「ココロのどこでもドアをひらく!?」 FROM 三戸コンドリア

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ココロのどこでもドアをひらく!? ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます

ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
三戸コンドリアです

毎月第2、第4金曜日は
『ミトコンドリアからみたココロとカラダの世界』を
ご紹介します

今日は
あなたの
「ココロのどこでもドアを開く!?」
というお話をします

どうぞよろしくお願いいたします

【このメルマガを音声で聞きたい方はこちら】
■三戸チャンネル
第49回 ココロのどこでもドアをひらく!?
https://youtu.be/qe2Ps5-CRr0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇楽しかった、ほんとーに!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>
楽しかった〜
ほんとーに
私はいま
【からだの声を聴くセッション】を
させてもらっています
気になる方ご連絡くださいネ
>>

これは
私の話ではありません

いま
からだの声を聴く技術を学んでいる
受講生のKさんが
実際に
からだの声を聴くセッションを
やってみた感想を
SNSでこう紹介してくれました

彼女はこうもいっています

>>
話を聞いているうちに
どんどん相手の心が解放されて
大切な事まで語ってくださり
最後には前を向いて行ける姿にウルウル
同じ空間で
この空気感を味わうって
大切だなぁとつくづく感じました。
>>

とても素敵な感想だと
思いませんか

からだの声を通した
その方とのやりとりに
愛と感動が
伝わってきます

それを受けてみた
Yさんも
こんな素敵な感想を
彼女にくれたそうです

>>
体の声を聴くセッション
気になっていた事や
自覚して無い事
全て当っていて本当にビックリでした

私の体は
今の私に本当に大切な事を伝えるために
不調という形で現してくれていたのですね

セッションを通じて、
自分も愛おしくなったし
家族、ご先祖様に対して
本当に大切にしていこうと思いました

これから
体の声を聴くセッションで
もっと沢山の人を
救ってあげてください!
応援しています
>>

私は
この話を教えてもらったとき
涙がでました

自分のこと以上に
うれしく思いました

なぜなら
「からだの声を聴く」ことを
誰かに伝えることは
この世の中に
愛と感謝を伝えることと
心の底から思えたからです

たとえば
からだの声を聴くことは

その方が
より自分を
愛おしく思えたり

自分なんてと思っていた人が
新しい自分の価値を感じたり

何かをする自信がなかった人が
一歩前に進む勇気が湧いてきたり・・・

それぞれケースは違っても
今まで気づかなかった
新しい自分を
発見することになるのです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇それは新しい自分に出会うこと!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「からだの声を聴く」とは・・
それは
新しい自分に出逢うことです

ある受講生さんは
このことを
「こころのドアを開く」
とおっしゃってくれました

なぜかというと
からだを通して
こころの世界をみてみると

目に見えなかった
ココロの世界が
一瞬にして
目の前に現れるからです

まるでそれは
「どこでもドア」のように
突然目の前に現れて
その扉を開けると
自分が今まで知っていた世界と
違った世界が
たくさん広がっていくから・・

こころの世界は
目に見えません

だから
多くの人が悩みます

たとえば
自分がほんとうは何をしたいのか
自分はいったい何者なのか
自分がどうすればいいのかが
よくわからないからです

その結果
ついつい
「自分なんて」と
自己否定してみたり

「自分は何もしていない」と
自分の無価値観に苛まれたり

そうやって
苦しんだ経験が
あなたには
ありませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇勇気を出して目の前の扉を開くと!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「自分の価値を認められない」

何を隠そう
それは私のことでした

自分はいったい
何をやりたいのだろう
自分の価値とはなんだろう

それを探すために
たくさん本を読んだり
たくさんセミナに出たり
必死に「自分」を
探していた時期が
私にはあります

セミナ代だけでも
うん千万円
かけたことでしょう

「あなた
もう少し家計のことも考えて」

妻には大変苦労をかけました

ただそこまでやってみて
わかったことは
明確な「自分」というものは
「ない」
ということでした

私のテーマ
ミトコンドリアの世界から
こころの世界をみると
「自分」というものは
それをみている時間や場所によって
コロコロと変わっていきます

しかし
それはちょっと視点を変えると
その時々で
どんな自分にもなれる
ということです

からだの声を聴くことは
カラダを通して
その自分に会いにいく
扉をあけるようなものです

目の前に現れた
こころのドアの扉を開けると
そこには
好奇心いっぱいの
新しい世界が広がっています

「からだの声を聴く」
というと
何か難しいことと
感じる人もいるかもしれません

しかしそれは
決して難しいことではありません

目の前にある
「こころのどこでもドア」の
開け方さえ知ってしまえば
そこには
無限の世界が広がってみえるからです

私たち日本人は
とくに
「自分に価値がある」
「自分のことが好き」
と思えない民族です

なぜなら
いにしえから
「個」よりも「和」を
重んじるよう教育されてきたからです

これが
悪いことではありません

ただ
これからは
もう少し自分のことに
目を向けてみませんか

自分の価値
自分の好きなこと
自分のやりたいこと

それがわかると
あなたは今より
もっと強くなれます

そして
もっと優しくなれます

レイモンド・チャンドラー氏の小説のなかで
フィリップ・マローはいいました

「タフでなければ生きていけない。
優しくなければ生きている資格がない」

ほんとうの強さは
優しさの向こう側にある・・

あなたのその優しさ
「からだの声」を使って
活かしてみませんか?

毎日を自然療法に変える
『 日常セラピー 』

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます

FROM 三戸コンドリア

++++++++++++++++
■ミトコンドリアを通してからだの声を聴きたい人へ
第1期ZOOM基礎受講生募集中
詳しくはこちら
↓↓↓
 https://mailform.mface.jp/m/frms/sakurasaku2005/7g9j7ekts5c3
(※個人セッション後紀伊棒の方は申込ページから空き状況をご確認ください。
ただいま約3か月待ち状態で大変お待たせしていることお詫びします)

++++++++++++++++
「ミトコンドリア」と「エネルギー」についてもっと学んでみたい
無料メールレッスンマガジン
ザ★ミトコンドリア通信
メルマガ登録してね☺
↓↓↓
http://mitochondria-school.com/mailmag/

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る