迎えていいものか悩みました。

 

 

飼い主にはペットの

命に対して責任があり、

健康面でも経済面でも

「命を育む覚悟」が

問われていると感じています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇出会いを求めて◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

変容の5月、

16年家族として過ごした

愛犬レオが天に還りました。

https://ameblo.jp/vitamin-counselor/entry-12676832066.html

 

 

レオがいなくなってから、

ぽっかり空いた心の空白。

 

それを埋めるように、

レオ似のチワワの写真を

ネットで探していた夫が、

 

ある日、

ブリーダーのYさんのサイトで

レオに似た生後4か月のチワワに

出会いました。

 

きょとんとした大きな目で

じっと見つめる子犬。

小さな愛くるしい存在。

 

ですが、私たちには

シニア犬と一緒に子犬の

世話ができるのか自信がありません。

 

 

 

そんな不安を

そのままお伝えしたうえで、

ブリーダーのYさんを

訪ねることになりました。

 

 

「く~ん、く~ん」と、

か細く甘えた声で、

Yさんに抱かれる子犬。

 

7人(犬)きょうだいで、

小さいながらもやんちゃそう。

人見知りもなさそうです。

 

ざっくばらんで、

朗らかなYさんから、

たくさんの話を聞かせてもらい、

不安は徐々に消えていきました。

 

そして、

我が家に迎えることを決めたのです。

 

 

+++

 

子犬のレピと

シニア犬のパピ。

 

最初は互いに相手の様子を

うかがっていましたが、

レピがすぐにじゃれつくように

なりました。

 

小さくて、すばしこく、

いつの間にか手作りの柵を、

ぴょんと飛び越えています。

 

 

 

先代のレオとパピが

身を寄せ合って眠っている姿は、

当たり前の光景でした。

 

でも、一度失う体験をしたからこそ、

その「当たり前」が、どれほど日常を

満たしてくれていたかに気づきました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇シニア犬パピの危機◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ところが、

1週間が過ぎた日の朝、

パピが嘔吐と下痢をくり返しました。

 

 

その日は朝から何も口にせず、

環境変化によるストレスかと

思いましたが

念のため動物病院へ。

 

すると予防接種をうけた

2か月前より

人間なら10キロ相当の

体重が減少していたのです。

 

たしかに、レオが衰弱して

食が細くなってから、

パピもあまり食べなくなりました。

 

レオが衰弱していく傍で

こんなに痩せるほど

なにを感じていたのだろうと

胸が詰まりました。

 

 

とりあえず、ブドウ糖や

消化促進の薬をもらって帰宅。

 

気づいてあげられなかったことが

申しわけなく、

力のないパピを抱きしめました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇命を育むという責任を負う◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

すると、夜に

「ちびちゃんの様子に

変わりはないですか?」と

 

ブリーダーのYさんから

メッセージをもらいました。

 

「レピは元気です。

でも、シニア犬のパピが・・・」と

今日1日の出来事を報告しました。

 

 

それからすぐに、

心配してくださるYさんへ、

尿検査のデーターや

写真などを送ると、

 

「それは、人間のおじいちゃんの、

衰弱と思って下さい。

栄養不足で、臓器が上手く

動かなくなったのだと思います。」

 

さらに、

 

「かなり危険な状態です。

その子の体はシニアではなくて、

病人なんです。

消化の良い、栄養あるものを

与えてください」

 

そして、

 

「病院は病気を治すところです。

私は違います。

病気にならないように、

悪化させないように、治します。」

 

 

+++

 

そして、翌朝

教えていただいた食事を

パピに与えると、

美味しそうに完食しました。

 

的確で親身なアドバイスは、

とても心強くありがたいものでした。

今も、 Yさんの食事療法を

続けているおかげで、

パピ本来の力が蘇ってきました。

 

 

+++

 

はじまったばかりの新生活。

レピが引き寄せてくれた

Yさんとの出会いを通して、

 

生き物を飼うということは

命を育むという責任を負うことだと

改めて感じています。

 

 

これからも

人生を豊かにしてくれる

かけがえのない存在と

共に生きていきたいと思います。

 

それでは、
今日も豊かな1日を!

 

現在、(有)ケースメソッドにてマネージャ/キャリアコンサルタントとして従事。
http://www.kaikei-soft.net/kunren/support.html
「働く幸せ」「生きる歓び」に目覚める人が増え、繋がりを大切にできる相互支援社会の実現を目指しています。年齢性別に関係なく能力開発が自信回復への近道であると実感し、夢の実現を全力でサポートしています。

記事一覧

2021年11月16日

やっと母の日記に成仏してもらえそうです from横山秋子

2021年10月23日

愛の視点でコミュニケーションを見直すfrom横山秋子

2021年9月23日

秋分の日と算命学 from横山秋子

2021年8月25日

望む未来へのつながりかたfrom横山秋子

2021年7月17日

誰もがコンプレックスを抱えながら生きている from横山秋子

◆投稿一覧はこちらから