【 宇宙のマヤ暦】 FROM もりこ

マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。
 
暮らしに「マヤの260日の暦」を取り入れることで、
自然のエネルギーの流れに乗り、
感謝溢れる日々を送る方法を
お伝えしています。
 
宇宙の周期律をあらわしているツォルキン表
ツォルキンカレンダー(マヤの260日の暦)を
日常に取り入れることで
宇宙のリズムを体感し、
本来の私たちを取り戻していきましょう。
 
 
今年もよろしくお願いいたします。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 西暦からマヤ暦へ ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
2021年が始まり半月が経ちました。
 
お正月休みからの成人式の3連休明け。
今週は調子が狂い、
あれ、今日は何曜日?な感覚になっています。
 
7曜日のリズムは
小学生の時から意識づけられて、
どなたもカラダにしみ込んでいるのではないでしょうか。
 
今年も新年を祝い、初詣に行きましたが、 
 
 
西暦のカレンダーの12か月のリズムも、
日常生活の中で当たり前に使われています。
 
もう一つ、私たちの時を刻む時計のリズム。
朝は目覚まし時計で起き、
待ち合わせの時間に遅れないように
腕時計で確認しながら歩き、
時刻表通りに到着する電車に乗り出かけます。
 
一日は12×2=24時間
1時間は60分 1分が60秒
 
干支は十干十二支、一巡して60年
星座は12星座
 
1年を12か月にしたのも、
円の360度を区切るのに
空間分割しやすいことからだったそうです。
 
私たちは、こうして知らず知らずに
「12と60」を基準としたリズムの中で生きています。
 
この周波数に合わせてきたことで
物理的な進化は促進されてきましたが、
円環ループの弊害が起きているようです。
 
 
このメルマガをお読みの皆さんは
「風の時代」という
新しい時代に入ったということを
ご存じかと思います。
  
「古いシステムから新しいシステムへ」
変換の時といわれていますが、 
 
見えない縛りとして使われてきた時間意識を卒業し、
本当の自分の時間を生きる。
 
私たちが宇宙の一員であることを思い出し、
 
 
銀河のリズム「13:20」に切り替えることを
促されているかもしれません。
 
「西暦からマヤ暦」へ
「12:60のリズム」から「13:20のリズム」へ
 
マヤ・ツォルキン暦の「13×20」のリズムを試してみる!
まずはそこからスタートしてみましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ マヤ暦をどう生かしていくか ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
マヤの260日の暦は、
12月15日に新しい260日サイクルに入っています。
 
この日は皆既日食の新月とも重なり、
特別なKIN1の日を迎えました。
 
 
マヤ暦の260日を52日ずつの5つの城に分けた
最初の城の期間は2月4日までになります。
この期間は誕生・種まき期。
 
新しいことをスタートするのによい時ですし、
52日間に出会う人は特に
この260日でポイントになる可能性がありますよ。
 
その期間中で私にとって「鏡の向こうの特別な4日間」
1/28(木)1/29(金)1/30(土)1/31(日)
 
メルマガ投稿5年目に入るご縁に感謝して
  「鏡の向こうの日」キャンペーンをします。
 
「鏡の向こう」ってなに?
マヤ暦をどう活用するの?
この機会に講座を受けてみませんか?
 
どの日も先着3名様・限定福袋(資料)付き講座です。
詳しくは今日のメルマガでご確認くださいませ。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ツォルキン表カレンダープレゼント ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式アカウント

お友だち特典として
合言葉「ワクワクな毎日」とご返信いただけますと
12月15日から始まった260日の暦
ツォルキン表カレンダーをプレゼントしています。

LINEでは
マヤの暦を詳しくご存じない方も
気軽に楽しんでいただけるように
13日毎にワンポイントでお伝えしています。

 
Instagramでは毎日「マヤンオラクル」をアップ
日のエネルギーを
目から感じていただけたらと思っています。
 
毎日の詳しい情報は今まで通りブログで
13×20のリズムに乗る方法をお伝えしています。
http://ameblo.jp/aisuke-shine
 
 
「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。

もりこ(森裕子)
mori.mama.yuko@gmail.com

 

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る