心をこめて日常の当たり前を丁寧に生きること from ほだっち(朝倉穂高)

こんにちは^^

心と体を繋ぎ、元気にする専門家

カイロプラクターのほだっちです。

普段は東京ドームの目の前

文京区水道橋で臨床をしています

 

本年最初のメルマガとなります。

よろしくお願いいたします。

年が変わり新しくスタートしたと思えば

もう1月も折り返しを過ぎました。

本当に時が過ぎるには早いですね。

今年の抱負などと考えているうちに

1年が終わってしまいそうです。

 

さて、今年はあなたにとって

どんな年にしたいですか?

 

何はともあれ

今年も健康第一で

元気よく過ごしたいですね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇心を込めて  ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さてさて、前回のメルマガのおさらいです。

 

前回は、「 視点を変える」

というお話をしました。

 

今日は新年一発目ということで

あとる新春講演会に出席した際、

演者:横田南嶺先生

(臨済宗円覚寺派管長)

のご講演の中で

「念仏ばあさん」と

いうお話がありました。

 

話の詳細は割愛しますが

(ネットで検索すればすぐにみつかると思います)

要するに、心無く何万回と

念仏を唱えたところで

功徳は得られないということです。

 

ましてや私利私欲があるような

念仏は言語道断であると。

 

その話を簡単にまとめると

いつ何時も何をするにも

念仏を唱えている

街の婆さんがいました。

周囲も認めるほどの念仏婆さん。

これだけ念仏を唱えて

いれば極楽浄土に

行けること間違いなしだと。

 

しかし、往生された際に

地獄の閻魔様の裁きを

受けることに。

 

閻魔大王曰く、

何万回念仏を唱えようと

心無い念仏など何の

功徳も無い。

だからのお前の

念仏など軽くて

吹き飛んでしまうわ!と

一括された。

 

しかし、一個だけ

そこに残された念仏が。

たった一度だけ

無心に唱えた念仏が

残っており、

これにより地獄行き

は免除されたとさ。

 

この話から

どう日常セラピーに

通じるのでしょうか?

 

ピンっときたあなた!!

 

すばらしい!!

 

日常セラピーで

もっと重要なことは

なんでしょうか?

 

「心をこめて

日常の当たり前を

丁寧に生きること」

これこそが

健康の根幹である

と私は思います。

 

念仏ばあさんの

話にあるように、

どのような意識で

行動するかによって

心も体も変化します。

 

すなわち日常生活

も変化すれば

当然、人生も変る

ということになります。

 

前回のメルマガでは

どこに意識をフォーカス

するかで人生が変る

というお話をしましたが、

まさにそういうことです。

 

という訳で

現代に即して言うならば

口だけの「ありがとう」では

意味がないと言う事です。

 

まったく意味がないと

言い切るわけでは

ありませんが、

「言霊」だけでは

念仏婆さんと同じです。

 

そこに人生を豊かに

するためには

ある仕組みがるのです。

 

では、そんな詳細については

次回以降今年のテーマとして

書いていこうと思います。

 

 

+++  +++  +++

 

それでは本年もよろしくお願い致します。

 

皆様にとってちょっとでも

 

お役に立つ情報を

 

お届けしたいと思います。

 

+++  +++  +++

 

From ほだっち(朝倉穂高)

朝倉穂高(ほだっち) WHO国際基準カイロプラクター
心と体を同期させ背骨から運命を創るカイロプラクター。
「背骨からあなたの運命を創りだす」を軸に、クライアントが真剣に自分の健康のことを一緒になって考えて、元気になっていくことを施術を通して伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る