「イライラが出てきたとき」  From やわらぎ ゆきこ

おはようございます。

やわらぎゆきこ です

みなさんと一緒に 氣づきを深め、

すこやかに生きてゆきたいと願い、

私の体験をシェアさせていただきます。

***

今日は、「女神の5つのデコルテタイプ」セッションを

不定期に継続してくださっている

Mさんから頂いたメールをご紹介します。

何か月かに一度、

Mさんが必要とされる時にお申込みいただいてますが、

「5つのデコルテタイプ」セッションという枠は

いつの間にか外れ,

その時々のMさんが必要としていることをお聞きし、

セッションさせていただいています。

継続して受けてくださっている方は

みなさん、いつの間にかそうなっています(*^。^*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ イライラが出てきたとき ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Mさんのセッションでは、

これまでに したことのないワークを

リクエストされることが度々あります。

そんな時は

「やってみたことはありませんが、

 できるかどうか、やってみますね。」

と言って、ワークさせていただいています。

やってみたことはない。

けれど、やってみると できる。

Mさんとの時間は、自分への挑戦の時間でもあります。

先日もそんな感じでワークをし、

最後に、カラダ全体のエネルギーバランスを整えて終了しました。

以下は、先日のセッション後の

Mさんと私のメールのやり取りです。

Mさん、シェアーを快諾くださって

ありがとうございます。

…ゆきこ 様 … …… ……

~前略~

いつも私の やっていただきたいことお願いしますが、

やってくださりありがとうございます。

心身ともにスッキリした感じです。

パワーアップして元氣いっぱい、

いろいろなことができます。

自分に集中して、

自分に愛を注いでいきます。

ワークもして、自分の不要なものを捨てて身軽になって、

笑顔で毎日を過ごします。

一つご質問です。

人に何か言われて、イライラがでてきたとき、

どのようするのがいいのでしょうか?

そこで言い返したりしたら、

余計なパワー使ってもったいないですよね。

わかっているけどできないですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ わたしって、こんなことにイライラする人間 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

… Mさま … …… ……

~前略~

さてイライラした時の対処法ですが、

わたしはそんな時に、

「あぁ、○○さんにイライラしているなぁ~。」

と自分がイライラしていることを認めます。

そして、○○さんの言動の、どこに

自分はイライラを感じるのかを問います。

なぜ私は、イライラするのかを探します。

すると、イライラする原因が

自分の中にあったことが分かってきます。

すると、

「そうなんだ~。私はそんなことにイライラする人間なんだ。」

というコトが分かってきます。

そして

「そっか、わたしって

こういうことにイライラする人間なんだね、分かったよ」

と自分に言ってあげます。

「イライラさせられている」

のではなく、

「そういうことにイライラするのが、私」なんだと分かる。

すると、なんだかスッキリするのです。

また同じことでイライラしたら、

「あぁ、私って、こんなことでイライラする人間だったなぁ~」

と自分に言ってあげます。

こんな調子で、自分と対話して自分を探求しています。

Mさんの参考になったでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 火山の噴火を観察するように ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

… ゆきこ様 … ……

ありがとうございます。

つい相手のせいにしてしまってましたが、

自分と向き合うことが大切なんですね。

いつも笑顔でいたいので、やっていきます。

… Mさま … ……

はい、自分を探索することは奥が深く、

とても面白いことです。

自分にガッカリしたり、

そんなことがあったのか…とか、

忘れてしまっていたコトにめぐり合って、

自分やまわりの人との関係を観なおせたり、

意外な物語に氣づかされたりしますので、

どうぞ楽しんで行ってください。

…… …… …… …… ……

こんな やり取りをしていました。

まぁ 実際には私も

イラっとして言い返すこともあります。

人間ですもの(*^。^*)

そして「言わなきゃ良かったぁ~」

と後悔したりすることも度々です。

またMさんへのお返事には書き忘れましたが、

本当のことを言うと、

いつも笑顔でいる必要もありません。

ココロは絶えずコロコロと転がっていますので、

嬉しいことばかりではなく、

悲しいことも、

腹の立つことあります。

もう終わってしまいましたが、

先日までテレビで「レッドアイ」という

連続サスペンスドラマをやっていました。

ご覧になっていた方、いらっしゃいます?

その中で悪役の精神科医は

「自分の感情に正直になるんだ!」と、

言葉たくみに誘導して、

大切な人を殺されたクライアントの復讐心を駆り立て

復讐鬼に仕立てていました。

「自分の感情に正直になる」という言葉を

このように使うこともできるんだなぁ~

と、おおいに学ばせていただきました。

「自分の感情に正直になる」ことは大切です。

私のお勧めは、

自分の感情を「自覚すること」です。

「イイ人」であるために、

「私はネガティブな感情を持っていませんよ~」と

誤魔化すのではなく、

「私はその感情も感じている」と

素直に認めることが大切なのです。

湧き出す感情を止めることは出来ませんので、

そこに「ある」と認めましょう。

言い返して「後悔する」ことも大切ですし、

「怒る」ことも大切。

それを「正直に感じる」ことが大切。

マグマが溜まってくるのを計測する

計器ように、自分を感じる。

火山の噴火を観察するカメラように、

自分の感情を感じてみて下さい。

そして、

それを感じる自分をジャッジしない。

だって「感情」を「ただ感じているダケ」ですから。

色ンなことを「感じてナンボ」の人生です。

そう思うと、

生き苦しさは減っていきますよ!(^^)!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ かつてないほど心地よくなった時 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そうは言っても、

怒ったり、悲しんだり、嘆いたりるのは

エネルギーを使うことで疲れることですよね。

感情の嵐や、ストレスで疲れた時は、

こんなワークはいかがでしょう。

「かつてないほど心地よくなった時」のことを

思い出すワークです。

これまでのご自分の人生の中で、

「かつてないほど心地よくなった時」のことを

思い出してみませんか?

その時の幸せ感…

満ちあふれた感じ…

豊かさ…

氣ちよさ…

などなどを、思い出してみましょう。

そうすることで

その時の心地よさが蘇ってます。

それは確かにあった自分自身の時。

そして今も確かにアルもの。

どんな時にも、

その時の自分を呼び戻し、

その時の感覚を再び味わうことが出来ます。

私もやってみました。

そして、意外なことに氣づかせてもらいました。

その時のことをブログに書きましたので

ご興味のある方は読んでてくださいね。

わたしが、かつてないほど心地良くなった時 | 目覚めのとき (ameblo.jp)

***

今日も、私の物語を読んでくださって

ありがとうございます。

私のブログ「目覚めのとき」にも遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14

・・・【セッションのご案内】・・・・・

◆ お申込み、お問い合わせはこちらへどうぞ↓

  https://ws.formzu.net/sfgen/S21095388/

  •  「新しいチャクラ」 オンライン&対面 個人セッション

新しい時代に、新しいチャクラにしてゆくセッション。

小清水小百合さんと共に、カラダの奥深くに働きかけ、整えてから

ワンネスなチャクラにしてゆきます。

詳しい内容はこちら

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12632109318.html

  • 「チャクラのお掃除呼吸」 オンライン&対面 個人セッション

自分で出来るお掃除呼吸法をお伝えし、

サポートいたします。

  • 「女神の5つのデコルテタイプ」 オンライン&対面個人セッション

自分のデコルテタイプを知って、本来の自分に戻る

【ゆるゆる瞑想】

YouTube動画にアップしました。

ご一緒にゆるゆるしませんか?

https://www.youtube.com/watch?v=82hzp-SkeiE

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る