『【コロナ×寒さ】に負けそうなあなたへ。この武器を。』FROM高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】について

発信しています。

理学療法士の高野です。

コロナ禍での不安と緊張。

寒さによる冷えと緊張。

私たちのカラダには

いまだかつてないほどの、

ひどいコリが溜まっています。

通常ならば、睡眠によって

リカバーできるのですが、

【ストレス×身体活動不足×冷え】の

三重奏(←1度使ってみたかった。笑)

によって、コリが朝まで、

次の日まで持ち越してしまうのです。

「眠っても疲れが取れない」

「起きたときから、もうだるい」

そんな方に、

セルフケアという武器をお渡ししますね。

今回はそんなお話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ お腹、触る。  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お腹って普段触れますか?

『あ~ぁ、腹いっぱい』

そんな時でしょうか?触れるのは。

ストレスをたくさん感じていたり

疲れが抜けにくくなっている人は

お腹が硬くなっている人がほとんど。

ホントにそう。

だからね。

毎日触れてあげると

お腹の硬さが指標になって、

今まで気づかなかった

一日のダメージや疲労やストレスを

意識することができるのです。

気づくことができるのです。

子どもの場合は

親が子どもの言葉にならない気持ちを

じんわりと感じることができるのです。

そんな場所なのです、お腹は。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ゆらゆらお腹マッサージ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

①お腹に触れる時間は

眠る前が良いようです。

②仰向け(上向き)で膝を立てた姿勢

もしくは

腰がきつくなければ

足を伸ばしても可です。

(要は、楽な姿勢ってことですね)

③おへそ周りをグルリと円を描くように

そっとお腹を指先で押していきます。

④このとき。

「硬いところはいね~か~?」

「痛いところはいね~か~?」

のように

気分は【秋田名物:なまはげ】風にどうぞ。

⑤そして硬いところを見つけたら、

『しめしめ』とばかりに

その場所に手のひら全体を優しく置いて

ゆっくり呼吸を感じます。

⑥そうするとね。

徐々にその部分が緩んできます。

まるでバターがジュワ~っと溶けていくような

そんな感じ。

⑦お腹に置いた手のひら全体で

軽く揺らして微振動を加えるのも

ナイスなオプションであります。

⑧これをお腹全体にわたって

 飽きるまで(3分程度)行います。

⑨コツとして

お腹の別の場所へ触れるところを移すとき

置いた手をパッと離しちゃわないで

触れたままそっとズラすことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 明日のあなたのために ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お腹は、座りっぱなしが続いても

すぐに硬くなりやすい場所です。

ぜひ、寝る前の時間を

明日のあなたのために使ってみてくださいね。

きっと役に立つ武器となってくれます。

ぜひお試しを。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの今日に、明日に

少しでも役立てたら、幸いです。

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る