50代 限られた時間を誰とどう過ごしますか from横山秋子

こんにちは!
「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ人材コンサルタントの横山秋子です。

例年なら帰省の準備を

始める時期ですが

今年は悩まれている方も

多いのではないでしょうか。

 

コロナ禍の

移動や生活の制限は、

「限られた時間を

誰とどう過ごすか」を

丁寧に見直すきっかけに

なっていると感じています。

 

今日もキャリアコンサルタントの視点で
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇対照的な家庭◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━
冷え込む朝、

ほっこりした気分で目覚めたのは

昨夜の電話の余韻……

 

「届いたよ~。いつもありがとうね」

幼馴染の結衣ちゃん

(仮名・55歳)からの電話です。

 

ひとり親家庭でかぎっこの私と

両親が公務員の結衣ちゃん。

 

とても対照的な家庭でした。

 

結衣ちゃんは三姉妹の末っ子で、

お母さんは保育園の園長先生。

塾も珍しかった当時、

それぞれに家庭教師をつけるほど

教育熱心でした。

 

小学3年の夏休み

「実花ちゃんも一緒に行こう~」

と、結衣ちゃんのおじさんの運転で奈良へ。

 

信貴山のドライブウェイは

まるでジェットコースターのようでした。

 

乗用車の後部座席に

子ども4人が乗ると

ぎゅうぎゅうで、

重なりあってスリル満点です。

 

おだやかなおじさんは

子どもたちが後ろで

キャーキャー叫んでも、

笑っているだけです。

 

「こんなお父さんが欲しいな」と

うらやましく思ったものです。

 

趣味で易学を学んでいた

おばさんは、

鑑定を頼まれるほどらしく、

母も観てもらっていました。

 

「今年は△月に〇〇方面の

湧き水をくみに行くと

厄除けになる」と、

ドライブがてら案内してくれたり。

 

働き者だけど奔放な母に

振り回されている私が

不憫に感じたのだろうと思います。

 

それは

大人になって

分かったことですが。

 

やがて、母が再婚。

私たちは中学入学の

タイミングで引っ越し、

結衣ちゃんとも年賀状だけの

やり取りになっていきました。

 

 

━━━━━━━━━━━
◆◇訃報◆◇
━━━━━━━━━━━

ある日、

母からの電話で、、

結衣ちゃんのお父さんの

訃報を知ったのです。

 

小学3年の夏休み、

ハンドルを握る

おじさんの優しい笑顔が

蘇りました。

 

「なんのご恩返しもできていない」

 

病に臥せっている

母の代わりに

ひとりで告別式に参列。

 

50年ぶりに再会した

おばさんはとても小さくなっていました。

 

「あら~っ、実花ちゃん来てくれたの」

とても喜んでくれました。

 

 

定年後も

心臓の持病を抱えながら、

「豊かな老後生活」をテーマに

講演活動を続けているとか。

 

キャリアウーマンの気概を

感じます。

 

 

結衣ちゃんに

「結婚は?」と聞くと

「お母さんがいるからね~。

なかなか難しいわぁ」

と、笑っていました。

 

 

おばさんは

「結衣は私の面倒を見てくれたから、

良い縁が遠のいちゃったの。

申しわけないと思ってる」

 

意外にも自嘲気味な

つぶやきでした。

 

結衣ちゃんとの

穏やかな生活に至るまで

さまざまな葛藤があったことが

伝わってきました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇限られた時間◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

母が他界したあと、

ご恩返しに季節のお届け物を

するようになり、

互いの近況報告をしあうのが

楽しみになりました。

 

 

そして、

昨晩の電話で、

持病の発作でおばさんが

入院していることを知ったのです。

 

結衣ちゃん:

 「最近ね、お母さんのそばに、

もう少しいてあげたいと

すごく思うのね。

薬剤師だから

パートでもいいのかなって」

 

わたし:

「おばさんと過ごせる残された時間は

有限だものね」

 

結衣ちゃん:「そうだよね。

もう少し考えてみるわ」

 

 

 

+++

 

数日後、メッセージが届きました。

 

「先日は正直な気持ちを吐き出して、

整理できました。

母が安心できるようマネープランを

見える化して話すつもり。

後悔しないようがんばります!」

 

 

若いときは思いの強さだけで

行動しがちですが、

 

年を重ねたからこそ

相手が受け止めやすいように

智慧と慈悲のこころで

工夫できるのですね。

 

おばさんの笑顔が

目に浮かぶようで

温かい気持ちになりました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「人生のリニューアル」のための
 今日のヒント◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━

 
子供が幼いときは親が世話をする。
親が年老いたら子供が世話をする。
役割の交代。
それが人間の順番。

- 美輪明宏 -

それでは、
今日も豊かな1日を!

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

個人ブログでは引き続き
「働く幸せ」「生きる歓び」を発信しています。

▼50代のキャリアストーリーはこちらから↓
https://ameblo.jp/vitamin-counselor/

 

 

みなさま、どうぞ健やかに

善き年をお迎えください。

 

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る