儲かる、のお金~美しいお金の物語~form 松田まり

おはようございます。

松田まりです。

2021年の新しい年を迎えてから今日で18日目。

まだ18日しか経ってないの?

と、皆さん感じられているのではないでしょうか。

それほどまでに、
2021年に入ってから
時間のスピードが加速している。

ぼんやりしていると、

あれ、ここどこ?

と、いつの間のか
見たこともない場所に
連れていかれてしまうかもしれません。

2021年、
私たちが大切にしていきたいのが

一気に加速すること。

アクセル強弱の主導権も時流にお任せ、手放しで。

━━━━━━━━━━
◆◇
 新しいお金◇◆
━━━━━━━━━━
2021になってからというもの
弊所へのご相談案件は
「新規起業」一色に。

年の初めは
新しい動きが活発になる。

コロナ禍真っ只中の、このご時世に、
「起業?」とお思いの方も多くいらっしゃる中

「だからこそ、のビジネスチャンスなんです」
「だからこそ、の底力なんです」
「だからこそ、違う未来を見たいんです」

と鼻息荒く起業に向かう方々からの
力強いお問い合わせいただいております。

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇
ゼロサムゲームのうしろ顔◇◆
━━━━━━━━━━━━━━
起業に限らず、
新しいことを始めるときや
今までのことをやめる決心をしたとき。

私たちの心に
少なからず、痛みが発現します。

ステージが変わるときには
このくらいの痛みは我慢しなくちゃ、と
観て見ぬふりをすることもありつつも

それでもやっぱり、このとき、
私たちの心には
「誰かに護ってもらいたい」が付きまとう。

「誰かに護ってもらいたい」は
正しい生体反応ですから、
その気持ちをぜひとも大切に、
起業への追い風に使っていただきたい。

そう思う一方で、
どうかおかしなゼロサムゲームに
洗脳されないでほしいなぁと
親心のように思うことが多々あります。

━━━━━━━━━━━━
◆◇
儲かる、と、損をする◇◆
━━━━━━━━━━━━
ビジネスの世界では、
一見、そうは見えない関係性に、
じつは熾烈なゼロサムゲームが潜んでいたりする。

誰かが儲かって
誰かが損をする。

お金の動きで思考すると、
ゼロサムゲームのビジネスの関係は
如実にわかりやすい。

でも、それって、
本来のビジネスのあるべき姿なのかな、
と思考すると
急に誰がジョーカーなのか、
が見えてきたりします。

特に、
「こうすれば儲かりますよ」
「売上UPすべく、ビジネスのことを学びましょう」
といった、
お金を獲得するためのノウハウを学ぶことは
往々にして、ゼロサムゲームのど真ん中なことが多いと
心得ましょう。

━━━━━━━━━
◆◇
お金真理の景色◇◆
━━━━━━━━━━━
2021年からのお金の流れは
ゼロサムゲームであってはならない。

そう感じるのは
きっと
私だけではないでしょう。

誰かが儲かって
誰かが損をする。

誰かが損をして
誰かが儲かっている。

誰かが損をして
誰かも損をする。

誰かが儲かって
誰かも儲かっている。

みんなが幸せなのは
果たして
どのパターンなのだろう、
と思考していると
見えてくる世界観がある。

損をするってなんだろう。
儲かるってなんだろう。

その定義の、もっともっと先に、
私たちはこれから突き進んでいくのかもしれませんね。

*********************

【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る