違和感の、お金。〜美しいお金の物語〜 from 松田まり

おはようございます。

松田まりです。

最近、「違和感」に遭遇することが多々あります。

仕事でも、
プライベートでも

あれ?
なんだか私を取り巻くリズムが
今までとは違ってきたな、
と感じることが立て続けに起こっていた矢先

あるクライアントのご友人から
とうてい
お引き受けすることができない
無茶な内容の
依頼が舞い込んできました。

これぞ違和感の集大成というほど
の内容でした。

「違和感」に囲まれることの連続が続くこと、
これは
私たちの大きな変容が起こり始めたサイン。

最初はいつもと違う
リズムの連続に
戸惑う方も多くいらっしゃるかもしれません。

不安を覚える方も
少なからずいらっしゃるかもしれません。

ですが、
違和感の感覚が大きければ大きいほど、
現状打破が起こっていくということ。

それがわかっていると、
「違和感」が
宝物のように感じてくるから
不思議なものです。

******************
「違和感」の存在が
私たちの原動力となる。

お金にまつわる違和感も、
漏れなく私たちの原動力となる。

本日は、そんなことを一緒に
思考して参りましょう。

━━━━━━━━━━━━━
◆◇うら、はら、のお金◇◆
━━━━━━━━━━━━━
華やかに活躍し、

一見すると、
とても成功しているように見える経営者が

実はとても財政状態が厳しく、
外向けに見せている顔と
内状が大きく乖離している
というケースは
決して少なくありません。

こうした経営者は
ある一定の傾向があり、
少しお話しするだけで
「あ、財政問題でお困りなのだな」
とはっきりとクリアに伝わってきます。

そこには
はっきりとした違和感が存在しています。

━━━━━━━━━━━━━
◆◇一致させる◇◆
━━━━━━━━━━━━━
外向けには成功しているように見えても
内状は火の車。

こうした
経営や家計の違和感は
如実に、言動に現れます。

一貫しているように見えて
ちぐはぐな言動のパターンだったり、

気分のムラが
発言のあちこちにみられたり

明らかな自分起因の事象を、
他人や社会のせいにしてみたり

こうした傾向の方にお会いすると、
せっかくの違和感を
付け焼き刃で隠すのではなく、
もっと正面から受け止めればいいのにな
と、感じます。

もちろん
これではお金の巡りも
さらに滞るのは自明の理。

表も裏もなく
一致させること。

これをすることで、
違和感が原動力となり

違和感を解消させることで
適切な状態に自分の環境を整えることができる。

無理矢理成功しているように見せたり、
あせって、売上を伸ばそうと、
無茶な経営行動に走ったり、
家計の穴を見てみぬふりをする
必要がなくなる。

一致させることは
ご本人にとっても
至極に幸せな状態であり、
これをし続けることで
自然と財政問題が解消してくるのです。

━━━━━━━━━━━━━
◆◇認識し、解消する力◇◆
━━━━━━━━━━━━━
違和感を違和感として認識する。

違和感を違和感でない状態まで解消する。

このことが
なにを意味するのか、は
それは人それぞれ。

違和感があるものは、
手にしないでもよし。

違和感があるものは、
違和感がなくなるまで対峙する
でもよし。

違和感の力を借りて、
次のステップに向かうこと。

この原動力は、
違和感の度合いが高ければ高いほど
その効果がより如実に現れるのだと
心得ましょう。
*********************
【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

ページ上部へ戻る