「磨く」お金~美しいお金の物語~from 松田まり

おはようございます。

松田まりです。

先日、オーダーしていたハンモックが
我が家にやってきました。

ハンモックを吊るして
ゆったり昼寝をしたり、

チェアにして、
ブランコのように
揺れながら読書をしたり。

https://ameblo.jp/mmshan223

なんとも
「おうち時間」が楽しくて

ていねいな暮らしに
たくさんの「息触り」を感じる
今日この頃です。

━━━━━━━━━━━━
◆◇心と記憶の躍動感◇◆
━━━━━━━━━━━━━
2年ほど前のこと。

電車に乗ろうとホームに立っていたら
声をかけられました。

「松田さん、ですよね?」

ふと見ると、
私と同い年くらいの女性の方。

「あ、こんにちは!」
とニッコリ挨拶をしたものの、

心の中では、

「え?誰だろう?」

「どこでお会いした方だろう」

と、私の脳みそはフル回転。

どこかでお会いしたことがあるのか、
記憶をたどっても
瞬時に、どなたかわからず。。。

すると、

「以前、
松田さんが司会をされていた
イベントに参加したものです」

「お見かけして、
あ、松田さんだ、って嬉しくて、
声をかけてしまいました」と。

700名ほどのイベント。

司会をしていた私が
その方とご挨拶するチャンスはなく

それでも
「松田さん」と
お声がけくださったのだそう。

有名人でもない私に会って
嬉しいと言ってくださることに
大感激したことはもちろん、

それ以上に、
「あ、松田さんだ」って
瞬発力で話しかけられる

その方の
幸せフルで自由な心の動きに
感動を覚えました。

簡単にできそうで、
なかなか実行に移せない
心の自由。

その方の笑顔は、
今でも鮮明に
記憶の映像として
私の脳裏に焼き付いています。

━━━━━━━━━━━━
◆◇8割方、あっち◇◆
━━━━━━━━━━━━━
私たちって、
ともすると、
頭で考えることに
執着してしまう。

「こっちの道に進んだら、どうなるんだろう」

「あっちの道に進んだ方がいいかな」

頭で考えることって、
実は、
8割方、悪い結果を想定してしまうと
言われています。

私たちにもともと持って生まれた
シナリオがあるとしたら、
その道を歩むのが、
人生の幸せな道。

その道に
ショートカットでたどり着くために
一番大切なことは

頭で考えるのではなく
「自分の感性」を磨くこと。

野生の勘の鋭さで
感性を味方につける。

私がホームで会った女性の
無邪気な笑顔。

思わずだれもが
ニッコリ笑顔になってしまう。

自分の感性に従って生きている、
その証、なのでしょう。

━━━━━━━━━━━━
◆◇
「人生をどう生きるのか」
     を選ぶ時期◇◆
━━━━━━━━━━━━━
「自分の感性」が豊かな方は
「お金の感性」も豊かに満ちています。

そして、
「お金の感性」が豊かな方は
「多感なお金の動き」に満ちています。

今、お金がないから「将来もお金がない」のではなく

今、お金があるから「将来もお金がある」のではなく

お金の動きを、感性でとらえ、
ゼロから100の価値を創造できる。

私たちは、
遅かれ早かれ、
人生のどこかで、
「人生をどう生きるのか」を選ぶ
時期がやってきます。

感性を高め、
価値を生み出していくこと

実は
「人生をどう生きるのか」と
同じだということ。

きちんと見据えて
前に進んでいきましょうね。
━━━━━━━━━━
◆◇11月11日まで
 個人セッション◇◆
━━━━━━━━━━━━━
「こんなこと相談していいのか」
なんてことは微塵も感じなくてOKです。

最近は、
お金の心理ブロックについて
ご相談をお受けするケースが増えております。

どうぞお気軽にご活用ください。

(お申込みは
2020年11月11日までお受付けしております)

【松田眞理公認会計士事務所個人セッション】
https://88auto.biz/marimatsudacpa/registp.php?pid=15

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

 

関連記事

ページ上部へ戻る