おこる、お金〜美しいお金の物語〜from 松田まり

おはようございます。

松田まりです。

先日、バスを乗り過ごしました。

しかも眠っていたわけではなく、
考え事をして。

私が使用するバスは、
目黒駅から5分おきにでる循環バス。

20分ほど乗った先の終点に我が家がある、
ということもあり、
かなり頻繁にこのバスを使用しています。

終点では
しばらく停車した後に
また目黒駅に向けて出発する。

ぼーっとしていても
たいていは運転手さんが
「終点ですよ〜」と声をかけてくれますし、
さすがに乗り過ごす、ということはありません。

ですが、
この日は違いました。

仕事で大きな引き継ぎがあり、
その話し合いが7時間。

相当にエネルギーを使ったことと、
バスに揺られて
仕事のメールをチェックしていたところ、
とても嬉しい内容のメッセージに
思考が大きく飛んでしまったのです。

気がついたら、
ほぼ、目黒駅まで戻っておりました笑。

電車では本当に頻繁に乗り過ごす私ですが、

さすがにバスを乗り過ごしたのは、
人生2度目、のことです。

3年ほど前に書いたブログの記事で
いまだに高アクセスのある記事があります。

https://ameblo.jp/mmshan223/entry-12377572067.html

電車を乗り間違うと幸せがやってくる。

もとい、
幸せがやってくるとバスを乗り過ごす。。。

いずれにしても、私の場合
脳のパターンの癖が
乗り物の間違いに
現象として出やすいことの表れなのでしょう。
******************
脳のパターンの癖は
お金とも親和性が高くある。

お金の現象としても
わかりやすく起こってきます。

本日は、
そんなことを
一緒に思考して参りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇おこっているかもしれない◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━
私の日常では
「おこる」ということが
ほとんどありません。

決して、
平穏無事な生活を送っているわけでもなく

結構毎日、
さまざまな
相容れない情報の組み合わせを扱い、
宥めていくことの多い仕事生活に

どちらかというとストレスが
多く存在する暮らしの中にいるのですが、

それでも「おこる」ということが
私の辞書にないのは

おこっている暇があったら
もっと他にできることを
瞬時に探そうとする
もともとのパーソナリティから

おこることの
優先順位が
私のなかで
「限りなく低い」
から。

これが、まさに
私の「脳の癖」パターンです。

━━━━━━━━━━━
◆◇おこってみる◇◆
━━━━━━━━━━━
そんな私が
1月に入って、
「おこる」ばかりの
連続の経験をしました。

最初は、
「この感情はおこっているのではない」
となんとか誤魔化そうとしてみたのですが、

度重なる
心がざわざわする事柄の連続に、

「ああ、わたしは今、おこっているんだ」

と認め、
自分の辞書に
「おこる」を加筆してみました。

加筆したタイミングで、
さまざまな人から

「まりさんが珍しくおこっている」
「どうしたの?」
とこえをかけられることが
急に増えました。

なかには、
キレ芸のお笑い芸人のYouTubeを
ご丁寧に送ってきてくれる友人まで笑。

━━━━━━━━━━━
◆◇おこる課題◇◆
━━━━━━━━━━━
ところで。

おこるっていったい
どういうことなのでしょう。

「あの人、マジでありえない」
「こんなこと、絶対に許せない」

もちろん、それが自分の感情であり、
前提として自分が正しいというスタンスで、
「あの人」「こんなこと」が間違っていると
そのことに対して
「そんなの間違っている」
と怒りを感じるわけです。

が、おこることの本質って
本当にそこにはなかったりする。

とくに、
今回の私のように
「おこらざるを得ない」事象ばかりが
頻発するような状況は、

無意識に自分が「おこる」を引き寄せて
自分のバージョンアップを
図ろうとしていることが
往々にしてあるのです。

━━━━━━━━━━━
◆◇おこる、の原動力◇◆
━━━━━━━━━━━
脳の癖のパターンは
その人によって千差万別。

お金の癖のパターンも千差万別。

両者ともに、
現象を引き起こす、という
共通点があるという点に着目すると、

「なぜか最近、
いままでとは違う
あるパターンのことばかりが起こる」

という現象は、
脳の癖のパターンと、
お金の癖のパターンが変容しはじめたサイン。

特に、
今までとは違う「おこる」感情の波が
連続して起こるケースは
私たちの行動パターンの変容を引き起こし、
お金のバージョンアップにつながります。

「おこる」を集中的に
手に入れたとき。

それは、
決してネガティヴなことばかりではなく、
お金の新しいシナプスを
手に入れるプロセスなのだと心得ましょう。

Stick with it!
*********************
【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る