「母と娘の出産の恐怖を癒す 」  From やわらぎ ゆきこ

おはようございます。

やわらぎゆきこ です

みなさんと一緒に 氣づきを深め、

すこやかに生きてゆきたいと願い、

私の体験をシェアさせていただきます。

***

今日は、さゆりさんと一緒に行っている

「新しいチャクラ」セッションを受けて下さっている

Yさんの、ZOOMでの2回目のセッション

第1チャクラの物語。

Yさん、シェアを快諾くださって、

ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 痛い! 怖い!! ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらのメルマガでも何回か書いていますが、

第1チャクラは人生の根っこ。

地球にしっかりとつながり、

いまココで、安心・安全に

生きてゆく環境を、

自分で創り出すことを

体験をさせてくれるチャクラです。

このチャクラが障害されると

そのエネルギーを受け取りにくくなり、

拒絶されているように感じて

不安に駆られたり、

孤独に陥ったり、

虚しくなったりして

生きづらい人生になってしまいます。

Yさんの第1チャクラは、

根元の部分を

太いリング状の半物質で締め付けられていました。

締め付けているリング状の反物質が

象徴していることは、ナンですか?

と聞いてみると、

「やだーーーーー!」

という声が聴こえてきました。

「なにがイヤなの?」と聞くと、

「痛い! 怖い!!」というお返事。

どうやら出産のことのようです。

さゆりさんが Yさんに語り掛けます。

「出産で痛かったり、怖い思いをしたことはありませんか?」

「はい、あります。」とYさんが答えられました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 陣痛促進剤に 共感 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「第一子の お兄ちゃんを生んだとき、

病院の都合で

陣痛促進剤を打たれたのです。

自然な陣痛は

痛む時と、ほっと一息付ける時が交互にやって来ますが、

薬で引き起される陣痛には、

痛みの止むときが無いんです。

絶え間ない陣痛に

ずーーーーっとイキバッテっているような状態で、

とにかく、痛いんです。」

「わかりますよ~。

わたしも心痛促進剤を使われましたから、

その苦しさ、分かります。」

お二人で意気投合しながら話が進んでゆきます。

「つらい思いで生んだうえに

産後の回復が悪く、

色々な症状に見舞われました。

バセドー氏病になったり、

自己免疫疾患になったりして

薬を常用するようになってしまいました。

甲状腺の手術をしたおかげで薬から解放されて、

医師の了承をいただいて

5年後に、第二子を妊娠することが出来ました。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ お嬢さんはご主人がキャッチ! ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Yさんの言葉は続きます。

「最初の出産の痛みが つら過ぎたので、

2回目はラマーズ法を学んで出産に臨みました。

陣痛が来て、分娩台にのって

ラマーズ法の呼吸をしていたら、

娘が超スピードで生まれてしまいました。

お医者さんや看護師さんがいらっしゃる前に

生まれてしまったので、

そばにいてくれた主人が とっさに、

娘をキャッチしてくれました。

あの時、私一人だったら

娘は床に落ちていたと思います。

主人は医療関係者ですが、

生まれ落ちてきた娘を

自分でキャッチしたことに

相当ショックを受けたようでした。」

ZOOMの画面越しに語られるYさんの物語に、

さゆりさんも私も、

目が点、お口アングリでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 話すことで浮かび上がってくる ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さゆりさんがYさんへお声を掛けます。

「お話くださって、ありがとうございます。

私たちもチャクラの状態からYさんが、

出産のときの痛みと

恐怖を感じられていることは分かっていました。

でもあえてYさんのお口から、

その時の状況や、痛みの具合、

感じていたことなどをお話いただきました。

そうすることで

潜在意識に深く沈めていたモノが浮かび上がってきやすくなります。

そうなると、その痛みの記憶や

恐怖を癒しやすくなるんですよ。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 母と娘の出産の恐怖を癒す ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出産への恐怖は、

エネルギーの「ヘソの緒」を通じて

お嬢さんへも伝わり、

お二人で共有しているようでした。

そのことをYさんへお伝えすると、

「娘が結婚しないのは、そのせいでしょうか?」

との問いかけ。

そのせいか どうかは分かりませんが、

出産の恐怖を共有している

母と娘のつながりと共に、

痛みの記憶や、出産への恐怖を癒させていただきました。

母と娘のつながりは深いものですね(*^。^*)

さて 後日、Yさんからメッセージが届きましたので

ココでご紹介しますね。

「先日のセッションも、有難う御座いました。

 その後感じたのは、

出産時の出来事が 母子に与える影響?

見えないへその緒が繋がっていると

さゆりさんがおっしゃられていましたね。

それで氣づきました。

うまく言えませんが、

出産時、私が苦しかった様に

生まれて来る娘も苦しかったのだろうと。

そう感じられたから

娘との違和感がやわらぎました。(ちょっと笑)」

チャクラが癒されてゆくと、

モノの見方、感じ方が自然と変わってゆきます。

最初は氣づかないほどの変わり方ですが、

次第にハッキリと

ご自分が変わってきたことを自覚出来るようになってゆきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ チャクラを感じる ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チャクラが正常に動いていることは、

生きることの土台です。

と言っても普段は、あまり意識してはいませんよね。

肉眼では見えないものですから、

ありますよ~、と言われても、

ホントですか?

と思われてしまうのもムリのないことです。

でも皆さん、もれなくチャクラをお持ちです。

ですので試しに、第1チャクラを感じてみませんか。

では軽く目を閉じてイメージしてみましょう。

第1チャクラは股にあります。

下向きに開いているラッパのようです。

色は赤です。

美しく輝く赤色をイメージしてみましょう。

そして、その赤々と輝くチャクラは

時計回りにまわっています。

自分にとって適切な回転になるように意図してみましょう。

何となくで結構です。

そのようにイメージしてみると

第一チャクラは活性化してゆきます。

なんとな~く、そんな感じを味わってみて下さい。

チャクラを感じてみたい方、

元気にしたい方へお勧めのワークのご紹介です。

さゆりさんが下北沢にて、

チャクラを元気にするミニワークを開催します。

参加費3千円とお値打ち価格。

5月13日(木)には私も参加します。

定員が5名様なのでご興味のある方はお早めにお申込み下さい。

詳細とお申込みはコチラ↓

「東十条の癒しスポット ニュアージュ」

https://ameblo.jp/heartalchemy/entry-12667140366.html

***

今日も、私の物語を読んでくださって、

ありがとうございます。

私のブログ「目覚めのとき」にも遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14

・・・【セッションのご案内】・・・・・

◆ お申込み、お問い合わせはこちらへどうぞ↓

  https://ws.formzu.net/sfgen/S21095388/

  •  「新しいチャクラ」 オンライン&対面 個人セッション

新しい時代に、新しいチャクラにしてゆくセッション。

小清水小百合さんと共に、カラダの奥深くに働きかけ、整えてから

ワンネスなチャクラにしてゆきます。

詳しい内容はこちら

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12632109318.html

  • 「チャクラのお掃除呼吸」 オンライン&対面 個人セッション

自分で出来るお掃除呼吸法をお伝えし、

サポートいたします。

  • 「女神の5つのデコルテタイプ」 オンライン&対面個人セッション

自分のデコルテタイプを知って、本来の自分に戻る

【ゆるゆる瞑想】

YouTube動画にアップしました。

ご一緒にゆるゆるしませんか?

https://www.youtube.com/watch?v=82hzp-SkeiE

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る