「息するだけでまるっと解決するカラダづくり」〜いちい葉子〜

からだデザイン研究所

井本整体 人体力学体操指導者

いちい葉子です

ストレスフルな時代

だからこそ

日常でできる

“ながら“整体が必要

「息するだけでまるっと解決!

呼吸するだけでキレイ健康を手に入れる

呼吸整体メール講座」

プレゼントのご案内が最後にあります^^

時間がなくても

技術がなくても

誰でも自分でできる

しかも、もともと

人間が日常的にやっていることを

ちょっと意識するだけ

そんな方法を使って

体の痛みや不調が消えたら

自由に自分らしい人生を

謳歌できるに違いないと

思いませんか〜?

それは・・・・

「呼吸」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 呼吸とは息(イキ)ること◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちは、普段息を「吸おう」「吐こう」

と意識してすることはありませんよね。

けれど、確かに呼吸していて

精子と卵子が受精した時から

細胞膜を通して

成長に必要な酸素や栄養素が出入りし、

これも呼吸。

そうしてお母さんのお腹で育ち生まれ、

成長し大人になって

やがて死が訪れる時

苦しかった呼吸が徐々に緩やかになり

ついに止まる・・・

「呼吸」

これが生と死を分かつものであることを

再認識する瞬間です

呼吸をしている方動くことができ、

成長していくことができ、

歳を重ねていける

つまり、

「呼吸」って生きることそのもの

“息(イキ)”ることと言えます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 不調を改善する鍵は呼吸が握っている ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

普通”生きる”を重ねると

キレイが衰えたり
どこかしら不調が出てきたり

誰でもおこることなのに
個人差がすんごいのも事実

調子がいい悪い

整体指導ではからだを良い方向に
変えることをやっているわけですが

うん、これは変わるぞ

これは効果的にアプローチできた

の判断はどこでするかというと

『深い呼吸ができたかどうか』

ここで判断しています

肩こりがひどいのでマッサージに行ったけど
治らない疲れが取れ抜けない

だからといって長時間の睡眠をとっても
体がまだだるい

何週間も風邪気味だから
栄養剤や薬を飲んでみたが効かない…。

こうした不調と再発の繰り返しは、
誰もが経験するアルアル〜!!の

「不健康・美容ダウンへの迷宮入り」状態

 本来、私たちのからださんには
自然治癒力が備わっていて、

疲労はもちろん、ちょっとした病気や怪我でも
自然治癒力がきちんと働けば、

充分回復できるように神様は作ってくれてます^^

そのために必要なのは、

体に備わった治癒力を今以上に活性化させて、
根本原因の部位へと働きかけること。

からだを内部から変えて回復できる環境を

作り出すことが重要です

その環境とは、

回復に必要な酸素と栄養が十分に供給される状態

つまり特定の部位へ確実に酸素が行き届く

「呼吸をすること」が大切なのです!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 呼吸整体メール講座プレゼント◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

呼吸することだけで整体できて
キレイ健康が手に入るってステキ♡

無料だし(笑)、
誰でもしてることだし、
どこでもできるし〜

ただ、

それがちゃんと働くにはできるには
それなりの条件があって・・・・

そこんとこに特化した
メール講座をお届けすることにしました^^

 「息するだけでまるっと解決!
呼吸整体メール講座」

ダウンロードはこちらから↓

 https://peraichi.com/landing_pages/view/202007touroku?_

是非是非、

皆様の日常のセルフケアにお役立てくださいね!!

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜・*。

★いちい葉子のblog【女をあげる からだデザインつれづれ日記】

http://ameblo.jp/karadadesign/

★1日1分読むだけ
からだから心を緩める

キレイ健康は当たりまえ!

いちい葉子の
“おうち整体メール講座”

https://peraichi.com/landing_pages/view/201905touroku

いちい葉子 整体師
からだデザイン研究所代表。女をあげる整体指導士。
ホリスティック医学の考え方をベースに、整体体操と食養生法を組み合わせたオリジナルのメンテナンス法を使い、自然治癒力を高め、美と健康を自ら創造していくノウハウを提供している。著書に『40代からの女を上げる整体学』
◆ブログ 【女をあげる からだデザインつれづれ日記】
からだデザインHP
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る