【 マヤの聖なる暦】 FROM もりこ

マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。
暮らしに「マヤの260日の暦」を取り入れることで、
自然のエネルギーの流れに乗り、
感謝溢れる日々を送る方法を
お伝えしています。
宇宙の周期律をあらわしているツォルキン表
ツォルキンカレンダー(マヤの260日の暦)を
日常に取り入れることで
宇宙のリズムを体感し、
本来の私たちを取り戻していきましょう。
今日もよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 暦 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨日は旧暦の1月1日で
日本以外のアジアの国では春節と呼ばれ、
新暦の正月よりも盛大にお祝いされています。
新暦では今年、
124年ぶりに節分が2月2日になったと騒がれ、
その次の日2月3日に立春を迎えたわけですが、
旧暦ではその立春の頃に正月を迎えるので
新春というのですね。
日本の暦が、
現在使われているグレゴリオ暦になったのは
明治6年1月1日から。
旧暦から新暦に変わり、
日本がどう変わったのか?
こしかわマヤ暦LABO 第35回
私のマヤの師・越川宗亮先生が
YouTubeで解説されています。
よろしかったらご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ マヤ暦をどう生かしていくか ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マヤの260日の暦は、
12月15日にKIN1の日となり、
昨年末から新しい260日サイクルに入っています。
今もマヤ民族に継承されているマヤ暦は
(あえてKINでいうなら)
1月29日がKIN1で、
2月19日に一年を担ぐ年の守護者が後退し、
伝統的マヤ暦の新年をお祝いするそうです。
…260日のスタート日ではないんですね。
私のお伝えする「マヤの暦」とは
読み解き方が違いますが、
マヤの誕生日を認識することで、
今以上により自分らしく、
より自然の力を味方にして、
人生を生きることができるようになる、
といわれています。
今もマヤ原住民に伝わるマヤ暦(伝統的マヤ暦)と
ホゼ博士が伝えられたマヤ暦
(※博士はマヤ暦と言われていませんでしたが
日本ではマヤ暦として広く知られることになりました)
どちらが正しいではなく、
本当の自分に導かれるには、
「13:20」というリズムにあるようです。
私たちの住む地球のある
天の川銀河から届くエネルギーを表しているとされる
「13:20」のリズム
このリズムにのることで
本当の自分に気づいていきます。
マヤのカレンダーは「聖なる暦」と私は思っています。
使命をもってこの世に生まれた
私たちの命の時間は
本当の私を思い出す時間。
「ありのままで生きる」

本当の私が知っている

マヤツォルキンの「13:20」のリズムで
本来の自分に戻っていきましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 「風の時代」をありのままに生きる ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたは「パラダイム・シフト」を求めていますか?
あなたが望んでいるのなら、
リズムを変えることから始めましょう。
西暦を手放すことは難しいけれど、
マヤ・ツォルキン暦の「13×20」のリズムを試してみる!
そこからスタートしてみましょう。
LINE公式アカウントを始めました。
お友だち特典として
合言葉「ワクワクな毎日」とご返信いただけますと
12月15日から始まった260日の暦
ツォルキン表カレンダーをプレゼントしています。

LINEでは
マヤの暦を詳しくご存じない方も
気軽に楽しんでいただけるように
13日毎にワンポイントでお伝えしています。

Instagramでは
日のエネルギーをオラクルカードから
感じていただけたらと思っています。
毎日の詳しい情報は今まで通りブログで
13×20のリズムに乗る方法をお伝えしています。
http://ameblo.jp/aisuke-shine
「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。

もりこ(森裕子)
mori.mama.yuko@gmail.com

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る