「聴くこと」の力について楽しく勉強し、コミュニケーションの可能性について探求する学び場です。人間関係においてコミュニケーション・エラーはつきものですが、「傾聴」を通して、どうしてそうした齟齬(そご)が生じてしまうのかを探っていくと、そこには、ふだん隠れている、その人の深層心理が浮き上がってきます。
傾聴学園では、傾聴に必要な、共感力、俯瞰力、自己開示力、それを引き出すための質問力、考察力、言語力などを総合的に学びつつ、それぞれがそれぞれの段階で、深い人間理解をすすめていくことを目標としています。

topまずは、傾聴学園の「傾聴学級」活動がスタート!

テレワーク、Zoom会議、各種オンラインセミナー・・・・・・、オンラインの普及で確かに便利にはなったけど、なんだか実情は、人の話を聞かされてばかり・・・。

top

  • 私の話を最後まで聴いてもらえない
  • しゃべり始めても、話を遮られる
  • 「要点は何?」と上から目線で詰め寄られる
  • 言葉尻を捉えられて、こっちが思ってもないことで決めつけられる
  • ちゃんと伝えたつもりでも、相手が勝手に話を解釈して結局、誤解される
  • 言いたいことが言えないうちに、自分の気持ちまでわからなくなる・・・

そんなストレスで疲労を感じている方へ、

傾聴学園は、「聴くこと」の力を活かし、チャンスや、ヒントや、元気や勇気、そして、その人の持つ可能性をどんどん引き出すことを追求している学園です。

今回、そんな傾聴学園の選りすぐりの聴き上手のプロフェッショナルたちが、あなたのお話をやさしくていねいに傾聴するオンライン上のコミュニケーションサービスを開始しました!

top

会話の主人公は、あなたです。

・・・でも、私、話し上手ではないし、いざ、しゃべって下さいと言われても・・・と不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。お任せ下さい。傾聴のプロ達は、素朴な質問から導入していき、無理なく、あなたのリズムにあわせてお話を引き出していきます。

そしてもちろん、ただ聴くだけではありません。
セッション中、あなたのお話のポイントを「アイビー・マッピング」という独自の技術を使ってメモしていきます。

top

アイビー・マッピングサンプル

人の会話には、

  • 無意識に強調している単語、
  • 気づかずに使っている口癖、
  • 繰り返し表れるキーワード、
  • 意図せずに自分で答えを出してしまうこと、

などが表れてきます。それをすくい上げながら傾聴し、最後にはあなたがお話下さった内容を、要約してフィードバックしていくのが、アイビー・マッピング独特の傾聴の方法なのです!

top

そのフィードバックの中に、あなたはあなた自身の答えを見つけるかもしれません。
また、あなたの会話のクセやパターンを見つけることができるかもしれません。それによって、今後の人間関係の中で、どんなふうにコミュニケーションしていけばよいかのヒントを発見できるかもしれません。

人は、自分の中に「答え」を持っています。

でも、それを見つけるためには、邪魔されることなく、遮られることなく、まずは、自分の言葉で、ゆっくりと語ることのできる環境が必要なのです。

ここは、あなたが自由にあなたを表現できる場所。

傾聴学園は、共感・受容を大前提に、あなたのお話を素敵に聴かせて頂き、そして、「あなたの中の答え」を見つけるお手伝いをしていくオンライン学園です。

top

まずは、お話し下さい。
私たち、傾聴のプロが、あなたの大切な「自己表現」をサポートします。

  1. あなたの「あるがまま」を肯定的に受け入れる聴き方
  2. あなたの立場に共感し、その気持ちをくみ取る聴き方
  3. 批判やジャッジや決めつけなどもない聴き方

topこんな傾聴、いたします。

  • あなたの迷い、傾聴します。
    あなたの迷いをお聴きして、勇気を見つけてゆくお手伝いをします。
  • アイビー・マッピングを使って、あなたのお話を「視覚化」し、何をどう迷っているのか、「迷いの見取り図」をつくりましょう。その中で、何から手をつけるべきか、あなたの中でのほんとうの優先順位は何なのかを明らかにしていきます。
  • 迷いの原因のひとつは、脳内の散らかりです。アイビー・マッピング傾聴で、あなたの頭の中の整理整頓のお手伝いができるでしょう。
  • 脳内がすっきりすれば、漠然とした不安が少なくなります。すると、自然に一歩を踏みだす勇気がうまれてきます。
  • あなたの悩み、傾聴します。
    子育て、夫婦関係、親との関係、仕事の仕方etc、その悩みの「核」を明らかにします。
  • アイビー・マッピングを使って、具体的な悩みのことがらをしっかりお聴きし、あなたのお話を「視覚化」する中で、お悩みの背景にある「心のくせのパターン」を、いっしょに浮き彫りにしていきます。
  • 悩みは、心の潜在領域で「根っこ」がつながっている場合が多いです。アイビー・マッピング傾聴で、そのつながりをていねいに見極めていき、大元になっている「悩みの核」を見つけるお手伝いができるでしょう。
  • 悩みの根っこを捉えることができれば、さまざまな解決策があることに気づきやすくなります。すると、少しずつ自信がわいてきます。
  • あなたのプレゼン、傾聴します。
    あなたが何か発表しなければならない時、傾聴学園が最高の聞き役の練習台になります。
  • アイビー・マッピングを使って、あなたのプレゼン内容をまとめながらお聴きし、それをお返ししながら、お話のポイントは何だったかなどをフィードバックしていきます。
  • 傾聴学園では、聴き手はみな、厳しい「守秘義務」を課せられています。あなたが安心して、どんなお話でもできるように、打ち明けて下さったお話、アイデア、登場人物などは、外部へ漏らすことは、決してありません。

top個人セッション担当の先生たち

それぞれの傾聴学級の先生が、ご自身の傾聴「モットー」を掲げ、素敵な個人セッションを用意してくれました。

  • セッション価格は、60分:5000円。すべてオンラインで行ないます。
  • お申し込みは、以下、それぞれのセッション詳細ページまで、お進み下さい。

傾聴学級 担任:杉山まいこ

どんな傾聴?
『プロフィール傾聴』




自己紹介が苦手、これまでの人生経験をまとめたい、これが私!といえる軸がほしい、そんな方のお役に立てるセッションです。
あなたのこれまでの経験や体験だけでなく、生い立ちやバックグラウンドもお聴きします。
これまでの人生を振り返ることで、自分自身をより知ることができ、これからの人生も主体的に考え、行動する意欲につながります。
様々な変化のあった今年、1つの節目として自分自身の棚卸もしていきませんか?あなたの人生ストーリーを、言葉に残していきましょう。

傾聴学級 担任:照ちゃん

どんな傾聴?
『自然な子育て傾聴』




コロナで育児がやりづらくなったと感じてゐる方、居ませんか?マスクをつけての登校、最低限のコミュニケーションやスキンシップ、今までにない不自然な世の中になりました。
しかし、そんな中でも「子どもをありのまま育てたい」「子どもをのびのび育てたい」「健やかに育ってほしい」そんな自然子育てをしたい方のお話を聴きます。
ただでさえ、育児に悩みはつきもの。だからこそ、一人で抱えず、手放してください。
何を話してもらってもオッケーです。何でもお話ください。「話す」=「放す」とも言います。自然子育て傾聴を体験し、あなたの氣持ちが楽になり、心がのびのびした環境で、あなたのかけがえのない子育てができますように。

傾聴学級 担任:川上おとじ

どんな傾聴?
『仕事中毒を何とかしたい人のための傾聴』




仕事が好き! ・・なんだけど、なんだか疲れているかも。

「○○すべき」「○○せねば」から一旦離れて、思いつくままに、仕事への取組み方、仕事との付き合い方、仕事への想いをお話しください。あなたが仕事中毒になるほどの情熱の根源はなんですか?

頑張った仕事が上手くいくと達成感があります。その頑張りの根源は、自分がhappyになるためにそうしているのか、何かの恐怖や不安が起因しているのか。話してみることで、一度、棚卸ししてみませんか?

そこからどうしたいかは、自分で決めていいのです。自分軸を取り戻しましょう。
答えは自分のなかにしかありません。

傾聴学級 担任:ドロシー

どんな傾聴?
『自分でも気づいていない自分で本当にやりたいこと傾聴』




あなたの”大切”を聴かせてください。
もしいまあなたが毎日の生活に追われ
自分を後回しにすることが当たり前になっていたら。。。
そして、ふと気づくと周りの人が羨ましくみえて
しまうことがあったら。。。

もしかしたら、それは、あなたの”大切”を
ゆっくりと見直す時期のサインなのかもしれません。

 

わたしは何を大切にしたいのか?
わたしは本当は何がしたいのか?
いまはわからなくても大丈夫。

話していくうちにあなたの中から
あなたの大切がわきあがり
あなたの気づいていなかった
やりたいことにつながります。

あなたが主人公です。

このセッションであなたの”大切”を
一緒に大切にできたらうれしいです。

傾聴学級 担任:小室ひろみ(りき)

どんな傾聴?
『一生懸命なのに、何だかいつもうまくいかない人のための傾聴』




家族も
仕事も
自分も大事。
全部一生懸命やってきたけど
忙しいまま時間が過ぎていく・・

で、何をやりたいんだろう?
私は何ができるんだろう?

自分の事はわかっていたはずなのに
ふとわからなくなる・・

そんな時に
最大限有効なのが

ibマッピング+傾聴

抱えている
いろんな荷物を
ちょっと下ろしてみませんか。

傾聴学級 担任:長尾ひさえ

どんな傾聴?
『なぜか自分のことを後回しにしてしまう人のための傾聴』




自分のやりたいことがあっても我慢して、子どものやりたいことを優先する。
自分の意見を言うよりも、言わないで丸くおさまったほうが良いと思っている。

このように「なぜか自分のことを後回しにしてしまう人」は、無意識で自分の気持ちより、相手の気持ちや周りの状況を優先しているかもしれません。
自分の気持ちにフタをして、感じないようにしているのかもしれません。

 

いつも聞き役になっていて、自分の気持ちを「話す」ことが少ない方は、心の中はモヤモヤしていて、漠然とした不安を抱えているのではないでしょうか?

そんな方こそ「話す」時間を意識的に作っていただきたいのです。

傾聴学級 担任:日置三津子

どんな傾聴?
『未来の傾聴』




モヤっとしている未来に形を!経験を資源として読み解いて、理想の未来へと踏みだしましょう。
あなたの経験は、望んだことも与えられたことも、全てが “私にしかできない仕事” をするための大切な資源。あなたの話を聴くことで、あなたの中に眠る資産を掘り起こします・次のステップへとつなぎます。

経験にはポジティブもネガティブもありません。
大切なのは目線。体験したことにどんな意味づけをして、どこへ繋いでいくか。その目線ひとつで、全てを財産として読み解くことができます。
理想の未来へシフトチェンジ!あなたの声に深く耳を澄ませ、形に現していきます。

傾聴学級 主任:菊池唐子

モットー『夢中の傾聴』




【普段の会話とは違うアウトプットのための傾聴セッション】

話すことは、コミュニケーション手段であり、効果的なストレス発散法でもあります。

だから、話すほどにストレス発散できるはずなのですが…たくさん話したのに「モヤモヤが残る」そんな経験、ありませんか?
それ、もしかしたら「顕在意識」と「潜在意識」が矛盾や葛藤を抱えたまま、お話しているのかもしれません。
特に受け取ること(インプット)や、「誰かのために」と、自分を後回しにするのが多い優しい方は「モヤモヤ」とか「イライラ」を抱えがちです。そんな方こそ、アウトプットの時間を意識して作って頂きたいと切に願っています。

傾聴学級 担任:谷本淳子(あっちゃん)

モットー『安心傾聴』




今の状態をなんとかしたい。
思い通りに行かず、どうしていいかわからない。
将来を考えると、このままでいいのかと不安になる。

もし迷っていることや悩んでいることがあるのなら、まずは、ご自分の気持ちを知ることから始めませんか?

安心傾聴で、私がお手伝いします。

話しがまとまっていなくても、気にしなくて大丈夫。
話すのがヘタだから伝わらないかも…。そんな心配も必要ありません。
思うままに、どんなことでも話してください。

あなたの話しをじっくり聴かせてもらいます。
そして、あなたの言葉を丁寧に拾っていきます。

そこには、あなたの気持ちが出てきます。
気持ちがわかれば、答えは見つけることができます。

傾聴学級 担任:菊入ゆきこ(きくちゃん)

モットー『愛の傾聴』




今のあなたの悩みや、心に想っていることをお聴かせください。

あなたの魂が本当に望んでいることはいったい何なのか。
そこにフォーカスしながら
時にガイドと繋がりながら
答えを一緒に導き出していきます。

 

「答えは、あなたの中にある」

そこにたどり着くよう、共にいながら
あなたの「ほんとうの気持ち」に繋がるお手伝いをいたします。

悩みは、とても辛いものですが
それは「このままでいたくない」
「前に進みたい」という
「ほんとうの自分」からの愛のメッセージ。

「悩み」の先にある
「本当に望んでいた最高の未来」へ
フォーカスし新しい自分に逢いにゆきましょう。

傾聴学級 担任:吉田絵里子(よっしー)

モットー『全肯定傾聴』




あなたには「力」があります。「全肯定傾聴」セッションでは、まず、思いの丈を存分にお話ししていただきます。
「話す」と「放す」。「言える」は「癒える」。何より全肯定で、あなたのお話をお聴きします。そして私の方からもお話しいただいた内容に対して、「アドラー心理学勇気づけコミュニケーション」の視点からのヒントをお伝えいたします。
「アドラー心理学勇気づけコミュニケーション」とは、自分や相手の心を元気にしたり、「自分には力がある」「人々は仲間だ」と思えるような関わりのことを言います。セッションを受けることで、自分自身や周りの人・出来事に対しての「見え方」が変わり、自信が生まれ、世界観が一気に広がりますよ。

アイビー・マッピングとは、自然治癒力学校理事長、おのころ心平が、27年間、3万千件近くのカウンセリング現場で積み上げてきた傾聴・共感の手法をすべて積み込んだコミュニケーションツール。

具体的な方法は、マッピングをとる人が、その時のテーマに沿って、語り手に質問します。

top

そして、聴き手は、相手が答えた言葉だけを、○で囲みながらアレンジもジャッジもせずに書き出し、つなげていきます。この過程を繰り返すだけで、不思議なことに、語り手のココロの内情が整理され、ココロの中のモヤモヤが言葉化されることで、自分のほんとうの欲求を知ることができるのです。

紙とエンピツがあれば、いつでもどこでも誰とでもできる最強のココロ整理術、それが、アイビー・マッピングです。

ページ上部へ戻る