【 マヤの叡知 宇宙とのつながりを確認する 】FROMもりこ

マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。
 
暮らしに「マヤの暦こよみ」を取り入れることで、
自然のエネルギーの流れに乗り、
感謝溢れる日々を送る方法を
お伝えしています。
 
メルマガ過去記事はコチラ
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
◆◇  古代マヤ遺跡 素粒子で解明 ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
   
宇宙が好きでよく見るTV番組
「コズミックフロント NEXT」
 
先週の放送は、
「宇宙からの素粒子で探る
古代ローマ遺跡とマヤ遺跡」
 
日本の科学者たちが
宇宙から降り注ぐ素粒子ミューオンを使った透視技術によって、
2017年にエジプトの大ピラミッドに巨大空間を発見しています
 
その名古屋大学のチームが今回透視に挑む、
古代ローマのソンマ・ヴェスヴィアーナ遺跡、
そして、
古代マヤ文明・最盛期に栄え、
紀元6世紀~8世紀に絶大な存在感を誇ったコパン遺跡
番組ではその探索に密着。
 
コパン15代の王墓、
果たしてヒスイの仮面をつけた王様の棺は
見つかるでしょうか。
 
 
宇宙と考古学の不思議なつながり。
 
遥か彼方の超新星爆発によって作られた宇宙線で、
今の技術を使って、
数千年前(宇宙からしたらちょっと前)の古代遺跡を見るという、
 
「時間と空間のスケール感が面白い」と
調査する先生がおっしゃられていました。
 
今後も科学技術が進むにつれ、
古代文明が私たちに残してくれた叡智が
次々と解明されてくるのでしょうね。
 
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
◆◇  金星に生命体存在か  ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
   
おのころ先生もブログに書いておられましたが、
先日の大ニュース!
 

地球では生命体によって生み出されるガスが

金星の大気から、検出されたといいます。
地球外生命体探査史上「最大」の発見だそうです。
 


実はマヤ人は、遥か昔から
プレアデス人やアルクトゥルス人と呼ばれる存在たち
(銀河の航行者)と連携していた、とか。
 
マヤ暦は、プレアデス星団から来た
アトランティスの碩学者がもたらしたもの、
という伝承もあるそうです。
 
マヤ文明において儀式暦に使われてきた260日の暦。

今もグアテマラやメキシコの各地に継承される
伝統的な260日の暦をもとに、
 
ホゼアグエイアス博士がよみがえらせた
現代版のマヤ暦。

 

この暦が現代に生きる私たちのリズムに合っているから

シンクロニシティが起きるのでしょうか。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
◆◇  占いはなぜ当たるのですか  ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
  
占星術研究家・鏡リュウジさんの著書
『占いはなぜ当たるのですか』
 
私は占星術はあまり詳しくないのですが、
気になる題名で読みました。
 
(本文より)
 
「占いはなぜ当たるのですか?」
この問いには、大きくいって二つの立場からの返答がある。
一つは因果論、もう一つはシンクロニシティ論だ。
 
星が「原因」となって、地上のさまざまな現象を「引き起こす」
 
因果論で説明するのに無理がある
そこで登場するのは、「シンクロニシティ」という考え方だ。
 
懐疑的な人々なら、
占いが当たる、というのは「思い当たる」ことにすぎないし、
「意味あるこじつけられた偶然の一致」だというに違いない。
 
しかし、それでも
「当たっている」と感じる瞬間にドキドキするのは、
自分がこの宇宙のなかで「一人ではない」、
自分の人生が宇宙の運行と共鳴し合っている、
意味のある存在だと感じられたことにあるのではないだろうか。
 
・・・
そして占いが「当たった」ときに、
宇宙と自分との思いがけないつながりを感じて、
喜んだり楽しんだりすればいいのである。
 
(以上、抜粋させていただきました。)
 
 
大先生と同じというとおこがましいのですが、
私の想いも同じです。
 
「宇宙とのつながりを感じる」ツールとしての「マヤ暦」は、
 
本来「暦こよみ」ではあるけれども、
生まれた日の氣をもっているとして、
 
仮説に基づく統計学で、
 
起きるシンクロニシティを
 
喜んだり楽しんだりしてほしいと思って
お伝えしています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
◆◇  今日という日を味わう  ◇◆   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
今日という日がマヤ暦で見て
どんなエネルギーの日か、
自分とどんな関係性がある日か、
 
少し意識して過ごすだけで
気づきがあります。
 
現代社会に生きる私たちにとって、
「12×60」のリズムである
グレゴリオ暦(365日の暦)は外せませんが、
 
宇宙の暦と言われる260日のマヤ暦を併用し、
13×20のリズムに乗ることで  
「本来の時間」を取り戻していきます。
 
「本来の自分」を取り戻すことで
シンクロニシティを繰り返し体験します。
 
宇宙とのつながりを実感し、
宇宙のサポートに気づきます。
 
何気ない一日が
感謝溢れる日々に変わります。
 
マヤ暦を活用することで
見えないエネルギーの確認ができます。
 
「あなたの特別な日」を活用することで、
さらなるミラクルが起こせるかもしれません。
 
今日はマヤ暦のどんな日?
詳しい情報は毎日のブログで
13×20のリズムに乗る方法をお伝えしています。

 
あなたのKINナンバーを知って
マヤ暦を日常に取り入れてみませんか?
 
マヤバースデーをお知りになりたい方は
生年月日をお知らせいただけば、
あなたのKINナンバーをお調べします(無料)
一言いただけると嬉しいです。
 
マヤ暦はじめてさんのためのZoom講座をしています
 
周りの人を簡単にみれるようになる初級講座は
10月も限定お二人様
プライベートzoom講座で
ご家族の資料もセッションも盛り込んでさせていただきます。
 
「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
もりこ(森裕子)
mori.mama.yuko@gmail.com
 

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る