正座でできるカラダの整えかた from やこうかずえ

おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。

東京、表参道の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と和のカラダの使い方をお伝えしています。

「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です。

そして日常に活かせる和のカラダの使い方をセルフケアでお伝えしています。

このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   正座の効能   ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

正座って、最近していますか?

江戸時代に入ったあたりから
正式な座りかたに
正座が取り入れられてきました。

実は正座は上手にカラダを
使うことが意識しやすくて

カラダを整えていく
座りかたなのです。

骨盤の位置が楽な位置になりやすく
カラダが繋がりやすいのです。

***

正座を楽に座る極意。

ふくらはぎと太ももの間に
一枚の和紙があるとイメージをします。

その和紙をくしゃくしゃにしないように
そっとお尻を下ろします。

かかとにお尻が
優しく触れている感覚です。

そのままの感じを維持していきます。

***

初めて礼法の先生から
この方法を教わった時

私はもう辛くて辛くて
30秒も座っていられませんでした。

太ももはプルプルしてくるし
お尻は重いし、、、

そう、お尻をドスンと下ろした
座りかたは上半身を下半身に
預けきった使い方になるのです。

一方
そっとお尻を足に乗せる座りかたは

上半身は自立していて
下半身に頼りきっていないのですね。

だから太ももはプルプルしないのです。

***

上半身が自立するには
骨盤が良い位置で安定して

背骨が緩やかなカーブを描き

背骨周りの筋肉群や
腸に近い腹筋が

皆それぞれの役割を果たして
しっかりと支えてくれる
必要があります。

このカラダを
立てておくための骨と筋肉は

私たちがカラダと末永く
仲良く快適に過ごすためには
とても必要なものになるのです。

楽に長く使えるカラダ。

この体感覚を磨いていくのに
正座はとても適しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   上半身を軽くするエクササイズ  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、その引き上げの感覚を
感じるエクササイズを一つ。

正座をして前に手をついて
カラダを倒していき
お尻を浮かせます。

カラダを前に屈めたまま
お尻をフワッとかかとに乗せます。

そのままカラダを起こして
バンザイをします。

上に上に伸びて伸びて。

お尻が少し浮くくらい
頑張って伸びたら

その引き上がった上半身を
維持しようとしながら
ゆっくりと手を下ろします。

同時にお尻も
そ〜っと
かかとに下ろします。

しばらくその引き上がった
感じのままを保ちながら呼吸します。

好きなだけそのまま座ってみましょう。

***

どうですか?

上半身を引き上げたまま保とうとすると
お腹周りの筋肉群を結構しっかり
使うことになると思います。

この上半身を引き上げた
正座をした後は

背筋がスッキリ伸びやすかったり
椅子に座っても背中や腰が
楽に感じたりします。

正座を維持する筋肉は
カラダを立てておくということに

とても重要な筋肉群を効果的に
使う感覚を育てることができるのです。

***

和のカラダの暮らしかた連続講座では

正座についても色々な角度から
お伝えしています。

この間の講座でも
カラダの引き上げのワークや
手の形で変わるワークをして
変化することにとても盛り上がりました。

軸が整うカラダの使い方は
人から見ても美しさが
際立つものになることに
皆さま驚かれて納得していました。

9月以降のコースは
メルマガでご案内しています。

ご興味のある方は
ぜひ登録してくださいね。
↓↓↓

《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
https://17auto.biz/ichireian/registp.php?pid=2

月のリズムで届くメルマガです。

満月
下弦
新月
上弦

だいたい月に4回くらい。
メルマガが届くことで月のリズムを意識することが楽になったというありがたい言葉もいただいています。

いつも変わらずそこにいてくれる
「お月さま」を味方につけて

さらにあなたのカラダの調和が整い、
よりいっそう美しいリズムを刻んでいきますように。

矢古宇 一江(やこう かずえ) 腱引き師
腱を調律して体の音色を響かせる腱引き師。
未来へのギフトになるような小さな習慣自分の体の慈しみかたをクリエイトします。
一人一人に合ったセルフケアをセッションや講座を通じて最大限にカラダの可能性を引き出すサポートをしています。
【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
【ブログ】
《自分のカラダの慈しみ方・腱引き師のブログ》
http://ichireian.com/?page_id=8
【HP】
http://ichireian.com/
【Facebook】(フォロー大歓迎です)
https://www.facebook.com/kazue.yakou
【腱引き・全国の道場一覧】
http://kenbiki.jp/kenbiki-ukeru/uketai/all/List.html
◆やこうかずえ先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る