【 マヤの暦でリズムを変える】 FROM もりこ

マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。
 
暮らしに「マヤの暦」を取り入れることで、
自然のエネルギーの流れに乗り、
感謝溢れる日々を送る方法を
お伝えしています。

メルマガ過去記事はコチラ
https://naturalhealing-school.org/archives/category/mailmagazin/moriko

 
 
新型コロナウイルスの新規感染者数が
連日、過去最多を更新していますね。
 
各地の紅葉の便りが届く中、
「秋の我慢の三連休」と聞くと、
感染対策をしっかりした上で行動しようと思います。
 
帰宅時に手洗いは良いとしても、
外出時にはマスク、お店に入る前に消毒も、
いつの間にか、習慣になっていて、
当たり前って怖いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇ リズムを変える ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
私たちの生活のリズムは、
時計と暦のサイクルに合わせた暮らしになっています。
 
人口時間と自然のリズムでない暦も、
それが当たり前と思って過ごしてきました。
 
でも当たり前が当たり前でなくなってきた今、
私たちはどうやらリズムを変える必要があるようです。
 
年末、12月22日に
木星と土星のグレートコンジャンクションが起こり、
そこから風の時代に入ると言われています。
 
占星術の世界で新しい時代に入るこのタイミングに
マヤの260日の暦は、
12月15日に新しい260日サイクルに入ります。
 
宇宙の周期律をあらわしているツォルキン表
 
そのツォルキンカレンダー(マヤの260日の暦)を
日常に取り入れることで
リズムを変えてみませんか?
 
宇宙のリズムを体感し、
本来の状態を取り戻していきましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇ ツォルキンカレンダーを使う意味 ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ツォルキンカレンダーでは
日をKINで現わします。
 
KIN1~260
太陽の紋章・ウェイブスペル・銀河の音
の組み合わせが260通りになります。
 
①今日の「太陽の紋章」を意識する
②13日間(ウェイブスペル)を意識する
③銀河の音を意識する
 
ツォルキンとは音、
高次元の周波数でそれを可視化したものだそうです。
 
3次元に生きる私たちは
「ツォルキン」を意識することで、
 
高次元に共振共鳴させ、
「本当の私」を取り戻していくことになるわけです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇ ツォルキンカレンダーの活用 ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
西暦のお誕生日と同じように、
生まれて来た日のマヤのお誕生日、
 
自分のKIN「刻印記憶」を知りましょう。
 
あなたはマヤ暦でこんな人!ということや、
 
類似キン・神秘キン・反対キン・ガイドキン
誰かとの関係性をみることもできますが、
 
今日という日のエネルギーと自分のエネルギーが
どんな関係にあるかを知っていると、
 
日々の気づきが変わってきます。
 
時間は意識エネルギーということが体感でき、
 
260日後、
驚くほど成長した自分に感動すると思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇ ツォルキンカレンダープレゼント ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
LINE公式アカウントを始めました。
 
 
お友だち特典として
合言葉をご返信いただけますと
12月15日から始まる
ツォルキン表カレンダーをプレゼントいたします。
 
LINEでは
マヤの暦を詳しくご存じない方も
気軽に楽しんでいただけるように
13日毎にワンポイントでお伝えしています。
 
毎日の詳しい情報は今まで通りブログで
13×20のリズムに乗る方法をお伝えしています。
 
 
12月15日から始まる新たな260日を
新しいダイアリーでスタートしてみませんか?
ダイアリー活用の講座もしています。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7c85f46f388615

「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。

もりこ(森裕子)
mori.mama.yuko@gmail.com

 
 

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る