『笑顔の表情を作るだけで起こる変化。』FROM 高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】について

発信しています。

理学療法士の高野です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 脳の専門家曰く。  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳研究者

池谷雄二先生。

『できない脳ほど自信過剰』

『脳には妙なクセがある』

『パパは脳研究者』

などの著書がある

脳科学の専門家です。

難解な脳科学を

分かりやすく・面白く伝えてくれます。

以前、池谷先生の講演を

聞いたことがあります。

今回はそこでのお話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 前輪はカラダ。後輪はココロ。 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

池谷先生は繰り返し

【カラダが主導権を握っている】

【脳は、後で意味づけをしているだけ】

【まず、カラダを動かそう】

と言っていました。

脳は刺激がないと

な~んにも判断できない存在。

暗闇のなかでじっと閉じこもっていて

外のことが全く分からない存在。

カラダから刺激が入ってきてはじめて

脳というヤツは動き出すようなのです。

身体心理学では

こう言われています。

【面白いから笑うのではなく、

笑うから面白いのだ】

【興味があるから前傾姿勢で聴くのではなく、

前傾姿勢で聴くから興味がわくのだ】

カラダが動いて

ココロがそれについてくる、と。

車で言えば

前輪はカラダ

後輪はココロ

前輪をハンドルで操作すれば

後輪はそれについてくるだけ。

とても興味深い実験があります。

ペンのくわえ方で

漫画の面白さの感じ方が変わるというもの。

これは80年代に行われた有名な実験。

口角が上がるように

ペンをくわえた方が

同じ漫画でも面白く感じるという

結論の実験であります。

ここから

『カラダが笑顔を作ると

ココロは面白く感じちゃう』

ということが分かったのですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 幸せを見つける『笑顔』という表情 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さらにさらにさら~に。

興味深い実験があります。

口角が上がるように

ペンをくわえたまま

(つまり、笑顔の表情を作ったまま)

20個の用語が書いてある紙を眺めてもらう

そんな実験であります。

そうするとね。

笑顔を作らなかった時と比べて

幸せに関する用語たち。

【あったかい】

【嬉しい】

【美味しい】

そんな用語を見つけるスピードが

速かったというのです。

つまり。

『笑顔という表情は

自分の周りにある幸せを見つけやすくする』

そんな効果があるということなのです。

この話のミソは

笑顔の表情だけで、

感情は伴っていないことであります。

これを聴いたとき

あまりに驚いて

ふへ~。と言ってしまいました。

やる気が出ないとき

まずはカラダを動かしてみよう。

気分が落ち込んでいるとき

まずは胸を張ろう。

緊張しているとき

そっとカラダに触れてあげよう。

カラダが先。

ココロが後。

こんなふうに考えるとね。

肌から感情にアクセスする

『触れる』って行為が大切なのも

なんだか腑に落ちていくのですね。

【本日の結論】

暗闇の中にいる脳に

素敵な刺激を入れてあげましょうね。

マスクのなかでも笑みを。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの今日に、明日に

少しでも役立てたら、幸いです。

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る