波動を上げるよりもまずはチューニング!From Dr.やすこ

ごきげんよう!

女性のためのココロとカラダ研究所

所長のDr.やすこです。

 

今日は体育の日!

と思ったら、

カレンダーではそうではなくなっていました。

 

1月1日

2月2日

・・・・

10月10日

11月11日

12月12日

 

このようにゾロ目の日は、

ワクワクしてしまうのですが、

数字が合わさるだけで

気持ち良くなるのは

これも周波数合わせだなあと感じます。

 

――――――――――――――――――

◇◆ 周波数を上げることの怖さ ◆◇

――――――――――――――――――

知ってましたか?

周波数を上げると、

周波数は波なので。

下がる時に物理的に下の波がもっと下に下がります。

 

例えば、-100から100の間を

上がったり下がったりしている人が、

宝くじが当たって一気に1000まで上がったとします。

 

そうすると、その人の波の中心が0ベースだと、

一気に波が下がる時に–1000まで下がってしまうのです。

 

-100でもきついなあと思っている人は、

-1000になってしまうと死にそうにきつい。

そう感じてしまうのです。

だから一度に上げるよりも、

段階を経て上げていく方が安全なのですよ。

 

だけど、そこに快感を得られるなら、

面白がっていくのもありだと思います。

 

どちらも自己判断、自己決断の自分軸で決めるのですよ。

 

 

――――――――――――――――――

◇◆ 周波数を自由自在に操る ◆◇

――――――――――――――――――

周波数を自由に操る?

なんて怪しい響きですよね。

 

だけど、聞いて欲しいのです。

イーマ・サウンド®︎が昨年の9月に、

オトトロンというデバイスにより、

とても進化しました。

 

そのことにより、

施術される側の変化はもちろん、

施術する方の読み取りも一層深くなりました。

 

周波数がズレていると、

音はワンワンと唸り、

整っていくと、

音はまるで凪ぎのように落ち着きます。

 

元々頭の方は周波数は高く、足の方は低いです。

また、臓器によっても違うのです。

高い方がいいとか、

低い方が悪いということでは無いのです。

 

しかし、幽霊は低い振動(周波数)を好み、

天使は高い振動(周波数)のところにいます。

 

これが誤解を招いたのかもしれませんね。

 

遊園地に行って、

お化け屋敷も、

メリーゴーランドも、

ジェットコースターも、

どれも楽しめるのが、

周波数を自由自在に操ること、

の練習になっている。

 

そう考えたら、

周波数を操るのは、

案外優しいことなのかもしれません。

もちろん、現実の世を、

遊園地さながらのように楽しむこと。

これが本当の周波数を操ることになります。

怖いけど、一緒にやっていきましょう。

 

―――――――――――――――――――――――――

◇◆ 周波数を上げるよりもチューニングが大事 ◆◇

―――――――――――――――――――――――――

ここで問題です。

ギターをチューニングせずに

音楽を奏でたらどうなるでしょうか?

 

んんんーーー。

もしかしたら不協和音に耳を塞ぐかもですね。

カラダの臓器もひとつひとつが、

楽器と同じように特定の周波数を持っています。

 

病気はこの特定の周波数がズレている状態です。

だから、カラダから不協和音が出て、

気持ち悪いのです。

楽器なら耳を塞げばいいですが、

自分のカラダの不協和音は聴き続けないといけない。

 

だからカラダの声を聴く。

それに対してアプローチをする。

その繰り返しが病気直しに繋がるのです。

とってもシンプルなのです。

 

では、どのようにしたら良いか?

それは、快か不快か?

が羅針盤になります。

 

衣・食・住、

そして、

食欲・睡眠欲・性欲。

その生活のひとつひとつの快を取りに行く。

 

それがチューニングそのものの極意です。

今は快を探すのが苦手とする人が多いです。

でも諦めないで欲しいです。

だって、世界中どこを探しても、

あなたをあなたのココロ100%分、

喜ばしてくれる人は

いないからです。

相手に幸せにし欲しいと思ったら、

説明し、分かってもらう必要があるからです。

 だけど、その隙を好きでうめていく。

それが面倒だけどパートナーシップなのです。

そんな自分のココロとまずはチューニングをする。

 

どこから始めたら良いか?

それはもちろん第1チャクラですー

第1チャクラをチューニングすると、

変化は早いですからね〜

第1チャクラは女性は膣にあたります。

 

悩める女性には、

『ちつのトリセツ』

とっても参考になりますよ。

 

それではまた!

佐賀(性)より愛を込めて。 

 

友達申請はメッセージを一言添えてくださいませ
FBページ  https://www.facebook.com/yasuko.nishimura.583
∞Dr.やすこ∞のはっちゃけ人生  http://ameblo.jp/mopera888/
Dr.やすこの秘密の部屋 https://peraichi.com/landing_pages/view/dryasuko888

チャクラを整えるイーマ・サウンド(R)施術も

随時受け付けています。
イ―マ・サウンドについては、
さとうみつろうさんの笑えるスピリチュアルで紹介されました。
こちらをご覧ください。
https://ameblo.jp/mitsulow/entry-12462572650.html

 

Dr.やすこ 医師(神経内科)
一般社団法人性愛セラピスト協会認定性愛セラピストトレーナーとしても活躍。
思春期の子どもの性教育や親子でできる性の話を伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る