「私は氣付いていなかった だけだった」 From やわらぎ ゆきこ

おはようございます。

やわらぎゆきこ です。

私たちは「いのち」を遊ぶ子供たち。

生まれて、生きて、楽しむの。

感情って、不思議。

コミュニケーションって面白い。

思っていることが、そのまま伝わらない どころか、

思いっきり違うように伝わっちゃう。

そこで発生するイザコザも楽しんで、

ぜんぶ愛で包みこんで、そして死んでゆくいのち。

長くも短い一生に

めぐり合ってくださって、ありがとう。

***

今日は、以前に「女神の5つのデコルテタイプ」の

オンラインセッションを受けられたA子さんのメールをご紹介します。

このメルマガを読んでくださっている方々の

ヒントになれれば幸いです。

シェアをご快諾くださったA子さん、

ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 忘れる私 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前にセッションを受けてくださったA子さんですが、

そのセッション内容を

私はほどんど忘れています。

色々な方のセッションをお受けしているから…

という言い訳も、できるカモ知れませんが、

正直に告白いたします。

ほとんど忘れている原因は

ただ私が 忘れっぽいからです。

***

「女神の5つのデコルテタイプ」セッションを

申し込んで下さった方には、最初に

「5つのデコルテタイプチェック表」をお送りします。

このチェック表にチェックしていただき、

そのチェックの数を基に

五角形の「5つデコルテタイプ・グラフ」を作って頂きます。

参加者の皆さんに作って頂くのと同時に、

わたしの方でも、

皆さんからチェックの数をお知らせをいただいて

同じように「5つのデコルテタイプ・グラフ」を作ります。

そしてそれを基に

その方の、その時に、最も適切だと思われるワークを行ったり、

必要だと思われるヒーリングをさせていただいています。

その「5つのデコルテタイプ表」は

セッション終了後に破棄します。

その時々の素晴らしいセッションを

感謝しながらビリビリに引き裂いて、

捨てています。

お役目ご苦労様でした!

って感じです。

ですから、

忘れっぽいわたしの中に残っているのは、

その方の印象と、かすかな記憶のみ。

セッションのすべては、

受けてくださった方の中にあり、

その方の日々の生活の中で花ひらき、

人生を変容させてゆくモノですから、

何も残さないで、それでイイ。

そう思っています。

同じ方から、またご依頼をいただいた時には、

以前とは違う人になっていますので、

また新たな気持ちで

その方と向かい合うことが出来るので新鮮です。

いつも新しく向き合うために、

忘れる能力が 高まったのカモ知れませんネ(*´▽`*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 私は氣付いていなかっただけだった ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、前置きが長くなってしまいましたが

A子さんのメールをご紹介します。

読んでいただきたいトコロだけを

抜粋しようかとも思いましたが、

美しい言葉の流れを寸断することしのびなく、

全文をそのままご紹介いたします。

・・・・・

ゆきこさま

あっという間に秋になり紅葉が

美しい季節になりましたね。

あれから怒濤のような日々でした。

自分がこの世から消えてしまうのでは

ないかと思うくらいに苦しくて、

それでも自分の内側に向き合うように

心に寄り添うように過ごしていきました。

やっと自分の中に苦しみを作っていた

大きなものを一つ見つけて癒すことが

出来ました。

それは全てに繋がっていたのですが

見て見ぬふりをしてきた私の過去の

大切な気持ちでした。

それは元旦那さんに対しての

私の気持ちだったのですが、

それに氣づいて自分を許したことで

なぜか今は父にも母にも感謝の気持ちで

家族や仲間に恵まれていたことに

私は氣付いていなかっただけだったと

心の底から何かがひっくり返ったような

これからは違う生き方が出来そうな感覚です。

本当に元旦那さんとの学びは一つ

これで終わったんだなって思いました。

出会った時が18歳で今の私が41歳だから

長くて苦しかった~(笑)

でも、私が何を大切にして

どんな風に生きたいのかを知る

大切な大切な時間になりました。

彼にも今は感謝しているし

しっかりと線引きをして生きたいと

思います。

セッションを申し込みたくてメッセージを

したのに長々と書いてしまいました(笑)

実は昔から、生きるのが怖いとか

痛みや死ぬのが怖いとかの恐怖が

とてつもなく大きくなってきて

自分で自分を不安定にしてしまう

時があります。

それは常にではなくて

何故か定期的にやってくる感じです。

痛みも一緒にやってきます。

ゆきこさんの事が何度も思い浮かぶので

お願いしたいです。

お返事お待ちしています(*^ー^*)

A子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 氣づきのチャンスは、アレッ? ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

真摯に、自分と向き合うことは

とても苦しい作業だったりします。

氣づいてしまえば、

なんだ、こんなことだったのか… と

ぽかん とするような

あっけないことなのですが、

氣づく、その瀬戸際は

本当にシンドイ。

そのシンドさに

もと来た道を引き返し、

「わかったつもり」になってしまう人も少なくありません。

だからと言って、

シンドイことが素晴らしいことで、

シンドさを求めて進むことは違います。

シンドさを感じずに らくらく氣づける…

それが一番イイのですが、

人間って、

シンドクってたまりません…!

っていうトコロまで行かないと、

氣づこうとしない生き物だったりするので、ややこしいです。

自分一人でも十分にヤヤコシイのに、

まわりの人間が絡んでくるから

さらにややこしくなる。

あぁ、ややこしや〜(;´Д`)

そんななか、

色んなことに氣づかせてくれるのは、

自分のカラダだったり、

カラダの症状だったり、

自分の感覚や感情だったり、

まわりの環境だったり、人間関係だったり

色々あります。

氣づきのチャンスは

アレッ?

って思えた時。

それをほっておくと、

その「アレッ?」がどんどん膨らんで

シンドイ現象にまで転がってゆきます。

そして、最終段階では、

アンタ! コレデモ氣ヅカナイノ!!

と、強制終了がかかります。

出来ることなら「アレッ?」って感じた時に、

氣づきたいものですね。

でも、これも経験で、

シンドイ思いを重ねてしてゆくうちに、

「アレッ?」と感じた瞬間に、

ハッと氣づけるようになってゆきます。

これが転がってくと、シンドクなるぞ、

って分かるようになってきて

「アレッ」と感じた時に、

氣楽に手放してゆけるようになるから、ありがたや〜です。

日々のご自分の感覚の中に

その「アレッ」が隠されていますので、

そうぞ、自分の感覚に注意してみて下さいね。

些細な「アレッ?」が、とても大切なんです。

ココでもう一度、

A子さんの言葉をご紹介します。

・・・・・

自分の感覚に素直であること

自分を大切にして生きれるように

そうすれば人にも優しくなれるから(笑)

・・・・・

今年も残すところ1か月を切りました。

コロナ騒ぎはまだまだ続きそうですが、

その中でも工夫して

気持ちよく楽しく過ごしてゆきましょう。

一人ひとりのその工夫が

世界を明るくしてゆきます。

***

今日も、私の物語を読んでくださって、

ありがとうございます。

私のブログ「目覚めのとき」にも遊びにいらしてくださいね。

 <https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12642115890.html> わかったよ、ごめんね。 | 目覚めのとき
(ameblo.jp)

・・・【イベントのご案内】・・・・・

◆「女神の5つのデコルテ」オンライン個人セッション

  お申込み、お問い合わせは

   <https://ws.formzu.net/sfgen/S21095388/>
https://ws.formzu.net/sfgen/S21095388/

◆「新しいチャクラ」個人セッション

新しい時代を迎えるにあたり、チャクラを新しくしてゆくセッション。

小清水小百合さんと共に、カラダの奥深くに働きかけ、整えてから

チャクラを新にしてゆきます。

 詳しい内容はこちら

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12632109318.html

◆「ゆるゆる瞑想」

YouTube動画にアップしました。

ご一緒にゆるゆるしませんか?

 <https://www.youtube.com/watch?v=82hzp-SkeiE>
https://www.youtube.com/watch?v=82hzp-SkeiE

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

ページ上部へ戻る