幸せになる最高の秘訣 from横山秋子

こんにちは!
幸せ人材コンサルタント 横山秋子です。

2019年4月30日、

「平成」を元号とする時代が幕をおろし

5月1日より新元号「令和」がスタートしました。

新元号がスタートしたとき、

由来や込められた意味を

知る機会が増え、盛りあがりましたね。

まさに、新しい時代への願いが

ひとつになる感覚でした。

そこで、ちょっと

振り返ってみると。。。

「平成」は

「内外、天地ともに平和が達成される」

そして、

「令和」は

「一人ひとりが希望を持ち、

花を咲かせられる国にしたい」

という願いがこめられていました。

当時、GWに緊急事態宣言が

発令されることなど

想像もできませんでしたが、

この状況だからこそ、

一人ひとり、

できることに取りくんで

こころに希望を持って、

笑顔の花を咲かせたいですね。

今日も心身の健康と

幸福度をあげる

「人生リニューアルのヒント」を

お伝えしてまいります。

+++

さて、ことしのGWは

いかがお過ごしでしょうか?

わたしのGWは

暖房器具を片付けて

模様替えをするのが恒例ですが、

今年は大切なテーマがあります。

それは、わが家の祈りの空間を

整えること。

つい最近、

わたしと夫、それぞれの

「家」の仏壇を祀ることとなりました。

お寺の住職さまに

どのようにお祀りすれば

良いかをご相談しながら

やっと落ち着いたのですが、

想像していたよりも

小さなスペースながら

荘厳さを保ち、

すっきりとおさまりました。

それからの習慣となっているのが

「朝夕の祈り」です。

手を合わせていると、

何世代もの命を受け継ぎ、

こうしてお迎えできた嬉しさが

じんわりこみ上げてきます。

すると、

両親やご先祖様、

ご縁をいただいた方々が

あちらの世界で

仲良く過ごされているようで、

温かい気配に包まれるのです。

━━━━━━━━━━━━━
◆◇ いま、伝えたいこと ◆◇
━━━━━━━━━━━━━

祈りの空間に座っていると、

思い出すのが

母の田舎(茨城県)で過ごした夏休み。

わたしが5歳のときに父が他界したため

母は大忙しでした。

ですから、

小学3年生くらいまでの夏休みは

姉兄とともに

祖父母にあずけられたのです。

朝は庭の清掃を終えて、

仏間でおつとめ(読経)する

祖父のうしろに正座させられました

「長いな~、お腹すいたな~」と

頭のなかは

朝ごはんのことばかりでした。

そして、

色あざやかに思い出すのが

久慈浜の海水浴場。

スイカわりをしたり

きれいな小石を集めたり。

真っ黒に日焼けして、

時間を忘れて過ごしました。

また、炎天下の畑にいき、

夏野菜の収穫を手伝いました。

バケツいっぱいに

とうもろこしを持ち帰ると

祖母がすぐに茹でてくれます。

あのシャキッとした食感と

甘さを思い出し、

たまに買い求めるのですが、

あれほど美味しいとうもろこしには

なかなか出会えません。

そんな贅沢な毎日だったのに、

末っ子のわたしが

いつも最初にホームシックに

かかっていました。

母がやっと迎えにきて

大阪に帰るとき、

祖父母に「ありがとうございました」

と、ちゃんと言えていたか、

まったく自信はありません。

祖父が他界したのは

中学生のときです。

厳しいなかにも愛情いっぱいだったと

理解できるようになったのは、

ずいぶん後になってからです。

そして、いま、

あの日々を思い出すと

とても幸せな気持ちになれるのです。

+++

外出を控えるこの期間に

大切な人たちと対話できる

わが家のパワースポットを整え、

祖父にもこころから感謝を

届けたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━
◆◇幸せになる最高の秘訣◆◇
━━━━━━━━━━━━━

「感謝」は、わたしたちが幸せになる

最高の秘訣だと言われていますが、

画家のはせくらみゆきさんが

脳卒中で倒れたときの

奇跡のようなエピソードをご紹介します。

+++

過労で脳卒中に倒れ

半身不随になったとき、

今まで自分の体をほとんどいたわって

いなかったことに気づきました。

そして、

病院のベッドで、動かない左半身に、

「今までありがとう」と

こころから感謝しました。

「脳さん、ありがとう」

「神経さん、ありがとう」

伝えるたびに、瞳の奥で、

ものすごい速さで回転する、

光と色の渦が見え、いつのまにか

深い眠りについてしまったのです。

すると、翌朝

脳卒中そのものが

消えていたという事実。

医者から奇跡といわれ、

ほどなく退院。

そのときから、

後半の人生はお祭りにするぞ、って

決めたのです。

著書「起こることは全部マル!」より

▼はせくら みゆきさんのブログ

https://ameblo.jp/hasekura-miyuki/entry-12300447241.html

+++

いろいろと制限されて

ストレスが溜まると

こころが鈍感になってきますね。

「あの自粛期間があったから、
いまの自分があるなぁ」と

思える時が、きっと来るはず。

こんな時だからこそ、

小さなことでいい、

できることでいい。

「一人ひとりが希望を持ち、

花を咲かせられる国にしたい」

「令和」の願いを実現するため、

そして未来の自分自身のために

よい習慣をはじめませんか。

 ◆ 「人生のリニューアル」のための

今日のヒント

こころが変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

―心理学者 ウイリアム・ジェイムズー

それでは、
今日も豊かな1日を!

◇個人ブログもぜひご訪問ください。

「人生リニューアルのヒント」~ 働く幸せ・生きる歓び~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る