『心地よさを感じるだけで。』From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】について

発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

 

花王(株)は、

(↑ご存じですよね。

おむつで言ったら、メリーズ

シャンプーで言ったら、メリット)

 

養育者と子どもの間の

愛着形成に関わったり、

他者との間に信頼感を

生み出すホルモン

 

『オキシトシン』と触感との関係について

以前から研究をしています。

  その内容が、すごく興味深いのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ やわらか・ふんわり  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

花王感覚研究所は

2018年にこんな報告をしました。

 

『凹凸の形状で風合いに違いをつけた

赤ちゃん用・紙おむつに使われる素材に、

成人女性が手の平側で触れたとき、

その触感の違いによって

唾液中のオキシトシン量の変化に

差が出ました。』

 

 

素材のうち、

より「やわらかい」「ふんわりする」と

感じられるものを触ったときに、

唾液中のオキシトシン量が

増加することが示されたんですって。

 

 

さらに

2020年10月には

『手で触れたときに

やわらかさや心地よさを実感するほど

唾液中のオキシトシン量が

増加しました。』

と報告されました。

 

 

つまり、

肌で心地よさを感じるだけで

オキシトシンが増えるのです。

ドバ~っと。(イメージです)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 肌の質感が向上しちゃう  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さらにこんな研究も。

 

20-49歳の女性を対象にして

チークブラシを用いて前腕を撫でるような

心地よい刺激を、

1日2回(3分間/回)、

4週間継続しました。

 

その際、触覚刺激前後の

唾液中のホルモン量の変化率をみました。

 

結果、

唾液中のオキシトシン量が増加しました。

ドバ~っと。 (イメージです)

 

 

さらにさらに。

20-49歳の大きな肌トラブルがない女性、

89名に対して行った研究の結果、

 

唾液中のオキシトシン量と

肌の質感スコア

(キメの整い感、色むらのなさ、つや、肌表面のなめらかさ)とが、

関連を示しました。

 

要するに。

触覚刺激による快感情の度合いに応じて、

オキシトシン量が増えて、

なんと、

肌の質感が向上することが示唆されたのです!

すべすべと。(イメージです)

 

 

オキシトシンの研究は

近年、始まったばかりです。

俄然、今後が気になりますよね(笑)

 

【本日の結論】

心地よいと感じるものに

たくさん囲まれる環境を作りましょう。

あなたの肌のためにも。

 

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの今日に、明日に

少しでも役立てたら、幸いです。

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る