『暦から季節の変化を楽しみ、感謝する』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 二十四節気 立冬 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━

先週の雨の日以来

朝晩の冷え込みが、日が経つにつれ

厳しくなって来たように感じます。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

一年を二十四等分に区切った

「二十四節気(にじゅうしせっき)」では

11月8日頃から

十九節気の「立冬」になります。

 

立冬は冬の始まりと言われていて

「立冬」から「立春」の前日までが

冬となります

(2020年11月7日から

2021年2月2日まで)

立冬を迎える日は、太陽の動きに

基づいており、毎年11月7日か

8日のいずれかです。

 

冬の語源については

「冷ゆ(ひゆ)」が変化したとか

年が暮れていくので「経ゆ(ふゆ)」

寒さに「震う(ふるう)」からふゆ

と、云うように諸説あります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 山茶花が咲きはじめる  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━

「七十二候」では

11月8日から11月12日ごろ

七十二候 第五十五候 立冬 初候
山茶始開

(つばきはじめてひらく)

山茶花が咲きはじめる

 

山茶花、もともとは「さんさか」と

言われていたのが変化して

「さざんか」となったとか。

ここでは「山茶」と書いて「つばき」と

読ませています。

 

椿の花が咲くのは2月なのですが

椿も山茶花も、同じツバキ科ツバキ属の樹木。

花の形もよく似ているため

昔から混同されていたそうです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 子供の成長は親の願い ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━
11月15日は七五三。
子供の無事を感謝する日です。

 

子供のすこやかな成長を願うとともに、

すくすくと育ってくれたことを

氏神さまへご報告と感謝を伝える日です。

また、子供自身にも
自覚を与える意味を持つともいわれます。

奇数が縁起がよいとされ、
男児は3歳、5歳
女児は3歳、7歳
子供の成長の節目に行います。

医療の発達していなかった昔、
多くの子供が7歳までに

亡くなっていました。
「7歳までは神さまの子」と
言われていました。

3歳になったことを喜び
5歳までの成長を喜び
7歳を迎えたときには
心から安堵したことでしょう。

その年齢まで育ったことを
当たり前とは思わず

家族で感謝し祝いましょう。

 

七五三と言えば、神社で参拝の際に

子供の長寿を祝う縁起物の千歳飴がありますが。

 

この千歳飴の由来は

江戸時代初期の浅草で、
飴売りが細長い飴に
「千年飴」
「寿命糖」
と名付けて売り歩いたのが、
千歳飴の起源と言われています。

「ひととせ」

「ふたとせ」

「みとせ」・・・

昔はこう言って年数や年齢を数えていました。

 

「とせ」は「とし」が変化したものとも

「年経(としへ)」が変化したとも。

「千歳(ちとせ)」は「千年」のこと、

転じて長い年月を表しています。

 

 

 

朝晩の冷え込みや、日暮れが早くなり

少しずつ冬の近付きを体感するようになりました。

これからの気候の変化を、暦を知ることで

楽しんでいただけたら・・・と思います。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る